まつど朗読と読書の会(MRD)

  MRD(エム・アール・ディの略称・「まつど朗読と読書の会」)です。月一度、朗読への技法の向上を目指し、各自が文学書、新聞の切り抜き、童話、エッセイなどを持ち寄る交流の機会です。年に一度、市民向けの朗読講座も開きます。ゲストに朗読者や読書・図書の活動者をお招きもあります。毎月、歓迎でお待ちします。
会費は月300円です。第2金曜の午前10時~12時まで、松戸駅前の市民会館か勤労会館で開きます(3か月前に会場確定)。2018年10月からスタートしました。一年経てば、朗読への初歩的な心構え、中級の発声技法を会得できるよう自己目標です。講師もいます。"2年一期"を目標に、"朗読とは?""文学とは?"生きるとは?"自問自答しながら、修了をめざす。毎回、{CDタイム}では、CD朗読の解説・鑑賞を行い、{本のリサイクル}では、不要になった本を自由に交換もあります。
①自分自身の音読、輪読の自信だけでなく、発表会、地域活動、ボランティア活動での、朗読技法のノウハウは向上できます。
➁いろいろな朗読の会の紹介や朗読イベントの情報、読書や図書館の動きなど本好きでもある人の集りです。
③参加者の持ち寄る読み物やニュースの交流は、こころの広がりの機会にもなります。
  2年単位で、チャレンジの機会にしてください。2年間で1期終了、修了証交付、担当役員改選。当,「まつどまなびぃネット」には、毎月1日付けで日程関係、20日前後に例会の報告や案内文を掲載します。
 代表:佐藤孝逸。  世話人 松尾:☎/F 047-368-6380 メール:0359ufav@jcom.zaq.ne.jp  

2021年01月20日

1月例会は10人が発表:CD鑑賞は『春琴抄』、音読と朗読のちがいは? 次回は2/19(金)市民会館

 コロナ感染の拡大のなか、マスクも消毒にも気を引き締めての1月例会でした。1/15(金)午前、市民会館で10人が自主発表をおこない、次回以降には市民向け朗読講習会用の教材も共通で取り組んでいくことにしています。CD鑑賞は『春琴抄』でした。
 {こうした時期に、みなさんとお会いでき、声をだしあえることを喜びたいです。音読と朗読とのちがいは、"なぜ、これを他の人に読み聞かせたいか!"という思いが伝わってくるかのあるなしです。読み方が速いの、うまくないのよりだいじなことです。つっかえたりするのは読み込み不足、練習不足です!}と、須藤講師からのひとことのあった新年例会でした。次回は、2/19(金)市民会館会議室、3月は3/12(金)勤労会館です。見学歓迎です、お待ちしてます。

 1月自主朗読の内容:長田弘『深呼吸の必要』・(祥)、武良布枝『「その後」のゲゲゲの女房』・(ち)、木内昇『笑い三年、泣き三月』・(健)、『ユニセフの報告書ー世界の子どもの幸福度から』(勝)、夏目漱石『坊ちゃん』(好)、小池真理子『月夜の森の梟から』(み)、菊池寛『藤十郎の恋』(孝)、芥川龍之介『羅生門』(治)、吉田 都『バレリーナ 踊り続ける理由』(さ)、藤原正彦『できすぎた話』(美)、他。