まつど朗読と読書の会(MRD)

  MRD(エム・アール・ディの略称・「まつど朗読と読書の会」)です。月一度、朗読への技法の向上を目指しながら、各自が文学書や新聞の切り抜き、童話、エッセイなどを持ち寄り、交流の機会をもつ集りです。年に一度、市民向けの朗読講座も開きます。ゲストの朗読者や読書・図書の活動者をお招きする月もあります。毎月、歓迎でお待ちしてます。
会費は月300円です。第2金曜の午前10時~12時まで、松戸駅前の市民会館か勤労会館でひらいています(3か月前に会場確定)。
2018年10月からスタートしましたが、一年経てば、朗読への初歩的な心構え、中級の発声技法を会得できるよう自己目標にしていきます。
毎回、{CDタイム}では、CD朗読の解説・鑑賞を行い、{本のリサイクル}では、不要になった本を自由に交換するコーナーもあります。

①自分自身の音読、輪読の自信だけでなく、会員発表会、地域活動、ボランティア活動での、朗読技法のノウハウは向上できます。
➁いろいろな朗読の会の紹介や朗読イベントの情報、読書や図書館の動きなど本好きでもある人の織りなす集りです。
③参加者の持ち寄る読み物やニュースの交流は、こころの広がりの機会にもなっていきます。
  1年単位で、チャレンジの機会にしてみてください。2年間で1期終了、修了証交付、担当役員改選。
 当,「まつどまなびぃネット」には、毎月1日付けで主に日程関係、20日前後に例会の報告や案内文を掲載するようにしてます。
 世話人:☎/F 047-368-6380  メール:0359ufav@jcom.zaq.ne.jp  松尾健二

2020年07月20日

7月例会は「浮雲」の解釈など9人、8/21(金)例会は『松雲亭』で発表会です

新型コロナの拡大は、都心は100人、200人と増加中です。自衛の衛生チェックのなか、7月例会は開かれました。9月の市民向けの各種講座は中止となり、残念ながら当会主催の「初級朗読講座」(須藤美智子先生講師)も中止となりました。
 7月定例会は、7/10金・午前中、勤労会館で開かれました。定員10人という制限のなか、9人が集まり小川会員の司会のもと、発声練習や各員の持ち寄りの作品紹介でした。初めに、休会となった3,4,5月分を取り戻すため、翌週も例会を追加する案がでましたが、有志『ふくろう』の朗読中心の講座もあることで、追加の集りはしないことに。代わって、8/21金、自主朗読発表会を戸定邸(とじょうてい)のなかにある茶席『松雲亭(しょううんてい)』で開くことに決めました。小林会員からは、{浮雲と舞姫}のレジメの解説を行いました。
 
8/21(金)8月例会:10時市民会館会議室集合。1時間講座のあと、徒歩5分の戸定邸へ移動。11:00~15:00まで、戸定邸の茶席『松雲亭(しょううんてい)』にて、会員による自主発表会を開きます。まあ、暑気払いを兼ねた昼食会でもあり、戸定邸や記念館展示『坂川・江戸川水景色』や園内見学も行います。暑い盛りになるでしょう。8/10締切で、各自からの発表名の締め切りにして、プログラムを作成します。
 
7月例会の、主な持参発表の表題は次のようでした―『日本人が知らない真実―ハローウイーンの危険』、「ロゴス教会に連なるみなさまへ」、「源氏物語」の冒頭、「さよならを言えなくて」、{山折哲雄コラム「子規が苦痛の果てに得た瞬間」}、「五重塔」、{寂聴コラム・残された日々}、「松本猛「想像力」}、田辺聖子エッセイ「お祭り」。各自が朗読と簡単に作品紹介を行いました。
 読書と朗読に興味のある方は、一度、気軽に例会へ来てみてください、お待ちしてます。