まつど朗読と読書の会(MRD)

  MRD(エム・アール・ディの略称・「まつど朗読と読書の会」)です。月一度、朗読への技法の向上を目指し、各自が文学書、新聞の切り抜き、童話、エッセイなどを持ち寄る交流の機会です。年に一度、市民向けの朗読講座も開きます。ゲストに朗読者や読書・図書の活動者をお招きもあります。毎月、歓迎でお待ちします。
会費は月300円です。第2金曜の午前10時~12時まで、松戸駅前の市民会館か勤労会館で開きます(3か月前に会場確定)。2018年10月からスタートしました。一年経てば、朗読への初歩的な心構え、中級の発声技法を会得できるよう自己目標です。講師もいます。"2年一期"を目標に、"朗読とは?""文学とは?"生きるとは?"自問自答しながら、修了をめざす。毎回、{CDタイム}では、CD朗読の解説・鑑賞を行い、{本のリサイクル}では、不要になった本を自由に交換もあります。
①自分自身の音読、輪読の自信だけでなく、発表会、地域活動、ボランティア活動での、朗読技法のノウハウは向上できます。
➁いろいろな朗読の会の紹介や朗読イベントの情報、読書や図書館の動きなど本好きでもある人の集りです。
③参加者の持ち寄る読み物やニュースの交流は、こころの広がりの機会にもなります。
  2年単位で、チャレンジの機会にしてください。2年間で1期終了、修了証交付、担当役員改選。当,「まつどまなびぃネット」には、毎月1日付けで日程関係、20日前後に例会の報告や案内文を掲載します。
 代表:佐藤孝逸。  世話人 松尾:☎ 047-368-6380 メール:0359ufav@jcom.zaq.ne.jp  

2022年07月01日

7月例会:7/8(金)勤労会館、鑑賞報告『金子みすゞの人生~語りと音楽』

 はやい梅雨明けとなりましたが、4回目のコロナワクチンが始まっています。今月7月の例会は7/8(金)午前、勤労会館です。各自発表、CD聴講、秋の合同朗読『野菊の墓』、講座用のテキスト利用なども予定してます。リサイクル交換も"なにか、読んでみよう!"と、手にされていきます。
  

 鑑賞報告として、6/25(土)午後、{金子みすゞの人生~語りと音楽}のイベントへ当会有志も鑑賞してきました。柏駅から10分のアミューゼ柏の「クリスタルホール」でした。約150人の出席でした。{東葛地域13の浄土真宗の寺院による文化講演会}25回目でした。女優・女義太夫の城谷小夜子(しろたに・さよこ)さんの抑揚のある語りと控えめながらも演技も。合間合間に、砂田直規(バリトン歌手)、川口幸子(ヴィオラ)、アーミン・ローベック(チエロ・尺八)さんらの独り演奏が加わりました。童謡作家で26歳で亡くなった「金子みすゞの生涯」を1時間半、語っていただきました。川口さんは、ウクライナが舞台だった映画『ひまわり』のテーマ曲なども弾かれました。外の暑さを忘れてしまうひとときとなりました。
    ▼                       ▼                       ▼
今月のリサイクル用の提供本です。自由にお持ち帰りください。残部は、中央図書館の「リサイクルコーナー」へ移管します。
⦿『落 日』湊かなえ:角川春樹事務所、2019刊。…脚本家や原作者がロケ現場に親戚を連れてきたうえ、その親戚が女優に向かってなれなれしく話しかけているのを見る度に、ああはなりたくない、と辟易していたというのに、…。
⦿『死刑でいいんです』池谷孝司:共同通信社、2009刊。…2009年夏、25歳で死刑になった山地悠紀夫の人生を追う
渾身のルポルタージュ。…(帯から)
⦿『ここが変だよ地方議員』小田りえ子著・画:萌書房、2015刊。…ぜ~ぶホントの話。号泣議員なんて可愛いもんです。…(帯から)
⦿『のるかそるか』津本 陽:文藝春秋、1991刊。…信長、秀吉、家康ら時流に乗った18人の男たちの"ここ一番"を読む。だから歴史はこうなった。…(帯から)
⦿『愛ふたたび』渡辺淳一:幻冬舎、2013刊。…しかし、これはとてつもないことではないか。男が男としての役目が果たせなくなる大事件が生じたのである。…
⦿『 窓 』森村誠一:集英社、1991刊。…大学生の隅野弘之は、テレビゲームで一流企業へと急成長したリューテイへの就職が内定、規子を捨てる決心をする。…(帯から)
⦿『天 才』石原慎太郎:幻冬舎、2016刊。…反田中の急先鋒だった石原が、今なぜ、田中角栄に惹かれるのか。…(帯から)
⦿『信長の棺』加藤 廣:日本経済社、2005刊。 …本能寺で亡くなった信長さまのご遺骸が、どこにきえたのか、この謎解きも是非加えなければならない。…(帯から)