まつど朗読と読書の会(MRD)

  MRD(エム・アール・ディの略称・「まつど朗読と読書の会」)です。月一度、朗読への技法の向上を目指し、各自が文学書、新聞の切り抜き、童話、エッセイなどを持ち寄る交流の機会です。年に一度、市民向けの朗読講座も開きます。ゲストに朗読者や読書・図書の活動者をお招きもあります。毎月、歓迎でお待ちします。
会費は月300円です。第2金曜の午前10時~12時まで、松戸駅前の市民会館か勤労会館で開きます(3か月前に会場確定)。2018年10月からスタートしました。一年経てば、朗読への初歩的な心構え、中級の発声技法を会得できるよう自己目標です。講師もいます。"2年一期"を目標に、"朗読とは?""文学とは?"生きるとは?"自問自答しながら、修了をめざす。毎回、{CDタイム}では、CD朗読の解説・鑑賞を行い、{本のリサイクル}では、不要になった本を自由に交換もあります。
①自分自身の音読、輪読の自信だけでなく、発表会、地域活動、ボランティア活動での、朗読技法のノウハウは向上できます。
➁いろいろな朗読の会の紹介や朗読イベントの情報、読書や図書館の動きなど本好きでもある人の集りです。
③参加者の持ち寄る読み物やニュースの交流は、こころの広がりの機会にもなります。
  2年単位で、チャレンジの機会にしてください。2年間で1期終了、修了証交付、担当役員改選。当,「まつどまなびぃネット」には、毎月1日付けで日程関係、20日前後に例会の報告や案内文を掲載します。
 代表:佐藤孝逸。  世話人 松尾:☎ 047-368-6380 メール:0359ufav@jcom.zaq.ne.jp  

2022年07月20日

8月も8/12(金)開きます!9/9(金)例会、9/16(金)「隠居屋」朗読会、10/16(日)矢切

  コロナ7波は、10万人/全国・一日、松戸市―400人へ再々拡大中。7月例会は、7/8(金)午前中、勤労会館で開かれました。秋の古民家での朗読会や矢切での青空講読会などの参加予定者や内容のことで、本来の自主朗読発表や読書感想はできずに終わりました。行事をまとめていくには、企画内容、参加者、意見調整などで時間がかかっていきます。

 CD朗読は『坊ちゃん』の聴きとりでした。漱石の作品は、前期の『吾輩は猫である』や『坊ちゃん』の軽やかさから、後期には『虞美人草』、『行人』など心理的描写の重いテーマに移っていきます。"何が、そうさせていったのか?"の発言までで、時間切れ!。8月は休会月なのですが、古民家での各自発表や"『野菊の墓』全編をみなで読み上げる!"という青空発表会のこともあって、開催へ。市報にもイベント開催を告知予定しますので、ちょっとは指導のある練習も!ということです。
 8/12(金)午前・勤労会館、9/9(金)午前・例会・勤労会館、9/16(金)昼間・『隠居屋』(南花島)で各自の自主発表と、市民向け朗読講座用―『昔語り』をテキスト用、10/14(金)午前・例会・市民会館、10/16(日)昼間・矢切の西蓮寺内で青空朗読会『野菊の墓』の予定です。

 「リサイクルコーナー」での出品本は、この日は半分が"引き取り成立"の好評でした。残りは、中央図書館の同コーナーに移管されました。"リサイクルショップに持って行っても、まずは、お金にはなりませんね!有名作家のでもね"、"値がつくのは、最近の新刊本なのよねー!"との会話も。気が向いたら、のぞきに来てみてください。お待ちしてまーす。