まつど朗読と読書の会(MRD)

  MRD(エム・アール・ディの略称・「まつど朗読と読書の会」)です。月一度、朗読への技法の向上を目指しながら、各自が文学書や新聞の切り抜き、童話、エッセイなどを持ち寄り、交流の機会をもつ集りです。年に一度、市民向けの朗読講座も開きます。ゲストの朗読者や読書・図書の活動者をお招きする月もあります。毎月、歓迎でお待ちしてます。
会費は月300円です。第2金曜の午前10時~12時まで、松戸駅前の市民会館か勤労会館でひらいています(3か月前に会場確定)。
2018年10月からスタートしましたが、一年経てば、朗読への初歩的な心構え、中級の発声技法を会得できるよう自己目標にしていきます。
毎回、{CDタイム}では、CD朗読の解説・鑑賞を行い、{本のリサイクル}では、不要になった本を自由に交換するコーナーもあります。

①自分自身の音読、輪読の自信だけでなく、会員発表会、地域活動、ボランティア活動での、朗読技法のノウハウは向上できます。
➁いろいろな朗読の会の紹介や朗読イベントの情報、読書や図書館の動きなど本好きでもある人の集りです。
③参加者の持ち寄る読み物やニュースの交流は、こころの広がりの機会にもなっていきます。
  1年単位で、チャレンジの機会にしてみてください。2年間で1期終了、修了証交付、担当役員改選。
 当,「まつどまなびぃネット」には、毎月1日付けで主に日程関係、20日前後に例会の報告や案内文を掲載するようにしてます。
 代表:佐藤孝逸、世話人 :☎/F 047-368-6380  メール:0359ufav@jcom.zaq.ne.jp  松尾

2021年05月01日

5月例会:5/14金・勤労会館です。CD鑑賞・図書交換コーナーも。”滑舌トレーニングの意義”

  会員のなかには、これまで以上に"変種コロナ拡大で、休会します!"という方もおられます。十分、注意しながらも、5月例会も5/14金午前、勤労会館会議室で2時間を開きます。各自持参の作品、自主発表がメインになりますが、CD鑑賞・ひとくち講座も行います。「恩讐の彼方」CD作品を聴いてみましょう。{ひとくち講座}は、"滑舌(かつぜつ)トレーニングの意義"といったところです。最近のネット{朗読}からの引用しつつ、いわば"朗読講座の効果"です。来月以降の日程は、6月例会6/11金曜午前、7月例会7/9金曜午前ともに勤労会館です。
  よく音読と朗読のちがいは?と問われますが、文部科学省の指導要録?には、{音読とは、黙読に対しての―声を出す、出さないということ}。{音読は、正確・明晰・すらすらと文字を読み上げるのが目標。朗読は、それプラス作品への意図・意味・雰囲気・人物の性格や心情を、他人に聞かせるために読むこと}と、あるそうです。
  朗読を身につけることは―読む材料さがしから、読めば会話の材料も豊富に語彙も増します。ストレスの解消は、セロトニンという分泌が楽器同様に脳内に満ちて来るそうです、コミュニケーションや前頭葉の血流効果もあがってきます!。誰の為でもなく、まずは自分自身に自信が湧いて来る!という、うれしい効果です。月に一度の集りを続けていくこと、当会は2年が一期の集りです。お互い、再確認しながら、元気をだしましょう。今月の図書交換コーナーには、以下のリサイクル本です。自由、無料のお互いのリサイクルです。残った本は、その日に松戸中央図書館交換棚に移します。見学者歓迎、直接、会場でも可です!

◍『新参者』東野圭吾・講談社・2009年、◍『不機嫌な果実』林真理子・文藝春秋・1996年、◍『ウォルマートの成功哲学』ドンソーダクィスト・訳・ダイヤモンド社・」2012刊、◍『行動が速い人の仕事と生活の習慣』野口エイシロウ・すばる舎・2016年刊、◍『通訳日記―ザックジャパン1397日の記録』矢野大輔・文藝春秋・2014年刊、『常識として知っておきたいことわざ』時田昌瑞・幻冬社・2002年刊、『マンガ日本史』(上)宮崎知典・たちばな出版・平成22年刊、◍『櫛挽道守(くしひきちもり)』木内昇・集英社・2013年刊。他