まつど朗読と読書の会(MRD)

  MRD(エム・アール・ディの略称・「まつど朗読と読書の会」)です。月一度、朗読への技法の向上を目指しながら、各自が文学書や新聞の切り抜き、童話、エッセイなどを持ち寄り、交流の機会をもつ集りです。年に一度、市民向けの朗読講座も開きます。ゲストの朗読者や読書・図書の活動者をお招きする月もあります。毎月、歓迎でお待ちしてます。
会費は月300円です。第2金曜の午前10時~12時まで、松戸駅前の市民会館か勤労会館でひらいています(3か月前に会場確定)。
2018年10月からスタートしましたが、一年経てば、朗読への初歩的な心構え、中級の発声技法を会得できるよう自己目標にしていきます。
毎回、{CDタイム}では、CD朗読の解説・鑑賞を行い、{本のリサイクル}では、不要になった本を自由に交換するコーナーもあります。

①自分自身の音読、輪読の自信だけでなく、会員発表会、地域活動、ボランティア活動での、朗読技法のノウハウは向上できます。
➁いろいろな朗読の会の紹介や朗読イベントの情報、読書や図書館の動きなど本好きでもある人の織りなす集りです。
③参加者の持ち寄る読み物やニュースの交流は、こころの広がりの機会にもなっていきます。
  1年単位で、チャレンジの機会にしてみてください。2年間で1期終了、修了証交付、担当役員改選。
 当,「まつどまなびぃネット」には、毎月1日付けで主に日程関係、20日前後に例会の報告や案内文を掲載するようにしてます。
 代表:☎/F 047-368-6380  メール:0359ufav@jcom.zaq.ne.jp  松尾健二

2020年07月01日

図書館再開、7月例会は7/10(金)勤労会館です。9月の市民向け朗読講座は中止です

  市内の図書館も6/25~再開されました。都内の新コロナの感染者は増加しており、用心が必要なことには変わりありません。7月の例会は、7/10金・勤労会館です。9月からの教育委員会主催の市民向け講座はすべて中止と決まりました。市民向けに予定していました{初心者・中級者向けの朗読講座}も中止となりました。8月の夏休みを利用して、戸定邸庭園の茶席亭で会員朗読発表会を試みるか!ともプランの再検討です。
 7月例会は、テキスト『猫年の女房』(沢村貞子)を輪読します。小林さんからの、二葉亭四迷の言文一致作『浮雲』の評論も予定しています。
9月例会は9/11金・勤労会館です。読書や朗読にご興味のある方は、当日でも会場へ見学がてらご参加ください。お待ちしてます。

 『浮雲』 …主人公文三の恋心と『三四郎』とのダブル像
 …さて、浮雲の内容は、主人公内海文三の日常を下宿先の娘、お勢との恋を軸にえがかれている。実に、細かく精緻に写実小説といってもよいほどに書かれている。読者はこの時代の東京の中産階級の生活、世相がかなり理解できると同時に、近代文学としてのエッセンスとして、お勢、昇、との三角関係に興味を掻き立てられる。読者は内気で世渡りも下手な主人公を、話上手で処世術に秀でた昇よりも応援したくなるというか文三に自分を投影してしまう。二葉亭は文三の高潔さを昇の卑賤さと比して、称えたかったのだろう。しかし、現代の価値観からすれば、文三の振舞いは、じれったいし、はっきりしない面がある。同じ家に住んでいるのだから、手を握って告白するチャンスなどいくらでもありそうな気がする。…   小林レジメから引用