まつど朗読と読書の会(MRD)

  MRD(エム・アール・ディの略称・「まつど朗読と読書の会」)です。月一度、朗読への技法の向上を目指し、各自が文学書、新聞の切り抜き、童話、エッセイなどを持ち寄る交流の機会です。年に一度、市民向けの朗読講座も開きます。ゲストに朗読者や読書・図書の活動者をお招きもあります。毎月、歓迎でお待ちします。
会費は月300円です。第2金曜の午前10時~12時まで、松戸駅前の市民会館か勤労会館で開きます(3か月前に会場確定)。2018年10月からスタートしました。一年経てば、朗読への初歩的な心構え、中級の発声技法を会得できるよう自己目標です。講師もいます。"2年一期"を目標に、"朗読とは?""文学とは?"生きるとは?"自問自答しながら、修了をめざす。毎回、{CDタイム}では、CD朗読の解説・鑑賞を行い、{本のリサイクル}では、不要になった本を自由に交換もあります。
①自分自身の音読、輪読の自信だけでなく、発表会、地域活動、ボランティア活動での、朗読技法のノウハウは向上できます。
➁いろいろな朗読の会の紹介や朗読イベントの情報、読書や図書館の動きなど本好きでもある人の集りです。
③参加者の持ち寄る読み物やニュースの交流は、こころの広がりの機会にもなります。
  2年単位で、チャレンジの機会にしてください。2年間で1期終了、修了証交付、担当役員改選。当,「まつどまなびぃネット」には、毎月1日付けで日程関係、20日前後に例会の報告や案内文を掲載します。
 代表:佐藤孝逸。  世話人 松尾:☎ 047-368-6380 メール:0359ufav@jcom.zaq.ne.jp  

2022年06月01日

6月例会は6/10(金)市民劇場、各自朗読と漱石『坊ちゃん』(CD)鑑賞、リサイクル本交換

4,5月は年間運営の話し合いで、各自の自主朗読ができませんでした。6月例会は、6/10(金)午前に市民劇場会議室にて開きます。

  まずは、各自持参の読み物の紹介と朗読をおこないましょう。発声練習も再開し、気を取り直したいことです。腹話術の方にとって、むつかしい発音はパ・ピ・プ・ペ・ポだそうです。唇をつけないと発音にならないので、口元がどうしても動いてしまいがちだとか!。発声練習では気にせず、大きな口ができます。

7月例会:7/8(金)勤労、8月は予定(夏休み?)―12(金)勤労です 9月は9/9(金)勤労です。
 CD朗読鑑賞では、夏目漱石の『坊ちゃん』をとりあげます。道後温泉のある四国・松山が舞台。"江戸っ子生まれ"の若い数学教師が体験する、わずか1ゕ月の正義感あふれる青春武勇談。日本の文学史として、最高峰に位置する漱石先生。『吾輩は猫である』に続く初期の作品、100年前の作。後の重たいテーマをかかえる作品群に対し、軽妙な文学作品は好評です。あらためて読書鑑賞してみましょう。リサイクル本の出品は以下の通りです。お持ちください。
                         ▼                   ▼
 今月のリサイクル本です―各自交換の場としてご利用ください、残った本は「中央図書館・リサイクリコーナー』へ移します。
『ゆりかごに聞く』まさきとしか・幻冬舎。2019刊。{…父と、埼玉放火殺人事件がつながった。接点は私が生まれた病院だ。じゃあ、八王子殺人事件との接点も私が生まれた病院…いや、私自身にあるのだろうか。二章}。
『トイレの神様』植村花菜・宝島社。2010年刊。"最愛の家族への思いを綴った、今いちばん泣ける歌"。{…作文は、四百字詰め原稿用紙十枚くらいになった。この作文をもとに、歌詞の叩き台を作り、細かいところを調整していった。あとはメロディーをつける作業だ。…}。
『夢と仮想』茂木健一郎・新潮社。2004刊。小林秀雄賞受賞。{最先端脳科学の現場から生まれた、画期的論考(帯封から)}。脳の中にある神経細胞の数は1千億と数えることはできる。しかし、脳の持ち主がいま何を考えているのかはわからない。
『歌がなくては人間らしく生きてはいけない—』笠木 透・音楽センター。2018刊。{… 2017年12月22日、笠木透さんの命日、30周年を祝う会はソシオドラマいのちの輝き 希望のあかりを満席の会場の皆さんと呼吸をひとつにしながら、…(松浦幸子)}。
『初級ソムリエ講座』梅田悦生/畑久美子・時事通信社。2003刊。ワイン・スクール校長からビギナーへ。
『静かに、ねえ、静かに』本谷有希子・講談社。2018刊。3編―本当の旅・奥さん、犬は大丈夫だよね?・でぶのハッピーバースデー。"空腹で舐めた蜂蜜のように染み渡る毒-(評)"から。
『「なぜか人に好かれるひと」の共通点』斎藤茂太・新講社。1999刊。がんこではない人、無理のない人、人に押しつけない人、待つことのできる人、ひとりでも楽しめる人、水に流せる人、立ち直りのうまい人、頼りになる人、人を立てる人、…。精神神経科の院長。歌人・斎藤茂吉の長男。
『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』リリー・フランキー/扶桑社。2005年刊。2006年本屋大賞受賞。{それはまるで、独楽の芯のようにきっちりと、ど真ん中に突き刺さっている。東京の中心に。日本の中心に。ボクら憧れの中心に。きれいに遠心力が伝わるよう、測った場所から伸びている。…}。