まつど朗読と読書の会(MRD)

  MRD(エム・アール・ディの略称・「まつど朗読と読書の会」)です。月一度、朗読への技法の向上を目指し、各自が文学書、新聞の切り抜き、童話、エッセイなどを持ち寄る交流の機会です。年に一度、市民向けの朗読講座も開きます。ゲストに朗読者や読書・図書の活動者をお招きもあります。毎月、歓迎でお待ちします。
会費は月300円です。第2金曜の午前10時~12時まで、松戸駅前の市民会館か勤労会館で開きます(3か月前に会場確定)。2018年10月からスタートしました。一年経てば、朗読への初歩的な心構え、中級の発声技法を会得できるよう自己目標です。講師もいます。"2年一期"を目標に、"朗読とは?""文学とは?"生きるとは?"自問自答しながら、修了をめざす。毎回、{CDタイム}では、CD朗読の解説・鑑賞を行い、{本のリサイクル}では、不要になった本を自由に交換もあります。
①自分自身の音読、輪読の自信だけでなく、発表会、地域活動、ボランティア活動での、朗読技法のノウハウは向上できます。
➁いろいろな朗読の会の紹介や朗読イベントの情報、読書や図書館の動きなど本好きでもある人の集りです。
③参加者の持ち寄る読み物やニュースの交流は、こころの広がりの機会にもなります。
  2年単位で、チャレンジの機会にしてください。2年間で1期終了、修了証交付、担当役員改選。当,「まつどまなびぃネット」には、毎月1日付けで日程関係、20日前後に例会の報告や案内文を掲載します。
 代表:佐藤孝逸。  世話人 松尾:☎/F 047-368-6380 メール:0359ufav@jcom.zaq.ne.jp  

2021年12月01日

12月例会:12/10(金)勤労会館。12/19日~「ひがまつテラスー新図書館」オープン!

 12/19(日)から東松戸駅南側に図書館など東松戸複合施設『ひがまつテラス』がオープンします。支所活動とともに図書館・青少年プラザなど、市内初の地域館になります。(写真―松戸市ネットから)。次回には、訪問した報告を紹介しましょう。前月の11月例会{日本語は、これからどうなっていくのか?}の紹介は、肝心の"講師欠席"でストップ!。12月例会は、12/10(金)勤労会館ですが、その再度のテーマも予定。11月のCD朗読『阿部一族』森鷗外の"補講"、12月のCD朗読は梶井基次郎の『檸檬』とあわせて、文学史の一旦を、会員から披露しましょう。
新年は、1/14(金)市民劇場会議室{たっぷりの朗読披露(講師)}、2/11(金)勤労会館の例会予定です。日時確定です。
  また、来年1/24(月)には、「朗読会さざなみ」による朗読ライブが、船橋市中央公民館講堂で開かれます。当会の会員を含めて、5人の発表です。『張り込み』(松本清張)美重子・『車坂』(宮部みゆき)きみえ・『天衣無縫』(織田作之助)典代・『初蕾』(山本周五郎)三枝子・『利休にたずねよ』(山本謙一)館はとみさんが発表します。
 *コロナ予防の為50名定員で行います。会費500円。要予約―080・3419・4161 事務局へ

12月例会、各員の自主発表をお楽しみとなります。
  先月のリサイクル本も交換はニギヤカニ終わり、今月も次のような交換本を用意します。不用のリサイクル本をおもちください、交換・引き取りを終了後は、市立図書館のリサイクルコーナーヘ。
〇『氷川清和―勝海舟伝』  勝部真長編:角川文庫。昭和47年刊。
〇『運命は均(なら)される等―私日記1』 曽野綾子:海竜社。平成11年刊。
〇『かけら』 青山七恵:新潮社、2009年刊。
〇『銀翼のイカロス』 池井戸潤:ダイヤモンド社。2014年刊。
〇『母に歌う子守唄―わたしの介護日記』 落合恵子:朝日新聞社。2004年刊。
〇『天使の梯子(はしご)』 村山由佳:集英社。2004刊。
〇『風嶹 蒼き狼 他』 井上靖:新潮社。昭和48年刊
〇『現代の文学8川端康成集―眠れる美女・雪国・伊豆の踊子他』 川端康成:河出書房新社。昭和38年刊。他