まつど朗読と読書の会(MRD)

  MRD(エム・アール・ディの略称・「まつど朗読と読書の会」)です。月一度、朗読への技法の向上を目指しながら、各自が文学書や新聞の切り抜き、童話、エッセイなどを持ち寄り、交流の機会をもつ集りです。年に一度、市民向けの朗読講座も開きます。ゲストの朗読者や読書・図書の活動者をお招きする月もあります。毎月、歓迎でお待ちしてます。
会費は月300円です。第2金曜の午前10時~12時まで、松戸駅前の市民会館か勤労会館でひらいています(3か月前に会場確定)。
2018年10月からスタートしましたが、一年経てば、朗読への初歩的な心構え、中級の発声技法を会得できるよう自己目標にしていきます。
毎回、{CDタイム}では、CD朗読の解説・鑑賞を行い、{本のリサイクル}では、不要になった本を自由に交換するコーナーもあります。

①自分自身の音読、輪読の自信だけでなく、会員発表会、地域活動、ボランティア活動での、朗読技法のノウハウは向上できます。
➁いろいろな朗読の会の紹介や朗読イベントの情報、読書や図書館の動きなど本好きでもある人の集りです。
③参加者の持ち寄る読み物やニュースの交流は、こころの広がりの機会にもなっていきます。
  1年単位で、チャレンジの機会にしてみてください。2年間で1期終了、修了証交付、担当役員改選。
 当,「まつどまなびぃネット」には、毎月1日付けで主に日程関係、20日前後に例会の報告や案内文を掲載するようにしてます。
 代表:佐藤孝逸、世話人 :☎/F 047-368-6380  メール:0359ufav@jcom.zaq.ne.jp  松尾

2021年03月01日

{朗読のコツ}もあるそうです! 3/12(金)勤労会館で三月例会です

 東京より千葉の方が新コロナの感染者が多い日もある!そうですが、三月例会は3/12金に勤労会館で開きます。各自、5分間分の自主発表もおこないます。朗読の技量アップには、人前で声出しに慣れていくこともチャンスです。ネットには、各種の朗読講座のご案内が紹介されています。一例を引用してみます。
  …朗読のコツに、『際(きわ)だたせ』というものがあります。読んでいる時に、強調したくなる言葉が出てきたら、「際立たせ」のテクニックを使ってみましょう。上手に「際立たせ」られると、聞き手に印象をつけることができます。上手に「際立たせ」るには、⦿間をあける、⦿ゆっくりと言う、⦿強めに言う、のがコツです。どのテクニックを使うかは、その文章の持つニュアンスや物語の世界観によって異なってきますので、いろいろと試してみて、上手な「際立たせ」を行うようにしましょう。…より聞きやすく、魅力的な朗読をすることが可能になります。…『朗読のコツ』ネットから