ひこばえ俳句会


俳句を作ってみませんか。

楽しみながら、俳句の作り方や決まり事を覚えましょう。初めての方には講師が全句添削を行います。繰り返し参加していると、自然と俳句の基礎が身に付きます。
当会は自主勉強会です。松戸市の教育i委員会の認証団体で、俳句の結社には属していません。今年で、設立30周年になります。現在の講師は三代目先生で女流俳人で俳句結社「鴻」の編集長の谷口摩耶先生をお招きしています。

先ずは句会を見学しよう。

初めての方、初心者の入会をお待ちしています。会費は月2000円です。入会費1000円以外は不要です。句会は毎月第一、第三木曜日の午後一時から午後四時まで。矢切公民館の会議室で開催されています。当然見学は無料ですが、作品集の準備が必要ですので、電話で事前に申し込みが必要です。

(連絡先)  
 松田幸子 (電話) 047-362-5770
 水田征男 (電話) 047-343-8422 (携帯) 080-5688-0711
 横手直人 (電話) 047-369-1685 (携帯) 080-2040-6641

2019年04月05日

平成三十一年四月四日 句会(第六百十八回)作品集

堅香子の花に触るるをためらひぬ       摩耶
此の先も矢切の暮し諸葛菜           幸子
花冷えの雨やとろりと豆煮えて         寿美恵
これ全て兄弟姉妹蝌蚪の紐           征男
三人の日取り決まらぬ花見かな         さくら
洗礼名ヘレナの忌日花ぐもり           冗
初花を映して澄める潦               自游
春雷や玉三郎とすれ違ふ             和枝
辛夷咲き雲と白さを競ひけり           好子
一斉に開く弁当花の下               正紀
春光や窓を開いてヨガポーズ           五十枝
花菜風仕立て直しのシャツ羽織り        忠郎
春の灯や階下に妻の気配あり          直人
さくらさくら乾く布巾に日の匂ひ          潤子
春の汗現在位置を確かめる           亜矢子
花一輪朝日を浴びて艶やかに          富枝