まつど朗読と読書の会(MRD)

  MRD(エム・アール・ディの略称・「まつど朗読と読書の会」)です。月一度、朗読への技法の向上を目指し、各自が文学書、新聞の切り抜き、童話、エッセイなどを持ち寄る交流の機会です。年に一度、市民向けの朗読講座も開きます。ゲストに朗読者や読書・図書の活動者をお招きもあります。毎月、歓迎でお待ちします。
会費は月300円です。第2金曜の午前10時~12時まで、松戸駅前の市民会館か勤労会館で開きます(3か月前に会場確定)。2018年10月からスタートしました。一年経てば、朗読への初歩的な心構え、中級の発声技法を会得できるよう自己目標です。講師もいます。"2年一期"を目標に、"朗読とは?""文学とは?"生きるとは?"自問自答しながら、修了をめざす。毎回、{CDタイム}では、CD朗読の解説・鑑賞を行い、{本のリサイクル}では、不要になった本を自由に交換もあります。
①自分自身の音読、輪読の自信だけでなく、発表会、地域活動、ボランティア活動での、朗読技法のノウハウは向上できます。
➁いろいろな朗読の会の紹介や朗読イベントの情報、読書や図書館の動きなど本好きでもある人の集りです。
③参加者の持ち寄る読み物やニュースの交流は、こころの広がりの機会にもなります。
  2年単位で、チャレンジの機会にしてください。2年間で1期終了、修了証交付、担当役員改選。当,「まつどまなびぃネット」には、毎月1日付けで日程関係、20日前後に例会の報告や案内文を掲載します。
 代表:佐藤孝逸。  世話人 松尾:☎/F 047-368-6380 メール:0359ufav@jcom.zaq.ne.jp  

2022年05月01日

連休中、いまの中・高校生向き推薦図書は? 例会:5/13(金)市民会館です。

 連休中、一日は読書日でいかがですか?。書店員ならぬ"図書館司書が選んだ100冊の本"というのがあります。市内20カ所の図書館分室にチラシが置いてあります。うち、中学生・高校生向きもあります。この機会に、読んでみたもの、読んでみたら、を試しましょうか!
◍『夏の庭 The Friends』湯本香樹実・徳間書店/新潮社。-少年たちは、おじいさんの「死」を見るために張り込みをする。ところが!。…めいっぱいに生きる姿へ…。小学生最後の夏休み。
◍『西の魔女が死んだ』梨木香歩・新潮社。-中学生になって学校へ行く気がなくなった少女。夏のひと月を"西の魔女"と呼ばれる"おばーちゃん"と共に暮らすことになる。…
◍『精霊の守り人』上橋菜穂子・偕成社。-ファンタジー。文化人類学の先生の著。女用心棒のバルサと皇子チャグムは…。
◍『空色勾玉』荻原規子・徳間書店。-舞台は古代日本。古事記を思わせる展開。大御神と抵抗する一族との戦いは…。
◍『素数ゼミの謎』吉村仁・文藝春秋。-13年と17年という蝉の成虫の謎から"素数"を理解させていく。億単位の進化の歴史へ…。
◍『夜のピクニック』恩田睦・新潮社-高校を卒業する前の、全校生徒による夜通し80kmを歩く行事。並んで歩く二人の主人公のお話し。…  etc. 

 5月例会は5/13(金)10時~2時間、市民会館会議室です。CD鑑賞は『城の崎にて』志賀直哉です。来月以降は、『坊ちゃん』夏目漱石、『墨東奇譚』永井荷風を予定してます。直接会場へ、見学をお待ちしてます。