まつど朗読と読書の会(MRD)

  MRD(エム・アール・ディの略称・「まつど朗読と読書の会」)です。月一度、朗読への技法の向上を目指し、各自が文学書、新聞の切り抜き、童話、エッセイなどを持ち寄る交流の機会です。年に一度、市民向けの朗読講座も開きます。ゲストに朗読者や読書・図書の活動者をお招きもあります。毎月、歓迎でお待ちします。
会費は月300円です。第2金曜の午前10時~12時まで、松戸駅前の市民会館か勤労会館で開きます(3か月前に会場確定)。2018年10月からスタートしました。一年経てば、朗読への初歩的な心構え、中級の発声技法を会得できるよう自己目標です。講師もいます。"2年一期"を目標に、"朗読とは?""文学とは?"生きるとは?"自問自答しながら、修了をめざす。毎回、{CDタイム}では、CD朗読の解説・鑑賞を行い、{本のリサイクル}では、不要になった本を自由に交換もあります。
①自分自身の音読、輪読の自信だけでなく、発表会、地域活動、ボランティア活動での、朗読技法のノウハウは向上できます。
➁いろいろな朗読の会の紹介や朗読イベントの情報、読書や図書館の動きなど本好きでもある人の集りです。
③参加者の持ち寄る読み物やニュースの交流は、こころの広がりの機会にもなります。
  2年単位で、チャレンジの機会にしてください。2年間で1期終了、修了証交付、担当役員改選。当,「まつどまなびぃネット」には、毎月1日付けで日程関係、20日前後に例会の報告や案内文を掲載します。
 代表:佐藤孝逸。  世話人 松尾:☎/F 047-368-6380 メール:0359ufav@jcom.zaq.ne.jp  

2020年09月01日

9月例会は9/11(金)勤労会館です、朗読発表会の残りも登場へ。Ⅰ期2年終了 №20.

8月は、市内の戸定邸松雲亭(しょううんてい)での自主発表会を開きました。当日、欠席となった方々の発表を9月例会で行います。9/11(金)午前中、勤労会館会議室です。予定される方々の演目は、
◍『日めくり物語』    川上健一・作  オガワ  (六実)
◍『わが内なる宇宙ー』 金子みすず・作 エジリ (松飛台)
◍『夜明け前』(冒頭) 島崎藤村・作  コバヤシ (小金原)
◍『湖上』         中原中也・作  スギヤマ(古ヶ崎)
です。ほかに数名です。CDによる朗読鑑賞も予定してます。→追加記事:4人の方も発表され、CD朗読鑑賞は『舞姫』でした。
10月例会は10/9(金)勤労会館、11月例会は11/13(金)市民会館です。→追加記事:12月例会は12/11(金)勤労会館です。
 当会は、一応2年を一期にして、自己目標?のもとで運営しています。10月でⅠ期目が終了です。途中からの方もいますが、"修了"とし、改めて、Ⅱ期目を11月から、2年間の発表予定順・司会者、活動予定・役員も決めていきます。今年は、市民向けの講座がコロナ対策ですべて中止となり、朗読講座も開けませんでした。反省と今後の取り組みなども話し合う9月例会になります。

 好評のリサイクル本の交換も開きますので、御不用になった本もおもちよりください。現在、次の書籍が用意されています。
◍『裁きを待つ女』 デイヴィット・クレイ 北沢あかね訳 文庫  ◍『猫道楽』 長野まゆみ 文庫 ◍『貯金生活宣言』 横山光昭 ぢすかばー◍
◍『汚名—本多正純の悲劇』杉本苑子 文庫  ◍『私を知らないで』 白河三兎 文庫 ◍『ハピネス』 桐野夏川 光文社 
◍『ブエノスアイレス午前零時』藤沢周 河出書房新社 ◍ 『一年でいちばん暗い夕暮れに』 デイーンク-ンツ 文庫  他