まつど朗読と読書の会(MRD)

  MRD(エム・アール・ディの略称・「まつど朗読と読書の会」)です。月一度、朗読への技法の向上を目指し、各自が文学書、新聞の切り抜き、童話、エッセイなどを持ち寄る交流の機会です。年に一度、市民向けの朗読講座も開きます。ゲストに朗読者や読書・図書の活動者をお招きもあります。毎月、歓迎でお待ちします。
会費は月300円です。第2金曜の午前10時~12時まで、松戸駅前の市民会館か勤労会館で開きます(3か月前に会場確定)。2018年10月からスタートしました。一年経てば、朗読への初歩的な心構え、中級の発声技法を会得できるよう自己目標です。講師もいます。"2年一期"を目標に、"朗読とは?""文学とは?"生きるとは?"自問自答しながら、修了をめざす。毎回、{CDタイム}では、CD朗読の解説・鑑賞を行い、{本のリサイクル}では、不要になった本を自由に交換もあります。
①自分自身の音読、輪読の自信だけでなく、発表会、地域活動、ボランティア活動での、朗読技法のノウハウは向上できます。
➁いろいろな朗読の会の紹介や朗読イベントの情報、読書や図書館の動きなど本好きでもある人の集りです。
③参加者の持ち寄る読み物やニュースの交流は、こころの広がりの機会にもなります。
  2年単位で、チャレンジの機会にしてください。2年間で1期終了、修了証交付、担当役員改選。当,「まつどまなびぃネット」には、毎月1日付けで日程関係、20日前後に例会の報告や案内文を掲載します。
 代表:佐藤孝逸。  世話人 松尾:☎/F 047-368-6380 メール:0359ufav@jcom.zaq.ne.jp  

2021年07月20日

7月例会『スマコ』リーディング劇ユーチューブを鑑賞終わる、8月は古民家で自主発表のチャンスへ 

 7月例会は7/9(金)午前、勤労会館会議室で開かれました。ユーチューブによるリーディング演劇『スマコ』~{それでも彼女は舞台に立つ~}を、手持ちパソコンで、その一部を鑑賞しました。画面が小さいことや音量がハキリしないことで、イマイチだったのは残念。でも、各員、のぞきこむようにして、初めてのリーディング演劇の"雰囲気"は分かったことへ!。しばし、"朗読劇とのちがい"や"新しい朗読スタイル"への見聞をひろげる機会になりました。自宅にもどって、パソコン画面から、改めて60分の演出を見て、"感激した!"というメンバーもありました。秋の4回目の{市民向けの朗読講習会}の呼び掛けは、コロナ感染拡大で生涯学習推進事業はストップのまま。9月開催は見送り状態です。
  代わって、会員による例会の自主発表の時間拡大と懇親を兼ね、松戸市内の古民家・南花島『隠居屋』で、8/20(金)10時~13時で暑気払いの懇親会をひらくこととしました。例会では、ひとり5分ほどの朗読発表ですが"10分の倍増"を割り当て、朗読講習会の講師をされてきた須藤・広瀬先生には、とくに作品発表をお願いすることになりました。 7月例会の発声練習には、『外郎売(ういろううり)』の【2】―{来るわ来るわ、何が来る、高野のお山のおこけら小僧。狸百匹、箸百膳、天目百杯、棒八百本。…}と、つっかえつっかえでした!。


この日の朗読発表者は10人でした。
『昭和よ―遠くの風景』山藤章二。エッセイ。「老人になると、デンと構えて、動かずに居られる場所があるらしい。…いざ、その場所に到達してみると、面喰らっているのだ。そこへ変わらなくっちゃという強迫観念が…』。老後も安閑とは生きていけない不機嫌な時代!。(健)
『人間失格』太宰治。(常・林)
{断捨離}新聞エッセイ・久田恵。{ここの高齢者住宅には…断捨離はむつかしい。なぞを残していくのも悪くない}(齋)
『マクベス』シェークスピア・福田恒存訳。{どうした、何があったのか?…もう、やめにしよう、王は栄進を計ってくれたのだ。おかげで上下の気受けもよい。せっかく手に入れた新しい金襴の美服、むざと脱ぎすてるにはおよぶまい。…}(藤)
『路地』詩。{あざやかな花々が、…通り道、路地、鉢植えがある。お互いいい一日…}。(杉)
『原体剣舞連(はらたいけんばれん)』宮沢賢治・詩歌。{こんや異装のげん月のした 鶏(とり)の黒尾を頭巾にかざり 片刃の太刀をひらめかす 原体村(はらたいむら)の舞手(おどりこ)たちよ …   dah/dah/dah/dah/…}。宮沢賢治が1922年、岩手県奥州市江刺原体地区に伝わる民俗芸能の剣舞をみた体験からの詩集から。 (須)
『でんでん虫のかなしみ』童話、新見南吉。{でんでんむしは たいへんな ことに きがつきました。わたしは いままで ウッカリしていたけれど わたしの せなかの からの なかには かなしみが いっぱい つまっているではないか…あなた}ばかりじゃありません。…こらえていかねばなりません。}(成)
『フランス人は10着しか服を持たない―パリで学んだ暮らしの質を高める秘訣』。エッセイ、ジェニファー・L・スコット、神崎時子。{マダムの買い物に付いて行った。…あちこち寄っていく。…この手の小さなお店には、ちゃんとしたお会計システムがない。つまり、レジの前にお客さんが並ばないのだ。それぞれ勝手に店員に近づき、ボンジュール!と…}。カリフォルニア生まれのパリ体験話。(中)
『平和の詩―みるく世の謳(うた)』上原美晴・宮古島市立西辺中学校2年。{12歳。初めて命の芽吹きを見た。生まれたばかりの姪は 小さな胸を上下させ 手足を一生懸命にうごかし瞳に湖を閉じ込めて おなかすいたよオムツを替えてと 力一杯、声の限りに訴える…}。(小)
「ティタイム」エッセイ、新聞切り抜き。心のゆとり。オン・オフの切り替え。本日の司会当番デシタ!。(江)