まつど朗読と読書の会(MRD)

  MRD(エム・アール・ディの略称・「まつど朗読と読書の会」)です。月一度、朗読への技法の向上を目指しながら、各自が文学書や新聞の切り抜き、童話、エッセイなどを持ち寄り、交流の機会をもつ集りです。年に一度、市民向けの朗読講座も開きます。ゲストの朗読者や読書・図書の活動者をお招きする月もあります。毎月、歓迎でお待ちしてます。
会費は月300円です。第2金曜の午前10時~12時まで、松戸駅前の市民会館か勤労会館でひらいています(3か月前に会場確定)。
2018年10月からスタートしましたが、一年経てば、朗読への初歩的な心構え、中級の発声技法を会得できるよう自己目標にしていきます。
毎回、{CDタイム}では、CD朗読の解説・鑑賞を行い、{本のリサイクル}では、不要になった本を自由に交換するコーナーもあります。

①自分自身の音読、輪読の自信だけでなく、会員発表会、地域活動、ボランティア活動での、朗読技法のノウハウは向上できます。
➁いろいろな朗読の会の紹介や朗読イベントの情報、読書や図書館の動きなど本好きでもある人の織りなす集りです。
③参加者の持ち寄る読み物やニュースの交流は、こころの広がりの機会にもなっていきます。
  1年単位で、チャレンジの機会にしてみてください。2年間で1期終了、修了証交付、担当役員改選。
 当,「まつどまなびぃネット」には、毎月1日付けで主に日程関係、20日前後に例会の報告や案内文を掲載するようにしてます。
 世話人:☎/F 047-368-6380  メール:0359ufav@jcom.zaq.ne.jp  松尾健二

2020年12月20日

新人二人も加わり、13人が各自発表ー12月例会。新年は1/15(金)開きます!

 コロナ感染はますます拡大していますが、十分な消毒と換気・ディスタンスで12月例会が12/11(金)勤労会館で開かれました。新しく市内の新作と牧の原からお二人が加入され、さっそく、みなのまえで自主発表の声出しデビューに挑戦されました。前半は、前月例会で「おーい図書館」のミニ講演で紹介された「浦安市立図書館」へ、さっそく4人が見学に行った感想でした。広々として開放された館内の様子や取り出しやすい書棚、児童室や視聴覚用、専門資料室などの整備された明るい図書館に、"あー、それに比べてマツドは!"ということになりました。今後の私たちの松戸市立新図書館への建設に声をよせていく機会になりました。
 後半は、CDによる朗読の鑑賞のあと、各自の持ち寄りの作品の朗読も行いました。『宮本武蔵』(吉川英治)、『ワルシャワのモミの木(絵本)』、『白い馬』、『モミの手紙』、{おいしいパン屋の話}、『形』(菊池寛)、{発達障害の家族の児童作文}、新聞からの切り抜き、等、13人がそれぞれに黒板の前で自主朗読をすませました。来年1月も休まず、1/15(金)午前・市民会館で例会を開くことにしています。
 なお、12/19(土)八千代市緑が丘センターで『響(ひびき)』朗読会の発表公演があり、有志が聴講に参加しました。当会会員・成瀬さんら県内の7人の方々の発表会で、『ジングル・ベル』(吉村昭、成瀬さん)・『初年兵』(遠藤周作、鈴木さん)・『神無月』(宮部みゆき、舘さん)らでした。15分づつの半年の朗読成果を30人制限のなか楽しませていただきました。月二回、4時間の会合だそうです。
写真:➀12月例会風景、②朗読本から、③『響』発表会風景。