まつど朗読と読書の会(MRD)

  MRD(エム・アール・ディの略称・「まつど朗読と読書の会」)です。月一度、朗読への技法の向上を目指しながら、各自が文学書や新聞の切り抜き、童話、エッセイなどを持ち寄り、交流の機会をもつ集りです。年に一度、市民向けの朗読講座も開きます。ゲストの朗読者や読書・図書の活動者をお招きする月もあります。毎月、歓迎でお待ちしてます。
会費は月300円です。第2金曜の午前10時~12時まで、松戸駅前の市民会館か勤労会館でひらいています(3か月前に会場確定)。
2018年10月からスタートしましたが、一年経てば、朗読への初歩的な心構え、中級の発声技法を会得できるよう自己目標にしていきます。
毎回、{CDタイム}では、CD朗読の解説・鑑賞を行い、{本のリサイクル}では、不要になった本を自由に交換するコーナーもあります。

①自分自身の音読、輪読の自信だけでなく、会員発表会、地域活動、ボランティア活動での、朗読技法のノウハウは向上できます。
➁いろいろな朗読の会の紹介や朗読イベントの情報、読書や図書館の動きなど本好きでもある人の集りです。
③参加者の持ち寄る読み物やニュースの交流は、こころの広がりの機会にもなっていきます。
  1年単位で、チャレンジの機会にしてみてください。2年間で1期終了、修了証交付、担当役員改選。
 当,「まつどまなびぃネット」には、毎月1日付けで主に日程関係、20日前後に例会の報告や案内文を掲載するようにしてます。
 代表:佐藤孝逸。   世話人:☎/F 047-368-6380  メール:0359ufav@jcom.zaq.ne.jp  松尾

2021年06月20日

6月例会はワクチン接種者も参加、7人が発表。漱石の『それから』以後『失楽園』への文学史も

  千葉県内の65歳以上のワクチン接種は30%を超え、松戸市内もだいぶ1回目はすすみだしています。6月例会は、まだ参加会員の増には結びついてませんが、7人が自主発表を6/11勤労会館会議室で行いました。8月の休会に代わって、古民家で暑気払い兼発表会のプランも出ました。CD朗読『恩讐の彼方』を試聴もあり、少ない人数なら、その分、作品解説や余談もできたひとときでした。席上、『朗読&読み方のコツ・セルフチェック表』(佐藤作表)や漱石の『それから』に関連した恋愛もの『友情』(実篤)・『マディソングンの橋』・『失楽園』の比較例の紹介もありました。『消費生活サポート情報』を毎月編集・配布している会員からの情報交換があったり、リサイクル本ではエッセイ風の作品が引き取られ、残りは中央図書館の交換棚に移されました。次回、7月例会は、7/9金・勤労会館です。

6月例会での発表者の主な内容を紹介します。… 
◍『注文の多い料理店』の序文・宮沢賢治:{わたしたちは、氷砂糖をほしいくらいもたないでも、きれいにすきとった風をたべ、桃色の美しい朝の日光をのむことができます。…}。賢治の評論は漱石並みに多い。ベジタリアンの彼には動植物や神話など湧き上がる発想があった。  朗読・紹介(英)
◍『画集ねむの木の詩―子どものまり子へのお話』宮城まり子編:{子どもたちは絵を描く、描いたよ、見て見て、美術の時間は楽しい、空をみる、花をみる …展覧会には70万人の人が見に来てくれた。…}。脳性麻痺の後遺症の子どもたちの描いた絵画集。 朗読・紹介(瀬)   
◍「夕焼け」吉野弘:{いつものことだが・電車は満員だった・そしていつものことだが・若者と娘が腰をおろし・としよりが立っていた。・うつむいていた娘が立って・としよりに席をゆずった。・そそくさととしよりが座った。・礼も言わずにとしよりは次の駅で降りた。・娘は座った。・別のとしよりが娘の前に・横あいから押されてきた。…}。  朗読・紹介(允)
「ハチドリのひとしずく」増谷文夫・朝日新聞4/4社説余滴:{…南米の民話…燃える森に一滴ずつ水を落とすハチドリが、「そんなことをして何になるのか」と動物たちに問われ、「私にできることをしているだけ」と答える話だ。…震災10年の社説を書きたいという思いが膨らんできた。…たくさんのハチドリが今、行政が解決できない社会問題に取り組み、その活動を支援している。…}。  朗読・紹介(藤)
「開いたリュックを注意」財津和夫・新聞エッセイ:{…今使っているもので5個めのリュックだが、もう買い替えの時がきたようだ。…先日、繁華街を歩いていたら、背後から見知らぬ人に「リュックが開いてますよ」と声掛けられた。…人には人の不幸を見て見ぬふりはできないというDNAが確として在るのかも…}。  朗読・紹介(好)
『ありのままに』西城秀樹:48歳のとき一回目の脳梗塞、56歳2011年のとき二回目の脳梗塞。{近所の公園に桜の花が咲く頃、僕は一周二〇〇メートルほどの公園をゆっくり周回するようになっていた。健康な人にとっては何ということのない距離だが、ステッキをつきながら一歩、また一歩と…}。普通の暮らしのよろこびを知ることに。  朗読・紹介(ゑ)
『それから』夏目漱石:お見合い結婚から恋愛結婚へと逆転したのが1960年昭和45年頃からという。まだお見合いが普通の時代の頃の、三角関係。親元からの金で暮らす代助が、人妻になって3年後の三千代に愛を告白する。{「僕の存在にはあなたが必要だ。どうしても必要だ」…「なぜ棄ててしまったんです」…「惨酷だわ」…}  朗読・紹介(健)