まつど朗読と読書の会(MRD)

  MRD(エム・アール・ディの略称・「まつど朗読と読書の会」)です。月一度、朗読への技法の向上を目指しながら、各自が文学書や新聞の切り抜き、童話、エッセイなどを持ち寄り、交流の機会をもつ集りです。年に一度、市民向けの朗読講座も開きます。
会費は月300円です。第2か第3金曜の午前10時~12時まで、松戸駅前の市民会館か勤労会館でひらいています。
2018年10月からスタートしましたが、一年経てば、朗読への初歩的な心構え、中級の発声技法を会得できるよう自己目標にしていきます。

①自分自身の音読、輪読の自信だけでなく、地域活動、ボランティア活動での、朗読技法のノウハウは向上できます。
➁いろいろな朗読の会の紹介や朗読イベントの情報、読書や図書館の動きなど本好きでもある人の織りなす集りです。
③参加者の持ち寄る読み物やニュースの交流は、こころの広がりの機会にもなっていきます。
  1年単位で、チャレンジの機会にしてみてください。
 当,「まつどまなびぃネット」には、毎月1日付けで主に日程関係、20日前後に例会の報告や案内文を掲載するようにしてます。
 代表:☎/F 047-368-6380  メール:0359ufav@jcom.zaq.ne.jp  松尾健二

2020年04月01日

4月例会は中止、県立西部図書館は蔵書検索注文で貸出しできます

 新型コロナウイルスの拡大のため、4月例会は中止です。
5月例会は5/15(金)市民会館101会議室(前半、「おーい図書館」活動の紹介)、6月例会は6/17(金)同201会議室です。7月例会は7/10(金)勤労会館C会議室です。

以下、会員のKさんからの情報です―{21世紀森のホールの隣にある千葉県立西部図書館も、2月末から閉鎖中ですが、ホームページで読みたい本を検索して予約すれば、窓口で借りられます。
読んでいるのは、森鷗外の『即興詩人』と安克昌の『心の傷を癒すということ』です。鷗外は、言文一致の前、ヨーロッパを舞台にした『舞姫』や『即興詩人』を文語で書き、『澁江紬斎』や『阿部一族』など江戸時代の日本を舞台にした小説を口語で書く、という離れ業みたいなことをしているのでおもしろいです。
『即興詩人』はロマンチックそのものみたいな文学で、明治中頃の日本人に絶大な影響を与えた長編翻訳文学です。美しい雅(みやび)文で書かれ、朗読したい芸術です。
きのうは、宇沢弘文の『20世紀を超えて』を借りてきました。蔵書を検索して依頼すれば、2、3日で揃えてくれるので窓口で借りられるのです}。ご利用ください。

*「文京区立森鷗外記念館」はおすすめです―☎03(3824)5511、火曜休館、300円。千代田線『千駄木』➀出口~団子坂8分。建物の由緒と根津神社までの裏道は漱石も歩いた?路地です。臨時休館中4/12まで(以降も?)。
写真は、一般書店コーナー、西部図書館、21世紀公園です。