まつど朗読と読書の会(MRD)

  MRD(エム・アール・ディの略称・「まつど朗読と読書の会」)です。月一度、朗読への技法の向上を目指しながら、各自が文学書や新聞の切り抜き、童話、エッセイなどを持ち寄り、交流の機会をもつ集りです。年に一度、市民向けの朗読講座も開きます。ゲストの朗読者や読書・図書の活動者をお招きする月もあります。毎月、歓迎でお待ちしてます。
会費は月300円です。第2金曜の午前10時~12時まで、松戸駅前の市民会館か勤労会館でひらいています(3か月前に会場確定)。
2018年10月からスタートしましたが、一年経てば、朗読への初歩的な心構え、中級の発声技法を会得できるよう自己目標にしていきます。
毎回、{CDタイム}では、CD朗読の解説・鑑賞を行い、{本のリサイクル}では、不要になった本を自由に交換するコーナーもあります。

①自分自身の音読、輪読の自信だけでなく、会員発表会、地域活動、ボランティア活動での、朗読技法のノウハウは向上できます。
➁いろいろな朗読の会の紹介や朗読イベントの情報、読書や図書館の動きなど本好きでもある人の織りなす集りです。
③参加者の持ち寄る読み物やニュースの交流は、こころの広がりの機会にもなっていきます。
  1年単位で、チャレンジの機会にしてみてください。2年間で1期終了、修了証交付、担当役員改選。
 当,「まつどまなびぃネット」には、毎月1日付けで主に日程関係、20日前後に例会の報告や案内文を掲載するようにしてます。
 世話人:☎/F 047-368-6380  メール:0359ufav@jcom.zaq.ne.jp  松尾健二

2021年01月01日

コロナ禍2年目・東日本大地震災害10年目、年賀交換の1月例会1/15金です

  ますますコロナ禍は拡大中の新年となりました。会員メンバーによる新年例会は、1/15金曜・午前、市民会館会議室で開きます。2月例会:2/19(金)市民会館、3月例会:3/12(金)勤労会館、4月例会:4/9勤労会館。
 
年賀状あいさつには、こんな例です。(写真1)
⦿ことしの正月は、コロナの心配で子どもたちも来ず、夫婦二人の静かな新年となりました。コロナが退散し、元気な日常が戻ることを願います。(孝)
⦿元日も朝の日課どうり、神社参りウオークでした。若かったころには、自転車で通った道を思い出しながら、ゆっくりと歩く。途中で、スーパーの椅子に座って休憩。帰宅したら洗濯物を取り込む。日帰りの温泉場行きを予定はしてます。(n)
⦿ことしは、子供たちも来ないので、お正月らしい準備をすることもなく、なんだかなぁー!?という感じで過ごしています。(川)
⦿東日本大地震の災害から10年のこと。登校拒否の孫は中学卒業の年、化粧関係の専門校へ進みたい!らしい。娘夫婦だけがおせち料理を食べに来ました。"(その孫に)お年玉は、姿をみせないなら、あげないでね!"と言って、娘は職場の介護付高齢者施設へ。(k)(写真2)
⦿1月例会、参加いたします、ことしもよろしくお願いします。(藤) 
 NHK紅白歌合戦で、超大な本棚を舞台に若い男女ペアが歌ってました(ユニットYOASOBI/夜に駆ける)、昨年11月、新所沢にオープンした『武蔵野ミュージアム』の中にある「本棚劇場」からだそうです(写真3)。3万冊が並べられているそうです。ことしは、暖かい季節になったら、みんなで行ってみたいですね!