まつど朗読と読書の会(MRD)

  MRD(エム・アール・ディの略称・「まつど朗読と読書の会」)です。月一度、朗読への技法の向上を目指し、各自が文学書、新聞の切り抜き、童話、エッセイなどを持ち寄る交流の機会です。年に一度、市民向けの朗読講座も開きます。ゲストに朗読者や読書・図書の活動者をお招きもあります。毎月、歓迎でお待ちします。
会費は月300円です。第2金曜の午前10時~12時まで、松戸駅前の市民会館か勤労会館で開きます(3か月前に会場確定)。2018年10月からスタートしました。一年経てば、朗読への初歩的な心構え、中級の発声技法を会得できるよう自己目標です。講師もいます。"2年一期"を目標に、"朗読とは?""文学とは?"生きるとは?"自問自答しながら、修了をめざす。毎回、{CDタイム}では、CD朗読の解説・鑑賞を行い、{本のリサイクル}では、不要になった本を自由に交換もあります。
①自分自身の音読、輪読の自信だけでなく、発表会、地域活動、ボランティア活動での、朗読技法のノウハウは向上できます。
➁いろいろな朗読の会の紹介や朗読イベントの情報、読書や図書館の動きなど本好きでもある人の集りです。
③参加者の持ち寄る読み物やニュースの交流は、こころの広がりの機会にもなります。
  2年単位で、チャレンジの機会にしてください。2年間で1期終了、修了証交付、担当役員改選。当,「まつどまなびぃネット」には、毎月1日付けで日程関係、20日前後に例会の報告や案内文を掲載します。
 代表:小林英一   世話人 松尾:☎ 047-368-6380 メール:0359ufav@jcom.zaq.ne.jp  

2022年10月20日

松戸:矢切の西蓮寺{「野菊の墓」文学碑で全編朗読} 達成!  10/16(日)

 『まつど 朗読と読書の会(MRD)』では、10/16(日曜)、松戸の矢切にある西蓮寺(さいれんじ)境内の「野菊の墓文学碑」で、青空朗読会を開きました(写真)。伊藤左千夫の1906年(明治39年)の作品『野菊の墓』全編を10人の参加で、読み通しました。会員9人が3回づつにリレーで朗読し、一人は地元からの傾聴参加でした。
 
この日、地元の矢切神社では秋の例大祭が始まり、氏子のみなさんが祭りの神前行事をすすめておられました(写真)。朗読は予定の2時間を少し超えましたが、無事、全編を読み通すことができました。代表の佐藤孝逸さんが、2年前から、"朗読の会で、『野菊の墓』を読みあげたい!"と、願っていたことでした。幸い、朗読中はあたたかい曇り空で、文学碑の周りのベンチで囲むようにして、各員、作品への出番と黙読に専念。秋のひとときをゆったりと過ごすことができました。最後のパートは、須藤美智子先生がしっかり締めくくられました。
 

終演後、遅い昼食と朗読完了の充実感のなかで、"初恋って、いつ頃から始まるのかしら?"とか、"わたし、初恋なんてなかったわよ!"など、ワイワイにぎやかに笑いあいました。
 

2時過ぎに、みなで「矢切の渡し」までネギ畠を歩きました。"松戸駅までの連絡バスは運休!"、ということで、渡し船で柴又帝釈天方面へと、江戸川の土手を歩いて松戸駅までへと、二手に分かれ、解散しました(写真)1965年に記念碑ができて57年、『野菊の墓』の記念碑前で、同作品を"全編朗読の初の快挙!"達成の秋となりました。