まつど朗読と読書の会(MRD)

  MRD(エム・アール・ディの略称・「まつど朗読と読書の会」)です。月一度、朗読への技法の向上を目指し、各自が文学書、新聞の切り抜き、童話、エッセイなどを持ち寄る交流の機会です。年に一度、市民向けの朗読講座も開きます。ゲストに朗読者や読書・図書の活動者をお招きもあります。毎月、歓迎でお待ちします。
会費は月300円です。第2金曜の午前10時~12時まで、松戸駅前の市民会館か勤労会館で開きます(3か月前に会場確定)。2018年10月からスタートしました。一年経てば、朗読への初歩的な心構え、中級の発声技法を会得できるよう自己目標です。講師もいます。"2年一期"を目標に、"朗読とは?""文学とは?"生きるとは?"自問自答しながら、修了をめざす。毎回、{CDタイム}では、CD朗読の解説・鑑賞を行い、{本のリサイクル}では、不要になった本を自由に交換もあります。
①自分自身の音読、輪読の自信だけでなく、発表会、地域活動、ボランティア活動での、朗読技法のノウハウは向上できます。
➁いろいろな朗読の会の紹介や朗読イベントの情報、読書や図書館の動きなど本好きでもある人の集りです。
③参加者の持ち寄る読み物やニュースの交流は、こころの広がりの機会にもなります。
  2年単位で、チャレンジの機会にしてください。2年間で1期終了、修了証交付、担当役員改選。当,「まつどまなびぃネット」には、毎月1日付けで日程関係、20日前後に例会の報告や案内文を掲載します。
 代表:佐藤孝逸。  世話人 松尾:☎ 047-368-6380 メール:0359ufav@jcom.zaq.ne.jp  

2022年04月01日

東松戸周辺、桜と遠足は「旧齋藤邸」と「ひがまつテラス」見学終了、4/8金は市民会館です

  花冷えとなった4/1金、JR東松戸駅前集合で〈紙敷≒東松戸〉周辺へ10人余で遠足しました。松戸に住んでいながら、なかなか、行く機会がないところに東松戸方面があります。国の登録建造物文化財の『旧齋藤邸』と昨年オープンした『ひがまつテラス―地域館図書館』への見学会でした。この地域は、いまでも紙敷(かみしき)と呼ばれる地域ですが、駅周辺から高層の住宅街が整備されてきており、変貌のすすむ地域です。 追記―5月例会:5/13金・市民会館、6月例会:6/10金・市民劇場7月例会:7/8金・勤労会館。
 
歩いて5分ほどのところに廣隆寺(こうりゅうじ)があり、樹齢の桜の満開がたっぷりでした。室町時代の創建、日蓮宗の寺院です。帝釈天を刻んだ2メートルちかい庚申塔はめずらしいそうです。さらに5分ほどに、眞隆寺(しんりゅうじ)があり、徳川時代の将軍御鹿(しし)狩りのときに利用されたとか。菊の紋章の赤門の出入口でした。
 旧道を歩くようにすすむと、緑に囲まれた『旧齋藤邸』の屋敷になります。門構えの農家造りの母屋があり、前庭には梅、モモ、椿、紫陽花などの樹木が気持ちよく、裏手には竹林が広がっていました。お互いに大学教授だった齋藤雄三・トシ様ご夫婦の住居でした。松戸市に寄付された紙敷(かみしき)地区の典型的な農家の建築を見ることができます。ここで、竹林の竹を利用した『竹紙漉き』を、田村さんから体験させていただきました。素材の竹を紙すきにするには、"細かく切った竹を2年余の貯めが必要"ということもわかりました。ひとりひとり、ていねいに教わりつつ、はがき大の体験紙を持ち帰ることができました。予定の朗読の時間は持てず、次の目的地に向かうことに。数人は、近くの国分川(春木川)の満開の桜並木へ別れました。
 
昼頃には、春の日差しが照り出しました。通称『ひがまつテラス=東松戸地域館』は東松戸駅から5分ほどの近く。新しい図書館です。12時半をすぎた一行は、ここで解散として、各自、自由に見学し、食事処に寄るなどしました。短い時間でしたが、グループだからこその、見学会でした。4月例会は4/8金、市民会館です。またお会いしましょう。

参加者コメントから
◍よい一日となりました。歩数8541!!。心は勿論、頭も体もリフレッシュ!。(藤)
◍ボール紙に挟んで持ち帰った漉き紙は、家にまだ湿っており、乾くまではあと一日くらいかかりそうです。狭いエリアでありながら、大変、凝縮したコースであったと思います。ひがまつテラスの図書館では朗読にちなむCDを2枚借りてきました。2Fの青少年プラザでは、子どもたちが声を出し和気あいあい楽しんでいた。こういう場所ができてよかったなと感じました。(佐)
◍寒かったですね。春木川の桜、満開できれいでした!外での活動は楽しいです。(え) 
◍とても楽しかったです。本も借りたし、図書館も良いですね。幸せ感じました。松戸の豪農が現代バージョンで変化している街並みを感じました。曲がった道が"古道"、きも(肝)に銘じます。(和)  etc.