まつど朗読と読書の会(MRD)

  MRD(エム・アール・ディの略称・「まつど朗読と読書の会」)です。月一度、朗読への技法の向上を目指しながら、各自が文学書や新聞の切り抜き、童話、エッセイなどを持ち寄り、交流の機会をもつ集りです。年に一度、市民向けの朗読講座も開きます。ゲストの朗読者や読書・図書の活動者をお招きする月もあります。毎月、歓迎でお待ちしてます。
会費は月300円です。第2金曜の午前10時~12時まで、松戸駅前の市民会館か勤労会館でひらいています(3か月前に会場確定)。
2018年10月からスタートしましたが、一年経てば、朗読への初歩的な心構え、中級の発声技法を会得できるよう自己目標にしていきます。
毎回、{CDタイム}では、CD朗読の解説・鑑賞を行い、{本のリサイクル}では、不要になった本を自由に交換するコーナーもあります。

①自分自身の音読、輪読の自信だけでなく、会員発表会、地域活動、ボランティア活動での、朗読技法のノウハウは向上できます。
➁いろいろな朗読の会の紹介や朗読イベントの情報、読書や図書館の動きなど本好きでもある人の織りなす集りです。
③参加者の持ち寄る読み物やニュースの交流は、こころの広がりの機会にもなっていきます。
  1年単位で、チャレンジの機会にしてみてください。2年間で1期終了、修了証交付、担当役員改選。
 当,「まつどまなびぃネット」には、毎月1日付けで主に日程関係、20日前後に例会の報告や案内文を掲載するようにしてます。
 世話人:☎/F 047-368-6380  メール:0359ufav@jcom.zaq.ne.jp  松尾健二

2020年10月01日

自分の声を確かめに、切り抜き持参を10/9金・11/13金・12/11金例会へ

 毎月の例会は、第2金曜・午前10:00~12:00です。会費は300円です、軽くアエイウエアオの発声練習をします。そのあと、当番の方が朗読発表をおこないます。ときには、ゲスト講師の朗読指導や読書界の情報発表をおこなってます。一息ついてから、出席メンバーの持ち寄りの新聞切り抜きや小説・名作の読後の自己発表です。集団による他人任せになることなく、各自ひとりひとりが黒板の前で、作品発表をキチンと積み重ねていく機会です。自主目標を活かします。CDによる名作朗読コーナーもあります。10/9(金)勤労会館、11/13(金)市民会館、12/11(金)勤労会館の各会議室で例会を開きます。
 残念ながら、退会される方もおられます―"秋晴れの続く日になりましたが、如何おすごしでいらっしゃいますか。私、コロナ期間中、欠席が多くなりました。本来なら出席したいのですが…。心筋梗塞で感染症リスクもありまして、夫婦高齢でもあり自粛を心掛けております。ここで、一旦、休会し、改めて、お世話になりたいと思います。いつも、朗読・読書・一般記事などとても楽しい時間をいただきました。…"Ⅰ/m.
 それぞれの、ムリのない時間の過ごし方であってほしいことです。