まつど朗読と読書の会(MRD)

  MRD(エム・アール・ディの略称・「まつど朗読と読書の会」)です。月一度、朗読への技法の向上を目指しながら、各自が文学書や新聞の切り抜き、童話、エッセイなどを持ち寄り、交流の機会をもつ集りです。年に一度、市民向けの朗読講座も開きます。ゲストの朗読者や読書・図書の活動者をお招きする月もあります。毎月、歓迎でお待ちしてます。
会費は月300円です。第2金曜の午前10時~12時まで、松戸駅前の市民会館か勤労会館でひらいています(3か月前に会場確定)。
2018年10月からスタートしましたが、一年経てば、朗読への初歩的な心構え、中級の発声技法を会得できるよう自己目標にしていきます。
毎回、{CDタイム}では、CD朗読の解説・鑑賞を行い、{本のリサイクル}では、不要になった本を自由に交換するコーナーもあります。

①自分自身の音読、輪読の自信だけでなく、会員発表会、地域活動、ボランティア活動での、朗読技法のノウハウは向上できます。
➁いろいろな朗読の会の紹介や朗読イベントの情報、読書や図書館の動きなど本好きでもある人の集りです。
③参加者の持ち寄る読み物やニュースの交流は、こころの広がりの機会にもなっていきます。
  1年単位で、チャレンジの機会にしてみてください。2年間で1期終了、修了証交付、担当役員改選。
 当,「まつどまなびぃネット」には、毎月1日付けで主に日程関係、20日前後に例会の報告や案内文を掲載するようにしてます。
 代表:佐藤孝逸。   世話人:☎/F 047-368-6380  メール:0359ufav@jcom.zaq.ne.jp  松尾

2021年07月01日

リーディング劇と朗読劇とのちがいは?『スマコ』ユーチューブで公開中、必見。月例会:7/9金(金)

 リーディング演劇『スマコ―それでも彼女は舞台に立つ』が上演されています。宮本亜門さんの脚本、主演を大和田美帆さん、ナレーターを津田誠治さん。You Tubeで無料公開中(年内)。60分。朗読の新しい演出。見れば、分かります!。写真➀はそのチラシ。

 当ネットの7/20付けで例会結果を紹介してます!
 ところで、"リーディング劇"って、なーに?。{台本を持って演劇するって、朗読劇と、どう、ちがうの?と、初歩的な疑問}。もう、10年以上前から、話題になってきているリーディング劇。"朗読劇は朗読から派生した劇、リーディング劇は演劇から派生した劇"と、言われてます。
 台本を持つ読み手は{朗読劇は朗読を劇にしたもので、本の内容を語るが、リーディング劇はキャラクターになりきって演技をする。ほとんど舞台劇であり、朗読劇よりは迫力があること、じゃあ、どうしてリーディング劇なんんてやるのか!}。
 7月例会では、こんな新しい形態の朗読劇?のジャンルを資料程度ですが、知ってみましょうか?。7/9金曜・10時~勤労会館です、300円/月、お待ちしてます。写真②は劇団『昴』公演のリーディング劇紹介写真からです。


 『リサイクルコーナー』での交換本には、こんな本が出されてます。ご自由にお持ち帰りください。当日、不用な本もお出しください。
⦿『レインコートを着た犬』吉田篤弘・2015刊・中央公論新社、⦿『8分音符のプレリュード』松本裕子・2008刊・小峰書店、
⦿『オートフィクション』金原ひとみ・2006刊・集英社、⦿『最高のリーダーは何もしない』森悦朗・2015年・宝島社、⦿『日本語「らしさ」の言語学』城生栢太郎・松崎寛・1995刊・講談社、⦿『老いへの身辺整理』斎藤茂太・2011刊・新講社、⦿『小説を書くための基礎メソッド』奈良裕明・2003刊・雷鳥社、⦿『鉄道員』浅田次郎・1997・集英社、⦿『1分間決断法』石井貴士・2014刊・SBクリエイティブ。他