まつど朗読と読書の会(MRD)

  MRD(エム・アール・ディの略称・「まつど朗読と読書の会」)です。月一度、朗読への技法の向上を目指しながら、各自が文学書や新聞の切り抜き、童話、エッセイなどを持ち寄り、交流の機会をもつ集りです。年に一度、市民向けの朗読講座も開きます。ゲストの朗読者や読書・図書の活動者をお招きする月もあります。毎月、歓迎でお待ちしてます。
会費は月300円です。第2金曜の午前10時~12時まで、松戸駅前の市民会館か勤労会館でひらいています(3か月前に会場確定)。
2018年10月からスタートしましたが、一年経てば、朗読への初歩的な心構え、中級の発声技法を会得できるよう自己目標にしていきます。
毎回、{CDタイム}では、CD朗読の解説・鑑賞を行い、{本のリサイクル}では、不要になった本を自由に交換するコーナーもあります。

①自分自身の音読、輪読の自信だけでなく、会員発表会、地域活動、ボランティア活動での、朗読技法のノウハウは向上できます。
➁いろいろな朗読の会の紹介や朗読イベントの情報、読書や図書館の動きなど本好きでもある人の集りです。
③参加者の持ち寄る読み物やニュースの交流は、こころの広がりの機会にもなっていきます。
  1年単位で、チャレンジの機会にしてみてください。2年間で1期終了、修了証交付、担当役員改選。
 当,「まつどまなびぃネット」には、毎月1日付けで主に日程関係、20日前後に例会の報告や案内文を掲載するようにしてます。
 代表:佐藤孝逸、世話人 :☎/F 047-368-6380  メール:0359ufav@jcom.zaq.ne.jp  松尾

2021年05月20日

5月例会報告:7人が朗読・滑舌トレでの抑揚の工夫。6月は6/11です

 月当番のSさんの司会のもと、5月例会は、5/14金に勤労会館で開かれました。午前の2時間、押さえた発声には、お隣の談笑に負けてしまいそうな声出しでした。自主発表は前月欠席者の声出しもあり、7人が文庫本からなどの紹介と朗読がありました。合い間に{、滑舌トレーニング}のハウツウ文の紹介―黙読・音読・朗読については、黙読では文章の全体像を把握していくこと、音読では大切と思われる部分を見極め、抑揚をつける、そして朗読では、伝えたい気持ちを感情にのせてくりかえしていく、という。CD鑑賞は『滝口入道』(高山樗牛)20分でした。
 この日の朗読内容は―
⦿『深呼吸の必要』長田弘―散歩についてのエッセイ。散歩をとおして、"一番簡単なことが、一番むつかしい"。(杉)
⦿「誰かいる」新聞エッセイから―老いてきて、孫の手やメガネや爪切りを探すことが多くなった!という文。同感の拍手あり。(齋)
⦿『かたれやまんば』藤田浩子の語り―。神様が、それぞれの寿命を決めてやるから集まれ!。木は何百年、草花は1年、犬は15年、かげろうは一日と。30年のうち、馬は20年を返す・猿は10年でいい、鳥も10年でいいと、人間は欲張りだから…。(小)
⦿『ごめんなさいといえる』三浦綾子―昭和38年懸賞小説『氷点』の舞台裏のエッセイ。1千万部の売り上げとか。旭川には記念館。(治)
⦿『からくりからくさ』梨木香歩―同居する染色好きの4人の、女性たちの物語。百年の旧家の竈(かまど)をめぐる会話。(健)
⦿『さと』川端康成―{…今、雪の降りしきる山道をがむしゃらに歩いて、生家へ急ぐ嫂の姿を思うと「がんばれ」と声をかけてみたくもあった。それから四年後、絹子は実家に帰って、その嫂の台所をする音で目が覚めた。隣家の白壁に山が迫っていて、思い出が生きてくる。…}(成)
⦿『刺青(しせい)」谷崎潤一郎―3回に分けて毎月の朗読。今回3回目でした。(佐)
 市民向けの各種講座は、コロナ感染で未定のままです。当会主催の秋の市民向けの朗読講座も未定。ともかく、自分たちでの自主発表会を昨年夏、戸定邸の茶室で開いたように、月例会の一人5分どまりを15分~20分の持ち時間で開こう!という話もでました。不用本のリサイクルコーナーでは、15冊のうち11冊が片付き、残りを中央図書館コーナーに移すことができました。6月例会は6/11金・勤労会館、7月は7/9(金)勤労会館、8/20(金)市民劇場です。