まつど朗読と読書の会(MRD)

  MRD(エム・アール・ディの略称・「まつど朗読と読書の会」)です。月一度、朗読への技法の向上を目指し、各自が文学書、新聞の切り抜き、童話、エッセイなどを持ち寄る交流の機会です。年に一度、市民向けの朗読講座も開きます。ゲストに朗読者や読書・図書の活動者をお招きもあります。毎月、歓迎でお待ちします。
会費は月300円です。第2金曜の午前10時~12時まで、松戸駅前の市民会館か勤労会館で開きます(3か月前に会場確定)。2018年10月からスタートしました。一年経てば、朗読への初歩的な心構え、中級の発声技法を会得できるよう自己目標です。講師もいます。"2年一期"を目標に、"朗読とは?""文学とは?"生きるとは?"自問自答しながら、修了をめざす。毎回、{CDタイム}では、CD朗読の解説・鑑賞を行い、{本のリサイクル}では、不要になった本を自由に交換もあります。
①自分自身の音読、輪読の自信だけでなく、発表会、地域活動、ボランティア活動での、朗読技法のノウハウは向上できます。
➁いろいろな朗読の会の紹介や朗読イベントの情報、読書や図書館の動きなど本好きでもある人の集りです。
③参加者の持ち寄る読み物やニュースの交流は、こころの広がりの機会にもなります。
  2年単位で、チャレンジの機会にしてください。2年間で1期終了、修了証交付、担当役員改選。当,「まつどまなびぃネット」には、毎月1日付けで日程関係、20日前後に例会の報告や案内文を掲載します。
 代表:佐藤孝逸。  世話人 松尾:☎/F 047-368-6380 メール:0359ufav@jcom.zaq.ne.jp  

2020年09月20日

9月例会は4人が自主発表済み、10月は10/9(金)勤労会館です

 9月例会は、8月の松雲亭での自主発表に、参加できなかった方の発表の場となりました。準備と朗読練習をしてきたなか、コロナや体調不良となった方の、"補講"という"体験学習の機会"となりました。『日めくり物語』をオガワ、金子みすずの詩に替えて五木ひろしの作品をエジリ、島崎藤村の『夜明け前』の冒頭の一節をコバヤシ、中原中也の詩『湖上』をスギヤマさんら諸兄姉が、勤労会館会議室で朗読されました。ホッとされたことです。
 このあとは、通常の各自の例会発表へとすすみました。サトウ氏が再三、テキストにあげられながら発表の機会のなかった、沢村貞子さんの『猫年の女房』をたっぷり読み上げました。CDジャケットからオノセ、新聞切り抜きからサイトウ・カナダ、Ⅰ分間朗読本からの坂口安吾『桜の森の満開の下』をマツオのメンバー諸氏による持ち寄り発表をしました。みなさん,ボードの前に出て、ご自分の発表物を朗読し、簡単な作品説明もおこないました。人の前できちんと読み・しゃべるという積み重ねが、朗読へのチャンスをひろげてくれるでしょう。

 今月から新コーナーの、定例の{CDによる朗読鑑賞」は森鷗外の『舞姫』をおこないました。サトウさんが作品解説とともに、15分余の専門家の朗読を静かに試聴できました。来月は『浮雲』の予定へ。恒例の不要リサイクル本の交換も10冊が愛読者へひきとられました。次回は、10/9(金)勤労会館です。延期しております「おーい図書館」の青木和子さんの講座は、11月例会:11/13(金)市民会館会議室10:00から前半一時間を予定します。この機会に、朗読と読書を気軽に楽しみたい方のご参加をお待ちしています。