まつど朗読と読書の会(MRD)

  MRD(エム・アール・ディの略称・「まつど朗読と読書の会」)です。月一度、朗読への技法の向上を目指しながら、各自が文学書や新聞の切り抜き、童話、エッセイなどを持ち寄り、交流の機会をもつ集りです。年に一度、市民向けの朗読講座も開きます。ゲストの朗読者や読書・図書の活動者をお招きする月もあります。毎月、歓迎でお待ちしてます。
会費は月300円です。第2金曜の午前10時~12時まで、松戸駅前の市民会館か勤労会館でひらいています(3か月前に会場確定)。
2018年10月からスタートしましたが、一年経てば、朗読への初歩的な心構え、中級の発声技法を会得できるよう自己目標にしていきます。
毎回、{CDタイム}では、CD朗読の解説・鑑賞を行い、{本のリサイクル}では、不要になった本を自由に交換するコーナーもあります。

①自分自身の音読、輪読の自信だけでなく、会員発表会、地域活動、ボランティア活動での、朗読技法のノウハウは向上できます。
➁いろいろな朗読の会の紹介や朗読イベントの情報、読書や図書館の動きなど本好きでもある人の織りなす集りです。
③参加者の持ち寄る読み物やニュースの交流は、こころの広がりの機会にもなっていきます。
  1年単位で、チャレンジの機会にしてみてください。2年間で1期終了、修了証交付、担当役員改選。
 当,「まつどまなびぃネット」には、毎月1日付けで主に日程関係、20日前後に例会の報告や案内文を掲載するようにしてます。
 世話人:☎/F 047-368-6380  メール:0359ufav@jcom.zaq.ne.jp  松尾健二

2020年11月20日

11月例会報告:「おーい図書館」の青木和子さん、新図書館づくりへ市民活動30年を語る

11月の定例会は、11/13金、市民会館会議室へ集まりました。半年の長期休会者を除き、13人が集まりました。これから2年間の活動の進め方も話し合われました。今月の、メイン行事は、松戸市の老朽化した中央図書館を建て替える市民活動を、30年間続けている青木和子さんに、お話していただきました。
 …週休二日制になり、子どもらが安全・快適に過ごせる場所として、児童館の必要を思い立ちました。当時、市内には児童館は常盤平に1館あるだけでした。野田市の児童館に見学に行きましたら、"松戸には図書館の分館がたくさんあるのだから、それを活用する"ことの助言をいただいた。当時の松戸市図書館長に相談しに行ったら、"良い図書館を見学に行ってみたら!"と協力を得られ、近隣の図書館とその活動などを見に行きました。松戸の人口の半分以下の浦安市中央図書館は、開放的ですでに検査機を小学生が動かしていたのです。そこから、{時代にあった新しい図書館づくり建設}をめざす活動になったのです。松戸駅東口の中央公園周辺の国有地に、新しい図書館を造る計画案も出たりして、{すぐに実現する}と思っていたのが、30年が過ぎてしまいました。現在、130人の会員で県内や全国の図書館活動とも連絡をとったり、他の団体とも協力しあって講演会・イベントを開いています。図書館は、市民向けに文化活動を広げることがなんでもできる、ということです。…
 という体験報告をお聞きしました。お話の中にでました浦安市中央図書館はことし3月に、リニューアルを完成したので11/19に見学会を行うそうです―20数人で見学会をおこなったそうです。

 当会でも、有志で11/20に見学をしてきました。写真を掲載します-図書館・市役所・市民会館・市民病院・博物館が芝生公園を囲むように建物配置されていました。新装の博物館は2階建て、1階は一般図書、児童フロアー、レファレンス室、奥に専門書の書庫、学習室がある。2階には視聴覚室120席、集会室16席、開架書庫などがある。"静かな図書館ではなく、活発な図書館をめざす!可能性を開く図書館をめざす!"というキャッチフレーズ。見学対応はスムーズで、見学バッチと資料を受け取れます。
 12月例会は、12/11金・勤労会館、1月例会:1/15金・市民会館・自主発表会、2月例会:2/19金・市民会館で開きます。どうぞ、朗読と読書に興味のある方、直接、当日、おいでください、お待ちしています。