まつど朗読と読書の会(MRD)

  MRD(エム・アール・ディの略称・「まつど朗読と読書の会」)です。月一度、朗読への技法の向上を目指しながら、各自が文学書や新聞の切り抜き、童話、エッセイなどを持ち寄り、交流の機会をもつ集りです。年に一度、市民向けの朗読講座も開きます。ゲストの朗読者や読書・図書の活動者をお招きする月もあります。毎月、歓迎でお待ちしてます。
会費は月300円です。第2金曜の午前10時~12時まで、松戸駅前の市民会館か勤労会館でひらいています(3か月前に会場確定)。
2018年10月からスタートしましたが、一年経てば、朗読への初歩的な心構え、中級の発声技法を会得できるよう自己目標にしていきます。
毎回、{CDタイム}では、CD朗読の解説・鑑賞を行い、{本のリサイクル}では、不要になった本を自由に交換するコーナーもあります。

①自分自身の音読、輪読の自信だけでなく、会員発表会、地域活動、ボランティア活動での、朗読技法のノウハウは向上できます。
➁いろいろな朗読の会の紹介や朗読イベントの情報、読書や図書館の動きなど本好きでもある人の集りです。
③参加者の持ち寄る読み物やニュースの交流は、こころの広がりの機会にもなっていきます。
  1年単位で、チャレンジの機会にしてみてください。2年間で1期終了、修了証交付、担当役員改選。
 当,「まつどまなびぃネット」には、毎月1日付けで主に日程関係、20日前後に例会の報告や案内文を掲載するようにしてます。
 代表:佐藤孝逸、世話人 :☎/F 047-368-6380  メール:0359ufav@jcom.zaq.ne.jp  松尾

2021年02月01日

5月の頃は、好転してますか? 2月例会は中止です  №30

 追記:2月例会は中止します。3月は3/12金、4月は4/9金、5月は5/14金、いづれも勤労会館C会議室ですー以上、最新のお知らせです。
 
  2月例会の2/19(金)市民会館会議室も開催予定ですが、首都圏の緊急事態の延長によっては開催も危ぶまれます。三か月後の会場予約の抽選には、Oさんが毎月、ネットで申込みをされています。発表は毎月9日ですが、市内の公共施設は5月会場に当選しても、"コロナ次第で会場貸し出しは、その時になってみないと?"というところです。
  以下―閑話休題、二つのお話です。
  ①松戸市の図書館は、松戸駅西口から7,8分、江戸川に向かって、手前の坂川を渡った先に老朽した中央図書館があります。他に、市内には約20館もの市民センター併設の分館があるのが特徴です。検索して、どの分館からも他の分館にあるものを、数日で取り寄せられる便利さがあります。1年前、2019年11月に新京成線「上本郷駅」近くにあった「明(あきら)分館」が、約500メートル離れた幹線道路沿いの「明市民センター」の1階に移転しました。先日、朗読の本を探しがてら、行ってみました。前より倍くらいは広くなり、2階から1階になって、出入りしやすく、明るくなりました。書棚も余裕のある感じで、応対の女性担当者もこまめに応対されていました。消毒も忙しそうでした。年間11万冊の貸し出しがあるそうです。ちょっと、座って読んでみたい!という事が出来ない状況でした。市内東部の東松戸駅近くに、近年、市の文化施設が建設され大型の図書施設もできるとのことです。朗読講座が定期的に開催されたり、文学講座、朗読発表会、読書会・朗読グループの交流会ができるといいですね。(k)
  ②コロナ騒ぎの中、電動チャリを駆使して市内東部の国分川(こくぶがわ・春木川)にきのう日曜に行ってみました。桜並木があるのですが、まだまだ冬ざれの風景で、鴨の群れ、シラサギ、野鳥がみられました。当会の会員に近況報告しましたら、こんな返事が届きました。{稔台(みのりだい)から国分川沿いに行ったそうですね。自分は≪野良の会≫という松戸の農家支援のボランティアグループに参加しており、矢切に行くのに国分川沿いを自転車で通ります。あと、2か月もすれば桜が咲きますが、いづれ、松戸の有力なお花見エリアになると思います!}とありました。集まりがないと、雑談もできませんね!ということです。(m、s)