まつど朗読と読書の会(MRD)

  MRD(エム・アール・ディの略称・「まつど朗読と読書の会」)です。月一度、朗読への技法の向上を目指しながら、各自が文学書や新聞の切り抜き、童話、エッセイなどを持ち寄り、交流の機会をもつ集りです。年に一度、市民向けの朗読講座も開きます。ゲストの朗読者や読書・図書の活動者をお招きする月もあります。毎月、歓迎でお待ちしてます。
会費は月300円です。第2金曜の午前10時~12時まで、松戸駅前の市民会館か勤労会館でひらいています(3か月前に会場確定)。
2018年10月からスタートしましたが、一年経てば、朗読への初歩的な心構え、中級の発声技法を会得できるよう自己目標にしていきます。
毎回、{CDタイム}では、CD朗読の解説・鑑賞を行い、{本のリサイクル}では、不要になった本を自由に交換するコーナーもあります。

①自分自身の音読、輪読の自信だけでなく、会員発表会、地域活動、ボランティア活動での、朗読技法のノウハウは向上できます。
➁いろいろな朗読の会の紹介や朗読イベントの情報、読書や図書館の動きなど本好きでもある人の集りです。
③参加者の持ち寄る読み物やニュースの交流は、こころの広がりの機会にもなっていきます。
  1年単位で、チャレンジの機会にしてみてください。2年間で1期終了、修了証交付、担当役員改選。
 当,「まつどまなびぃネット」には、毎月1日付けで主に日程関係、20日前後に例会の報告や案内文を掲載するようにしてます。
 代表:佐藤孝逸、世話人 :☎/F 047-368-6380  メール:0359ufav@jcom.zaq.ne.jp  松尾

2021年04月01日

4月9日金・勤労会館:リサイクル本交換も{男三昧女三昧・大地のゲーム・60歳のラブレター}20冊

  4月例会は、来週4/9金・勤労会館会議室10:00~12:00です。各自持ち寄りの自主発表です。5/14金・勤労会館、6/11金・勤労会館、7/9金・勤労会館、となります。今月は、溜っていたリサイクル・交換用の書籍・文庫本のコーナーも設けます。不要な本をお持ちください。すべて、ご自由に無料の交換でおこないます。残った本は、中央図書館1階にある『交換コーナー』に移します。以下、今月のリサイクル・交換用の主な書名・作者名・刊行年です。順不同。
 ◎『男三昧 女三昧』 エッセイ 森瑤子 昭和62 毎日新聞社。
 ◎『日本よ』 新聞エッセイ 石原慎太郎 平成11年 産経新聞社。
 ◎『60歳のラブレター ⑩』 投稿集 2010年 NHK出版。
 ◎『大地のゲーム』 小説 綿矢りさ 2013年新潮社。
 ◎『盗まれたフェルメール』 新潮選書 朽木ゆり子  2000年 新潮社。
 ◎『毎日すること。ときどきすること。』料理家のエッセイ。有本葉子  2016年 講談社。
 ◎『唐人さんがやって来る』 時代小説 植松三十里 2013年 中央公論新社。
 ◎『あんぽん―孫正義伝』 人物伝 佐野眞一 2012年 小学館。
以下、『荒神』宮部みゆき、『孤独な夜のココア』田辺聖子、『水を抱く』石田衣良、『官僚の本分』水野清、『酒みずく・語る事なし』山本周五郎、といった文庫本や、宮崎学の『環境アニマル写真集』などもあります。ご提供、ありがとうございます。