まつど朗読と読書の会(MRD)

  MRD(エム・アール・ディの略称・「まつど朗読と読書の会」)です。月一度、朗読への技法の向上を目指しながら、各自が文学書や新聞の切り抜き、童話、エッセイなどを持ち寄り、交流の機会をもつ集りです。年に一度、市民向けの朗読講座も開きます。ゲストの朗読者や読書・図書の活動者をお招きする月もあります。毎月、歓迎でお待ちしてます。
会費は月300円です。第2金曜の午前10時~12時まで、松戸駅前の市民会館か勤労会館でひらいています(3か月前に会場確定)。
2018年10月からスタートしましたが、一年経てば、朗読への初歩的な心構え、中級の発声技法を会得できるよう自己目標にしていきます。
毎回、{CDタイム}では、CD朗読の解説・鑑賞を行い、{本のリサイクル}では、不要になった本を自由に交換するコーナーもあります。

①自分自身の音読、輪読の自信だけでなく、会員発表会、地域活動、ボランティア活動での、朗読技法のノウハウは向上できます。
➁いろいろな朗読の会の紹介や朗読イベントの情報、読書や図書館の動きなど本好きでもある人の織りなす集りです。
③参加者の持ち寄る読み物やニュースの交流は、こころの広がりの機会にもなっていきます。
  1年単位で、チャレンジの機会にしてみてください。2年間で1期終了、修了証交付、担当役員改選。
 当,「まつどまなびぃネット」には、毎月1日付けで主に日程関係、20日前後に例会の報告や案内文を掲載するようにしてます。
 世話人:☎/F 047-368-6380  メール:0359ufav@jcom.zaq.ne.jp  松尾健二

2020年10月20日

2年間一期を修了、11月から新規へ自己チャレンジへ

 10/9(金)午前中、勤労会館で2年間の講習期間が修了しました。発足時の17人には出入りがありましたが、11人が修了証を受け取りました。{自己目標、朗読と読書の研鑽}を修了したことになります。毎月、人前で朗読すること、こころがけて読む本を見つけること、なにより例会に参加していくことの積み重ねです。この日の発表内容は次のものでした。

 村木元厚生省事務次官が冤罪事件の最中に、いかに元気でいられたかのエッセイ(ハルヨさん)、御巣鷹山の日航機墜落事件から35年後の遺族のエッセイ(サトウさん)、言文一致の文学小説『破戒』(コバヤシさん)、12歳の女の子の願い(チズエさん)、新聞の切り抜きエッセイ
「男の子がくれた景色」(ミドリさん)、自宅を駄菓子屋にして心の交流のエッセイ(カツヨさん)、そして、1分音読の「次郎物語」(ケンジさん)ら。
 CD鑑賞は森鷗外の『舞姫』でした。苦境のなかでも、耐えていけるためには、好奇心をもって日々をみつめられることとか、健康のためには毎日1リットルの水を飲むのがいい!、一日30分は歩くことが体にいい、子どもには見守る場所が必要だ、等、朗読のついでにあれこれまつわる雑談も。修了証や各自持参の朗読のあと、来期2年間の役員の選出も、お互いさん!ということで交代や留任を決めました。来期は、もうすこし、文学の深堀を目指すことの意見もありました。次回は11/13(金)市民会館会議室です。新たな、2年間の自己目標での月例会になります。11月例会には、松戸市内で図書館活動をされている『おーい図書館』の青木和子さんをお招きします。ご興味のある方は、お待ちしています。