地図を片手にぶらり旅

平成25年2月の松戸市公民館成人講座で『地形図から地域の歴史を学ぶ』(藤澤進三先生)を受講、感銘を受けた講座受講者5名が発起人になり当会を立ち上げました。

目的は地図を片手に散策しながら地形・地理など自然環境を学び、地域の歴史や文化を楽しく学ぶ会です。
25年度は10月に「地図に学ぶ地域の歴史」(藤澤進三)として4回開催しました。

座学で予習、松戸のなま街道と内神田・日本橋北を現地踏査、最終はまとめで『水路を利用した江戸の町づくり』を学びました。

今後会員を増強、回数を増やし、参加者と共に学び、市民自主企画講座を開催し『学べる松戸』の魅力作りを進めたいと思っています。

☆メンバー募集中:歴史・地図に興味をお持ちの方は、是非ご一緒に活動しましょう。

2019年03月28日

2019年3月の行事お知らせ

『桜の音無川と史跡巡り』

月 日 3月29日(金)  JR王子駅中央口    9:30 集合
               都営三田線新板橋駅 15:00 解散予定
コース 北とぴあ ⇒ 王子神社 ⇒ 音無親水公園 ⇒ 旧醸造試験場第 一工場跡 ⇒ 正受院 ⇒ 音無さくら緑地 ⇒ 金剛寺 ⇒ 滝野川城跡 ⇒ 中央公園(昼食)⇒ 寿徳寺 ⇒ 加賀藩下屋敷跡 ⇒ 新板橋駅

 将軍吉宗に愛された王子音無川は、「江戸名所図会」や広重の錦絵に代表されるように、石神井川の風光明媚な場所でした。石神井の水は製紙工場や醸造試験所を造り、今は隠れた桜の名所として人々に親しまれています。
今回は北とぴあ17階より飛鳥山公園の桜を展望し、音無川を板橋まで遡り桜を愛でながら周辺の史跡を巡ります。
ご近所探訪会員の皆さんと共に巡ります。
昼 食  弁当持参 
参加費  @500

 □ お問合せは 080-1152-1427 村上雄一郎まで