牧馬会

「牧馬会(まきうまかい)」は平成24年度ふるさと発見創造講座の受講生が結成した会です。
周辺の市町村に比べ特に都市化の進んでいる松戸に、むかし牧場があって多数の馬(野馬)が放牧されていたことを知り、その牧はどういうもので、なんのために野馬が放牧されていたのか、そしてその野馬はどこへ消えたのか、という疑問からスタートしました。
会の仲間はただ歴史が好きな人、現地案内の得意な人、聞き取りが上手な人、交渉ことがうまい人、そして馬(競馬?)に詳しい人などなど。

2019年04月17日

五香駅周辺の野馬土手と御立場跡散策

金毘羅神宮の森を出て御立場跡のある五香公園へ向かいました。

さて将軍は鮮魚(なま)街道(お成り道)からどう御立場に向かったのでしょうか。明治42年の測量図には現在の国分川の支流(源流)が鮮魚街道まで迫っていて、その少し手前に鹿見塚(御立場)があります(図①)。想像を膨らましてみました。この川の脇を通って御立場に向かったのではないでしょうか。松戸南郵便局に向かう中央通りを歩いてみました。確か御立場に川が入り込んでいる浮世絵を見たような気がします。

五香公園には御立場跡の碑石が立っています(図②)。昭和15年に松戸飛行場が出来たとき離着陸の邪魔になるということで御立場は取り除かれてしまいました。高さは10m、頂上には15m四方のお座所跡になっていたと、碑の裏に文字が刻まれていました。公園の中央に小高く土がもってあります。御立場のミニを作ったそうです(図③の左)。