まつど朗読と読書の会(MRD)

  MRD(エム・アール・ディの略称・「まつど朗読と読書の会」)です。月一度、朗読への技法の向上を目指し、各自が文学書、新聞の切り抜き、童話、エッセイなどを持ち寄る交流の機会です。年に一度、市民向けの朗読講座も開きます。ゲストに朗読者や読書・図書の活動者をお招きもあります。毎月、歓迎でお待ちします。
会費は月300円です。第2金曜の午前10時~12時まで、松戸駅前の市民会館か勤労会館で開きます(3か月前に会場確定)。2018年10月からスタートしました。一年経てば、朗読への初歩的な心構え、中級の発声技法を会得できるよう自己目標です。講師もいます。"2年一期"を目標に、"朗読とは?""文学とは?"生きるとは?"自問自答しながら、修了をめざす。毎回、{CDタイム}では、CD朗読の解説・鑑賞を行い、{本のリサイクル}では、不要になった本を自由に交換もあります。
①自分自身の音読、輪読の自信だけでなく、発表会、地域活動、ボランティア活動での、朗読技法のノウハウは向上できます。
➁いろいろな朗読の会の紹介や朗読イベントの情報、読書や図書館の動きなど本好きでもある人の集りです。
③参加者の持ち寄る読み物やニュースの交流は、こころの広がりの機会にもなります。
  2年単位で、チャレンジの機会にしてください。2年間で1期終了、修了証交付、担当役員改選。当,「まつどまなびぃネット」には、毎月1日付けで日程関係、20日前後に例会の報告や案内文を掲載します。
 代表:小林英一   世話人 松尾:☎ 047-368-6380 メール:0359ufav@jcom.zaq.ne.jp  

2022年09月20日

「朗読ミニ講座と発表会―古民家・隠居屋」終わる 9/16(金)

 9/16(金)午前、市内南花島の古民家「隠居屋」で、当会主催の{朗読ミニ講座と会員自主発表}が行われました。前半は、7人の会員が7,8分の作品朗読を行い、後半は、須藤美智子講師によるテキスト『舌切り雀』(太宰治)の朗読と簡単な指導。このあと、講座への参加者7人と会員とが組になって、声出しへ。会話も出て来る朗読に挑戦していきました。みなさん、古民家の天井に響くような臨場感あふれる、ひととき、朗読を楽しんでいただきました(写真1)。定例会は、10/14(金)勤労会館、11/11(金)勤労会館、12/9(金)市民会館です。飛び入りも歓迎、まずは、のぞいてみてください、お待ちしてます。

  9/9(金)、9月例会は勤労会館で、「隠居屋」での会員発表の作品名や順番を確認し、朗読時間には発表作品を読み上げたり、『方丈記』や『花咲き山』が披露されました(写真2)。10月16日(日)矢切の西蓮寺、記念碑前で『野菊の墓』(伊藤左千夫)を全編朗読する順番も決まりました。CD視聴は『どんぐりと山猫』(宮沢賢治)でした。リサイクル本の交換には、"身近に、図書館には歩行困難で行けない人がいて、交換本を楽しみしている方がいる!"といって引き取りの方もおられました。 古民家では二回目、青空朗読会も21世紀公園に続き2回目、市民向けミニ講座は、コロナ以降、教育委員会自主講座中止後、朗読講座は初めて自主開催となりました。
 
 なお、「文字・活字文化推進機構・やまねこ朗読発表会=山根基世の朗読指導者養成講座」の朗読発表会が、9/10(土)国立オリンピック記念青少年総合センターで開かれました(写真3)。第6期生29人(うち男性2名)が、毎月1回の講座を受けて来た修了発表でした。本来は、一年間、60人の講座予定がコロナのため、半数募集、半年延長となったそうです。各受講生は、3分弱の作品をマイクを通して発表していました。MRD会員数名が傾聴参加しました。