平成30年度 生涯学習推進課 家庭教育学級

2018年11月12日

高木小学校学習会(概要)「親子のコミュニケーション講習会」

1.開催日      10月31日(水)    
2.会 場      高木小学校 和室           
3.学習会名    親子のコミュニケーション講習会          
4.開催目的    子育てについて学ぶ          
5.講 師    NLPマスタープラクティショナー キャリアコンサルタント 海野 純子 氏           
8.参加人数  5人      
7.学習内容
○子育てをする中で感じる悩みは沢山あり、人それぞれ違います。でもその悩みを解消したり、軽くするためにも、子どもを知ること、また自分自身を知ることが大切となります。子どもと信頼関係を築くコミュニケーションのコツを知り、実際に体験してみました。
(ラポール…信頼関係)                            
①ペーシング…表情、姿勢、声の大きさ、呼吸                                
②ミラーリング…動作をまねする                                         
③バックトラッキング…言っている言葉をそのまま返す(オウム返し)
・コミュニケーションをとる時には五感全てを使っている                          
・自分や相手がどの感覚でコミュニケーションをとっているか知ることが大切            
・無意識にやっていることを有意にやってみる
・子どもの短所と長所を書き出してみる                                     
・視点を変えてみる→子どもが自己肯定感をもつことにつながる                     
○子どもの短所・長所を考え見つめなおしたことにより、今本当に子どもに伝えたいことが何なのかがわかりました。子どもに限らず、現状・行動・態度などを変えたいと思ったら、まずは自分が変わること。そのためにも自分と向き合い、自分を知ることが大切となってくることを学ぶことができました。                       
8.感 想
・子どもと過ごしていると、どうしても上から目線で子どもに言うことが多くなります。そしてそれが思うように進まないと「なんであなたは…」「遅い…」「言うことを聞いて…」などの言葉が多くなってしまいます。この繰り返しで子どもとの関係に悩んでいましたが、学習会を通して、ただ今元気に居てくれること、いつもいろんなことをじっくり見ていること、私を助けてくれること等当たり前のことをしている子どもたちに感謝の気持ちでいっぱいになりました。それと共に自分の至らないところ、自分が買えていくべきところに気づかされました。
「自分が変われば子どもが変わる!」                                       
・自分がどんな人になりたいか。どんな母になりたいか。まずは自分の中でそこを見つけてから気持ちを新たに子供たちと向き合い、過ごしていきたいと思います。