まつど朗読と読書の会(MRD)

  MRD(エム・アール・ディの略称・「まつど朗読と読書の会」)です。月一度、朗読への技法の向上を目指し、各自が文学書、新聞の切り抜き、童話、エッセイなどを持ち寄る交流の機会です。年に一度、市民向けの朗読講座も開きます。ゲストに朗読者や読書・図書の活動者をお招きもあります。毎月、歓迎でお待ちします。
会費は月300円です。第2金曜の午前10時~12時まで、松戸駅前の市民会館か勤労会館で開きます(3か月前に会場確定)。2018年10月からスタートしました。一年経てば、朗読への初歩的な心構え、中級の発声技法を会得できるよう自己目標です。講師もいます。"2年一期"を目標に、"朗読とは?""文学とは?"生きるとは?"自問自答しながら、修了をめざす。毎回、{CDタイム}では、CD朗読の解説・鑑賞を行い、{本のリサイクル}では、不要になった本を自由に交換もあります。
①自分自身の音読、輪読の自信だけでなく、発表会、地域活動、ボランティア活動での、朗読技法のノウハウは向上できます。
➁いろいろな朗読の会の紹介や朗読イベントの情報、読書や図書館の動きなど本好きでもある人の集りです。
③参加者の持ち寄る読み物やニュースの交流は、こころの広がりの機会にもなります。
  2年単位で、チャレンジの機会にしてください。2年間で1期終了、修了証交付、担当役員改選。当,「まつどまなびぃネット」には、毎月1日付けで日程関係、20日前後に例会の報告や案内文を掲載します。
 代表:小林英一   世話人 松尾:☎ 047-368-6380 メール:0359ufav@jcom.zaq.ne.jp  

2022年09月01日

市民向け募集:{朗読ミニ体験講座}9/16(金)「隠居屋」ー『舌切り雀』(太宰治)

市民向け『朗読ミニ体験』を開きます。短い時間ですが、朗読を体験してみたい方の参加募集です。9/16(金)南花島の古民家「隠居屋」10:00~13:00,前半は、会員による各自作品発表、後半は須藤美智子先生の指導による『舌切り雀』(太宰治)の一部を朗読ミニ体験です。無料です。申込み受付中です。9/1付「松戸市報」にも"3行イベント案内欄"で募集中です。
 例会は9/9(金)勤労会館、10/14(金)勤労会館(市民会館から変更です)、11/11(金)勤労会館、12/9(金)市民会館です。青空朗読会を10/16(日)矢切の西蓮寺境内で行います。参加者全員で『野菊の墓』(伊藤左千夫)全編を輪読します。飛び入りも歓迎です!
          △                 △                △
9月例会のリサイクルコーナーには、以下の本が交換できます。残った本は、図書館本館のリサイクルコーナーに移管されます。どうぞ、ご利用ください。
『ナリワイをつくる―人生を盗まれない働き方』伊藤洋志・東京書籍・2012年刊:{大正9年(1920)に申告された職業は約3万5000種、現在の標準職業分類によれば、いまや2167職種}。仕事の多様性を失った私たちは、どこへ行こうというのか―これからの仕事は…。
『旅のいろ』北方謙三・講談社・2006年刊:『週刊現代』に連載。アダルト向き。
『幸福な食卓』瀬尾まいこ・講談社・2004年刊:第26回吉川英治文学新人賞受賞作。{珠玉の才能が生んだ、ありえない感動!}{ドラマ作りの名手によるパーフェクトな小説―浅田次郎氏}(帯から)。
『号泣する準備はできた』江國香織・新潮社・2003年刊:第180回直木賞受賞作。9編の短編。{体も心も満ち足りていた激しい恋に突然訪れた破局、その悲しみを乗り越えてゆくよすがを甘美に伝える…}(帯から)。
『老人漂流社会―他人事ではない"老後の現実"』NHKスペシャル取材班・主婦と生活社・2013年放映:{…自らの老後と向き合うとき、どうすれば自分らしい終の住処を見つけ出せるのか、現実的な目線で老後の選択肢を提示したい}。
『老人学』日本老年行動科学会・毒蝮三太夫・井上勝也・海拓社・2013年放映:{マムシさんの語るジジィ、ババァの話は、学問的にも非常に興味深い。}{いやぁ、先生たちの話こそ面白いよ。ホントに大学の先生なの?}(帯から)。
『ぼくの細道うたの道―高野公彦インタビュー 』本阿弥書店・2017年刊:平成28年から1年間、「歌壇」に連載された。栗木京子のインタビューによる、瀬戸内生まれ、育ちから、短歌との出会いへと。
『蜩(ひぐらし)ノ記』葉室麟・祥伝社・平成23年刊:第146回直木賞受賞作。{{幽閉先での家譜編纂と10年後の切腹を命じられた男。何を思い、その日に向かって生きるのか?}{庄三郎には編纂補助と監視、7年前の事件の真相探求の命が課される…}(帯から)。
『下町ロケット』池井戸潤・小学館・2010年刊:第145回直木賞受賞作。{その部品がなければ、ロケットは飛ばない。新時代の社会派ヒューマンドラマ}(帯から)。