まつど朗読と読書の会(MRD)

  MRD(エム・アール・ディの略称・「まつど朗読と読書の会」)です。月一度、朗読への技法の向上を目指しながら、各自が文学書や新聞の切り抜き、童話、エッセイなどを持ち寄り、交流の機会をもつ集りです。年に一度、市民向けの朗読講座も開きます。
会費は月300円です。第2か第3金曜の午前10時~12時まで、松戸駅前の市民会館か勤労会館でひらいています。
2018年10月からスタートしましたが、一年経てば、朗読への初歩的な心構え、中級の発声技法を会得できるよう自己目標にしていきます。

①自分自身の音読、輪読の自信だけでなく、地域活動、ボランティア活動での、朗読技法のノウハウは向上できます。
➁いろいろな朗読の会の紹介や朗読イベントの情報、読書や図書館の動きなど本好きでもある人の織りなす集りです。
③参加者の持ち寄る読み物やニュースの交流は、こころの広がりの機会にもなっていきます。
  1年単位で、チャレンジの機会にしてみてください。
 当,「まつどまなびぃネット」には、毎月1日付けで主に日程関係、20日前後に例会の報告や案内文を掲載するようにしてます。
 代表:☎/F 047-368-6380  メール:0359ufav@jcom.zaq.ne.jp  松尾健二

2020年02月01日

2月の集りは2/21(金)午前、市民会館です、3/13,4/17、5/15各金・市民会館です

 月例会の日程・場所は、2月は21日金曜午前10時~12時市民会館会議室201です。3月13日も同じです。4月は17日と5月15日も同じ時間の市民会館会議室です。4月・5月とも101会議室です。2月~5月はすべて市民会館会議室となります。
9月には、一般市民の方々に{初歩・中級の朗読講座}を須藤美智子先生の講師の下で、開催予定です。3回の講座で"作品朗読"を仕上げるプランです。8月下旬の松戸市広報で募集予定です。

松戸市立図書館では『図書館員のおすすめする一冊』(A4/33ページ。令和元年度版)を配布しました。本と図書館・人生を考える・世界を見る・政治と社会・自然と生き物・技術と暮らし・商業・芸とたのしみ・ことば・詩と文学・日本の小説・ノンフィクション・海外の小説、といった分野別で5~10冊の本を紹介しています。一行づつのキャッチコピー風の紹介の仕方がうれしくなる。"こちらもいかが?"と関連本まで、ていねいな内容が立派でおもしろい。例示{商業}-〘お気に入りの広告コピーをみつけませんか?『ずっと読みたい0才から100才の広告コピー』〙。〘聖地巡礼ビジネスのいまを追う『巡礼ビジネス ポップカルチャーが観光資産になる時代』〙。


"例会へ、ちょっと、のぞいてみませんか?お待ちしてます。掲載写真は、『北上川』(写真集)・橋本照嵩著から。