まつど朗読と読書の会(MRD)

  MRD(エム・アール・ディの略称・「まつど朗読と読書の会」)です。月一度、朗読への技法の向上を目指し、各自が文学書、新聞の切り抜き、童話、エッセイなどを持ち寄る交流の機会です。年に一度、市民向けの朗読講座も開きます。ゲストに朗読者や読書・図書の活動者をお招きもあります。毎月、歓迎でお待ちします。
会費は月300円です。第2金曜の午前10時~12時まで、松戸駅前の市民会館か勤労会館で開きます(3か月前に会場確定)。2018年10月からスタートしました。一年経てば、朗読への初歩的な心構え、中級の発声技法を会得できるよう自己目標です。講師もいます。"2年一期"を目標に、"朗読とは?""文学とは?"生きるとは?"自問自答しながら、修了をめざす。毎回、{CDタイム}では、CD朗読の解説・鑑賞を行い、{本のリサイクル}では、不要になった本を自由に交換もあります。
①自分自身の音読、輪読の自信だけでなく、発表会、地域活動、ボランティア活動での、朗読技法のノウハウは向上できます。
➁いろいろな朗読の会の紹介や朗読イベントの情報、読書や図書館の動きなど本好きでもある人の集りです。
③参加者の持ち寄る読み物やニュースの交流は、こころの広がりの機会にもなります。
  2年単位で、チャレンジの機会にしてください。2年間で1期終了、修了証交付、担当役員改選。当,「まつどまなびぃネット」には、毎月1日付けで日程関係、20日前後に例会の報告や案内文を掲載します。
 代表:小林英一   世話人 松尾:☎ 047-368-6380 メール:0359ufav@jcom.zaq.ne.jp  

2022年11月20日

11月例会(11/11金)から新学期へ、新会員も登場。12月は12/9(金)市民会館

 11月例会(11/11金)・勤労会館には、13人が参加し、今後2年間の第3期活動に入りました。あらためて、新代表の小林英一さんのあいさつ―
 …"新年度は朗読と読書のバランスを心がけながら、日常活動も企画行事も、会員が楽しみにするような、活動をすめたいと思います。行事は春と秋の2回、代表に負担にならないようにしたい!。…前年度はフイナーレである松戸市矢切の記念碑で行われた「野菊の墓」野外輪読会が、成功裡に終わり、会にとっても充実した1年でした。古民家朗読講座には、市民7人をお迎えできました。《朗読とは、発声された文によって聴く者にイメージや情念を喚起させ、文章内容を伝えること、でしょう。そのためには、文の内容を正確に理解していることが前提でしょう。》…"。
 11月例会では、CD鑑賞、自主朗読、輪読会、市民向け朗読講座など、今後の月例会の運営や課題が話し合われました。会計報告、2期目の修了証の交付、名簿の確認、見学者Tさんの紹介(集りの終了時には入会へ!)もありました。
 松戸市松戸のTさん―"大学での先生勤めも終わったことです。紙芝居屋をやってみたかったのですが、ネットからこちらの活動に興味を持ちました!"と、意欲的な自己紹介。Tさんは、さっそく『檸檬(れもん)』(梶井基次郎)の一節を読み上げられ、そのバリトン調に拍手となるデビューでした。
 自主朗読もおこなわれ、『遠野物語』、『中村のオジさん』、ヤマセタカシの作品から、などが発表されました。限られた、2時間、運営のこと、朗読や読書のこと、前に出て作品の朗読やと盛りだくさんの例会でした。「リサイクルコーナー」の交換本では、日本人作家の現代小説が人気でした。
 次回、12月例会は、12/9(金)午前、市民会館会議室です。