まつど朗読と読書の会(MRD)

  MRD(エム・アール・ディの略称・「まつど朗読と読書の会」)です。月一度、朗読への技法の向上を目指しながら、各自が文学書や新聞の切り抜き、童話、エッセイなどを持ち寄り、交流の機会をもつ集りです。年に一度、市民向けの朗読講座も開きます。
会費は月300円です。第2か第3金曜の午前10時~12時まで、松戸駅前の市民会館か勤労会館でひらいています。
2018年10月からスタートしましたが、一年経てば、朗読への初歩的な心構え、中級の発声技法を会得できるよう自己目標にしていきます。

①自分自身の音読、輪読の自信だけでなく、地域活動、ボランティア活動での、朗読技法のノウハウは向上できます。
➁いろいろな朗読の会の紹介や朗読イベントの情報、読書や図書館の動きなど本好きでもある人の織りなす集りです。
③参加者の持ち寄る読み物やニュースの交流は、こころの広がりの機会にもなっていきます。
  1年単位で、チャレンジの機会にしてみてください。
 当,「まつどまなびぃネット」には、毎月1日付けで主に日程関係、20日前後に例会の報告や案内文を掲載するようにしてます。
 代表:☎/F 047-368-6380  メール:0359ufav@jcom.zaq.ne.jp  松尾健二

2020年05月01日

5月例会も中止です:『シリアの秘密図書館』は読みごたえありました

新型コロナウイルスの感染拡大で市民会館・勤労会館・市民劇場は引き続き使用中止です。5月例会も中止します。


今後、6/12(金)市民会館、7/10(金)勤労会館、7/17(金)勤労会館を予定はしてあります。8月分は予約抽選も中止です。各員の近況がてらの"息抜き情報"を交換しています。メールか〒によって、会報のようにお伝えします。


Kさんから―ご連絡ありがとうございました。コロナが終息するには時間が掛かりそうですね。この機会、たくさん本が読めると思っていましたが、段々それも飽きてきました。が、友人に勧められて『シリアの秘密図書館』を読みました。この本は読みごたえがありました。やはり、読書はどんな時でも心を癒してくれ、豊かにしてくれますね。朗読も発声練習をしないといけませんね。皆さんの近況も教えて頂きたいです!。


mさんから―自粛ムードでうっとおしい毎日を過ごしています。パソコンの情報を整理していて、アドレス帳を消してしまいました。ストレス解消のための運動や遊びは、外出自粛から除くとのこと。毎朝、六実公園まで歩き、ラジオ体操をしています。週に一度はおにぎり持参でウオーキングもしてます。足腰が弱くて、二本杖にすがってゆっくり進むので、たっぷり日帰り旅行です。市川動植物園のある大町公園までの往復です。肝心の朗読はラジオの聞き逃しスマホを聞いてます。読書は新聞を読む程度。短編を集めた文庫本を一冊読みましたが、内容はすっかり忘れてしまって、お恥ずかしい限りです。
注:『シリアの秘密図書館』(デルフィーヌ・ミヌーイ著/藤田真利子訳・東京創元社)とは、フランス人著者によるドキュメンタリー。場所は2015年の内戦下のシリアのダラヤ。籠城の市民たちが瓦礫の中から集めた本で、"図書館をつくる"。図書館にやすらぎを、本に希望を見出すひとびと。