まつど朗読と読書の会(MRD)

  MRD(エム・アール・ディの略称・「まつど朗読と読書の会」)です。月一度、朗読への技法の向上を目指しながら、各自が文学書や新聞の切り抜き、童話、エッセイなどを持ち寄り、交流の機会をもつ集りです。年に一度、市民向けの朗読講座も開きます。ゲストの朗読者や読書・図書の活動者をお招きする月もあります。毎月、歓迎でお待ちしてます。
会費は月300円です。第2金曜の午前10時~12時まで、松戸駅前の市民会館か勤労会館でひらいています(3か月前に会場確定)。
2018年10月からスタートしましたが、一年経てば、朗読への初歩的な心構え、中級の発声技法を会得できるよう自己目標にしていきます。
毎回、{CDタイム}では、CD朗読の解説・鑑賞を行い、{本のリサイクル}では、不要になった本を自由に交換するコーナーもあります。

①自分自身の音読、輪読の自信だけでなく、会員発表会、地域活動、ボランティア活動での、朗読技法のノウハウは向上できます。
➁いろいろな朗読の会の紹介や朗読イベントの情報、読書や図書館の動きなど本好きでもある人の集りです。
③参加者の持ち寄る読み物やニュースの交流は、こころの広がりの機会にもなっていきます。
  1年単位で、チャレンジの機会にしてみてください。2年間で1期終了、修了証交付、担当役員改選。
 当,「まつどまなびぃネット」には、毎月1日付けで主に日程関係、20日前後に例会の報告や案内文を掲載するようにしてます。
 代表:佐藤孝逸。   世話人:☎/F 047-368-6380  メール:0359ufav@jcom.zaq.ne.jp  松尾

2021年09月01日

9月例会は9/17(金)勤労会館、臨時「青空朗読会・藪の中」を9/10(金)21世紀の森で

 9月の例会は、9/17第3金曜(いつもは第2金曜)の午前10時から勤労会館で定例会を開きます。その前、第2金曜の9/10に21世紀の森公園で、青空の下、芝生で『特別朗読会』を開きます。10:00~12:00です。内容は、芥川龍之介『藪の中』を輪読しましょう。約2時間です。本文を35に区切って、参加者に割り振り、朗読してみよう!という機会です。参加希望の方は9:50頃、正門(森のホール側)に集合してください。参加費はテキスト代100円です。雨天中止。*輪読が早く終わったときのため、各自、短い発表ものもご用意しておいてください。12時解散。
9月例会:9/17(金・第3週)勤労会館、10月例会:10/8(金)市民劇場、11月例会:11/12(金)勤労会館、12月例会:12/10(金)勤労会館。
*9/10(金)午前中、21世紀公園で、{青空朗読会}を開きました。さわやかな秋空の下、高架橋下の日陰で、備え付けのテーブル・イスを利用し、満足なひとときを過ごせました(写真)。―追記しました。)

 『藪の中』は黒澤明監督の映画『羅生門』の内容にもなっており、一つの事件の証言が登場人物によって、"証言内容が異なって、何が真実かはっきりしない"という物語です。テキストはメール添付又は、プリントアウトしますので、お知らせください。帰り、園内周遊から博物館で休憩・軽食などして解散します。
 ワクチン接種済み、マスク、デイスタンス、手指消毒などやるべきことをやって慎重に実施し、こんな時期でも大丈夫!といたしましょう。
 佐藤:☎080-2188-9038

 *今月の『リサイクル交換コーナー』には以下の書名です。引き受けのない本は、中央図書館の同コーナーに移します。
◐『一日一生』松原泰道。大和出版。1992年刊
◐『1億売るオンナの 8つの習慣』太田彩子。かんき出版。2010年刊。
◐『下町ロケット ゴースト』池井戸潤。小学館。2016年刊。
◐『恋バナ青』Yoshi.。スターツ出版。2005年刊。
◐『世界の名言100選 ソクラテスからビル・ゲイツまで』(文庫)金森誠也監修。PHP文庫。2007年刊。
◐『火垂るの墓』野坂昭如。ポプラポケット文庫・ポプラ社。2007刊。     他