まつど朗読と読書の会(MRD)

  MRD(エム・アール・ディの略称・「まつど朗読と読書の会」)です。月一度、朗読への技法の向上を目指しながら、各自が文学書や新聞の切り抜き、童話、エッセイなどを持ち寄り、交流の機会をもつ集りです。年に一度、市民向けの朗読講座も開きます。ゲストの朗読者や読書・図書の活動者をお招きする月もあります。毎月、歓迎でお待ちしてます。
会費は月300円です。第2金曜の午前10時~12時まで、松戸駅前の市民会館か勤労会館でひらいています(3か月前に会場確定)。
2018年10月からスタートしましたが、一年経てば、朗読への初歩的な心構え、中級の発声技法を会得できるよう自己目標にしていきます。
毎回、{CDタイム}では、CD朗読の解説・鑑賞を行い、{本のリサイクル}では、不要になった本を自由に交換するコーナーもあります。

①自分自身の音読、輪読の自信だけでなく、会員発表会、地域活動、ボランティア活動での、朗読技法のノウハウは向上できます。
➁いろいろな朗読の会の紹介や朗読イベントの情報、読書や図書館の動きなど本好きでもある人の集りです。
③参加者の持ち寄る読み物やニュースの交流は、こころの広がりの機会にもなっていきます。
  1年単位で、チャレンジの機会にしてみてください。2年間で1期終了、修了証交付、担当役員改選。
 当,「まつどまなびぃネット」には、毎月1日付けで主に日程関係、20日前後に例会の報告や案内文を掲載するようにしてます。
 代表:佐藤孝逸、世話人 :☎/F 047-368-6380  メール:0359ufav@jcom.zaq.ne.jp  松尾

2021年04月20日

4月例会は10人・新人も自主朗読。船橋市[さざなみ朗読会〕初のライブ終了4/10

4月例会は、4/9金に勤労会館で開き、10人が自主朗読をしました。常盤平からの見学者のKさんも、障碍者ケアの激励文を朗読されました。姿勢がよく、声もハッキリされていたので、会員たちからは、"どこかで朗読を経験していたんでしょう?"とか"学校の先生だったんですか?"と、驚きの拍手でした。この日のリサイクル交換の本は、図書館からのリサイクル本より、各自の個人本の提供本が人気で片付きました。残った本はすべて、中央図書館のリサイクルコーナーの市民向けの書棚に置かれました。9月の市民向けの朗読講座は、コロナ禍で様子見というところ。5月例会:5/14金・勤労会館、6月例会:6/11金・勤労会館、7月例会:7/9金・勤労会館です。(写真1)
  4月例会の主な作品紹介と朗読は次のようでした。
 ⦿「おしゃべりの部屋」近藤麻理恵・川村元気の新聞連載記事。{ものを捨てさるからといって…過去がどんなに輝いていて 
  も…いまが輝いていないと…写真の一枚づつでときめくがいまも感じるものは…}(瀬)
 ⦿「親父と母」まつとやまさたか、新聞コラム。{親父の死に際には会えなかった、母親とは静かに見送った…}(江)
 ⦿「春と修羅」宮沢賢治。"死んだらどうなっちゃうのか?"、“生命はどこからきたのか?"賢治の科学者の目と詩人的な宗
  教観"を考えさせる作品として紹介。(林)
 ⦿前月と同じ瀧本哲史著の「交渉術」。{同じタイミングで一台の子ども用自転車の購入をめぐる場面。誕生日記念に娘に贈りた
  い男性!、もう一人の女性は娘の自転車競技大会でその自転車が必要!という。どうする?どうなる?}(村)
 ⦿「私の愛する子ども」手紙形式のエッセイ。老いてしまった母親が娘に送る言葉。{…こんな風景があったことを思い出し
  てほしいのです。…今のわたしには、あなたを抱きしめる力がない。支える心があるだけです、生きてきて励ましのこころ
  が…}。(藤)
 ⦿「異端者の悲しみ」谷崎潤一郎。31歳、1917年(大正6)の作。{この一篇は予が唯一の告白書である」とされる作品。 
  {…こう云いかけた彰三郎は、次ぎに云おうとする言葉の、余りな惨酷さに自ら愕然として、後の語句を曖昧に濁らせ
  た。}(二)
 ⦿「祝婚歌」よしのひろし。詩歌文。{…ふたりがむつまじくいるためには、おろかなほうがいい…}(川)
 ⦿「刺青(しせい)」谷崎潤一郎。前月の続きを紹介。{…この絵の女はお前なのだ…}。続きは次回へ。(佐)
なお、当会会員でメンバーにも参加している船橋市の「さざなみ朗読会」は、初の公演朗読会を4/10((日)、船橋市中央公民館視聴覚室で開かれました(写真2)。1年前に予定していたことですがコロナ禍で延期していたことです。入場者も制限し、5人の作品紹介と八千代の朗読会の応援出演もありました。たっぷりと20分前後の各作品を味わうことができました。主な演目―
枕草子より(守田・篠原・浅川)、美女ありき(成瀬)、蜘蛛の糸(千野)、箱の中のあなた(鈴木)、うどん処「天徳屋」(たかせ)、一会の雪(舘はとみ)。船橋・市川方面で朗読に関心のある方は、事務局{さざなみ事務局―047-424-8413)へ。
写真3は、現在、真っ盛りに咲くリナリア(姫金魚草)です―市内「21世紀の森と広場」公園・南口近く。