まつど朗読と読書の会(MRD)

  MRD(エム・アール・ディの略称・「まつど朗読と読書の会」)です。月一度、朗読への技法の向上を目指し、各自が文学書、新聞の切り抜き、童話、エッセイなどを持ち寄る交流の機会です。年に一度、市民向けの朗読講座も開きます。ゲストに朗読者や読書・図書の活動者をお招きもあります。毎月、歓迎でお待ちします。
会費は月300円です。第2金曜の午前10時~12時まで、松戸駅前の市民会館か勤労会館で開きます(3か月前に会場確定)。2018年10月からスタートしました。一年経てば、朗読への初歩的な心構え、中級の発声技法を会得できるよう自己目標です。講師もいます。"2年一期"を目標に、"朗読とは?""文学とは?"生きるとは?"自問自答しながら、修了をめざす。毎回、{CDタイム}では、CD朗読の解説・鑑賞を行い、{本のリサイクル}では、不要になった本を自由に交換もあります。
①自分自身の音読、輪読の自信だけでなく、発表会、地域活動、ボランティア活動での、朗読技法のノウハウは向上できます。
➁いろいろな朗読の会の紹介や朗読イベントの情報、読書や図書館の動きなど本好きでもある人の集りです。
③参加者の持ち寄る読み物やニュースの交流は、こころの広がりの機会にもなります。
  2年単位で、チャレンジの機会にしてください。2年間で1期終了、修了証交付、担当役員改選。当,「まつどまなびぃネット」には、毎月1日付けで日程関係、20日前後に例会の報告や案内文を掲載します。
 代表:佐藤孝逸。  世話人 松尾:☎ 047-368-6380 メール:0359ufav@jcom.zaq.ne.jp  

2022年05月20日

5月例会:『城崎にて』志賀直哉作品CD鑑賞、100年前の”私小説”とは?次回6/10(金)市民劇場

  5月例会は、市民会館で5/13(金)午前に開かれました。{市民向けの朗読講座}は、9月に開催することで内容が再検討されました。今年度から、松戸市主催による各種の自主企画講座がなくなったことで、各自主講座グループは社会教育公認団体に移行する手続きとか、市民向け講座の内容、回数、会場、講師、費用への見直しがせまられてます。約30団体の自主講座が、ノウハウを見直さざるを得ません。
  当会では、当初の古民家での自主発表会と従来の市民向け朗読講座とを、9月に抱き合わせにしたイベントにすることになりました。また、「矢切の渡し」周辺での『野菊の墓』・伊藤左千夫作品の"全編朗読の青空イベント"は、10月に開くことにしました。参加会員の分担を決め、練習することにもなりました。
次回、6月例会は、6/10(金)市民劇場7月は7/8(金)勤労会館です。
  5月例会では、CD『城崎(きのさき)にて』志賀直哉作品を聴講しました。作品の背景、時代、作者の紹介などを語り合いました。"宿題"になったことが多く出ました!。次回6月例会のCD朗読は、夏目漱石の『坊ちゃん』です。漱石(そうせき)の文学作品の意義や彼の文化人としての見識を学んでいきたいことですし、各自の自主発表もおこないます。

CD作品復習:『城崎(きのさき)にて』志賀直哉(しが・なおや)―1917年(大正6年)、白樺派の同人誌『白樺』に発表される。私小説・心境小説と呼ばれるエッセイ風の小編。主人公は、療養で但馬の城崎温泉で過ごす。医者からは、{背中の傷が致命傷になりかねない}と生死のことを告げられる。温泉地の小川で見かけたイモリへ、何気なく石を投げる。イモリに当たって死んでしまう。…

 もともと、夏目漱石から掌編を高く評価され、原稿依頼を受けていた志賀直哉。唯一の長編小説となる『暗夜行路』が3年間、まとめきれず、掲載を断りに出向いている。文壇史に輝く二人の出会いにも、ふたりの作品の鑑賞を楽しみたいことです。