まつど朗読と読書の会(MRD)

  MRD(エム・アール・ディの略称・「まつど朗読と読書の会」)です。月一度、朗読への技法の向上を目指しながら、各自が文学書や新聞の切り抜き、童話、エッセイなどを持ち寄り、交流の機会をもつ集りです。年に一度、市民向けの朗読講座も開きます。ゲストの朗読者や読書・図書の活動者をお招きする月もあります。毎月、歓迎でお待ちしてます。
会費は月300円です。第2金曜の午前10時~12時まで、松戸駅前の市民会館か勤労会館でひらいています(3か月前に会場確定)。
2018年10月からスタートしましたが、一年経てば、朗読への初歩的な心構え、中級の発声技法を会得できるよう自己目標にしていきます。
毎回、{CDタイム}では、CD朗読の解説・鑑賞を行い、{本のリサイクル}では、不要になった本を自由に交換するコーナーもあります。

①自分自身の音読、輪読の自信だけでなく、会員発表会、地域活動、ボランティア活動での、朗読技法のノウハウは向上できます。
➁いろいろな朗読の会の紹介や朗読イベントの情報、読書や図書館の動きなど本好きでもある人の集りです。
③参加者の持ち寄る読み物やニュースの交流は、こころの広がりの機会にもなっていきます。
  1年単位で、チャレンジの機会にしてみてください。2年間で1期終了、修了証交付、担当役員改選。
 当,「まつどまなびぃネット」には、毎月1日付けで主に日程関係、20日前後に例会の報告や案内文を掲載するようにしてます。
 代表:佐藤孝逸、世話人 :☎/F 047-368-6380  メール:0359ufav@jcom.zaq.ne.jp  松尾

2021年06月01日

朗読と演劇のちがいは?朗読劇ってなーに? 6/11(金)午前です

いよいよコロナワクチンの接種が始まり出しました。なかには、通いつけの医院からの手配で、一回目の注射をすませた方もおられます。6月例会は、勤労会館で6/11金曜・午前です。5/30(日)の市民劇場での{松戸市観光協会芸能部の集り}では、朗読の会『あえてよかった会』が、会員10数人で群読を発表しました(写真)。月一度、市民講座の修了生や市民劇団の中の朗読のメンバーが朗読とくに群読を学んでます。
  朗読というと俳優・舞台人が多いですね、何故ですかね?。今月は、ちょっと、朗読と演劇のちがいとは?、朗読劇とは?お勉強してみましょう!―音読と朗読のちがいは?に続き、朗読と演劇のちがいについて、発声の仕方から考えてみましょう。アニメ全盛になってからは、声優の方が目だってきました。外見的には、朗読者は台本をもって語ってます。俳優・舞台人は何かの役者として、役になりきって演じています。台本のセリフは役者の演技のなかに吸収されています。舞台と同じように登場人物を使い分けたり、地の文はどう読み分けたらいいのか、間の取り方はどうしたらよいのか、朗読と演劇との発声の仕方にはちがいがありそうです。話し合ってみましょう!。恒例の各人の自主発表も予定してますし、無料交換の「リサイクルコーナー」には、次のような書名が届いています。お待ちしてます(写真)。
  ◍『レッスン』五木寛之、◍『老人力』赤瀬川源平、◍『緋色の研究』コナン=ドイル:各務三郎訳、◍『絵になる子育てなんかない』養老孟子・小島慶子、◍『慣用句教室』・さくらももこ:川嶋優、◍『できる人の勉強法』安河内哲也、◍『老後ぐらい好きにさせてよ』野末陳平、◍『北斗の人』司馬遼太郎、◍『粗大ゴミ日記』白石真、◍『女子のお値段』さかもと未明、◍『書きだすことから始めよう』バーバラ・シエア:桜田直美訳、◍『国語の時間』竹西寛子、他。