まつど朗読と読書の会(MRD)

  MRD(エム・アール・ディの略称・「まつど朗読と読書の会」)です。月一度、朗読への技法の向上を目指しながら、各自が文学書や新聞の切り抜き、童話、エッセイなどを持ち寄り、交流の機会をもつ集りです。年に一度、市民向けの朗読講座も開きます。ゲストの朗読者や読書・図書の活動者をお招きする月もあります。毎月、歓迎でお待ちしてます。
会費は月300円です。第2金曜の午前10時~12時まで、松戸駅前の市民会館か勤労会館でひらいています(3か月前に会場確定)。
2018年10月からスタートしましたが、一年経てば、朗読への初歩的な心構え、中級の発声技法を会得できるよう自己目標にしていきます。
毎回、{CDタイム}では、CD朗読の解説・鑑賞を行い、{本のリサイクル}では、不要になった本を自由に交換するコーナーもあります。

①自分自身の音読、輪読の自信だけでなく、会員発表会、地域活動、ボランティア活動での、朗読技法のノウハウは向上できます。
➁いろいろな朗読の会の紹介や朗読イベントの情報、読書や図書館の動きなど本好きでもある人の集りです。
③参加者の持ち寄る読み物やニュースの交流は、こころの広がりの機会にもなっていきます。
  1年単位で、チャレンジの機会にしてみてください。2年間で1期終了、修了証交付、担当役員改選。
 当,「まつどまなびぃネット」には、毎月1日付けで主に日程関係、20日前後に例会の報告や案内文を掲載するようにしてます。
 代表:佐藤孝逸、世話人 :☎/F 047-368-6380  メール:0359ufav@jcom.zaq.ne.jp  松尾

2021年03月20日

3月例会報告:『百歳の力』桃紅、光太郎の詩、『刺青』潤一郎など8人が発表、「さざなみ」初のライブ案内

 3月例会は3/18(金)午前に勤労会館で開かれました。新コロナの自粛延長のなか、出席者と欠席者とが半々でした。まずは、各自の自主発表をおこない、作品や近況にダベリングが入る余裕となりました。CD鑑賞は『恩讐の彼方に』(菊池寛作)でした。簡単な{朗読の上達の秘訣!}もありました。また、4/10(土)に「朗読会さざなみ」による初の発表会ライブのご案内もありました。9月の市民向けの朗読講習会についても話しあいましたが、市民講座全体の方向が未定であり、当会の関わり方をどこまでするか、"自分たちの発表会は?"など、様子見ということになりました。
 当日の各自の発表内容でした―
 ⦿『杯(はい)』森鷗外・作。鷗外48歳、1910年(明治43)の作品。7人のグループの娘たちと8番目の娘との会話風景。泉
の水を飲むコップをめぐる場面。朗読者はフランス語の一節が、マスクのせいで紛れて、笑いを誘いました。自然主義
文学への批判の作品だ、とか。(健)
 ⦿『百歳の力』篠田桃江・エッセイ。3月1日に、107歳で亡くなられた墨象画家の文章から。七人兄妹のなかで一番長生
きしてしまった!と いう著者―自分の生きていく前には、道はない、生きるってそういうこと、うしろに残るのは、作品だ
け!という。(瀬)  
 ⦿『刺青(しせい)』谷崎潤一郎・作。妖艶な谷崎文学の文章。読みこんだ朗読に、しばし、ひきこまれたひとときに。文中
の「こまた(小股)きれあがった(切れ上がった)おんな」の"コマタってどの部分?"の質問に、ワイワイ!、結論は次
に!!。(藤)
 ⦿宮沢賢治・童話―カラスと北斗七星。"今日、初めて、読みます!"と言いながらも、抑揚の使い分け、メリハリをつけ
た童話の世界へのざないの朗読でした。アフガニスタンで海外支援活動をされ、殺害された中村哲医師が愛読して
た作品だったそうです、と。(美)
 ⦿『わたしが一番きれいだったとき』茨木のり子・詩。-{戦争に負けた…ラジオからジャズがあふれた…異国の甘い音楽
をむさぼった}。"短い作品なら(カンタン!?)と思ったのですが、短い朗読の方がムツカシイ、ことがわかりました "と。 (滝)
 ⦿『締切メシ』浅田次郎・エッセイ。著者は、原稿の締切りの時は、おにぎりを食べる。英語で"デッドライン"というそうで
す。{海外の作家たちは私のこうした仕事を理解しない。ほとんどの作品が出版社との契約に基づく書き下ろしなの
で、そもそも締切がないのである。}(み)
 ⦿『2020年6月30日にまたここで会おう』瀧本哲史・著。【伝説の東大講義・あなたの人生と魂を揺さぶる。10万部突
破!】帯書き。"これまでの日本社会は、強い者が弱い者を屈服させるピラミッド型、トップダウンだったが崩壊し、いま
や、フラットな相互依存型の生き方  に変化してきています。"と。この日、非登校の中学生の卒業後の進路の話もあ
って、本書紹介は、一番の話題になりました。(中)
 ⦿『星とたんぽぽ』金子みすず・詩。{…みえぬものでもあるんだよ…}。田辺聖子の嵯峨野の老僧のエッセイも朗読。
(重)
 
 ご案内朗読ライブ「朗読会さざなみ」  初めての公演会です! 
   4/10(土曜) 13時開場、13時30分開演  場所:船橋市中央公民館視聴室(船橋駅徒歩7分)
   料金:500円 定員:約30人 *要予約 ☎/F 047(424)8413(さざなみ事務局)