松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書部会・みなづき古文書会・松史会・中世東国の講読会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12p)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
但し、21年度は、継続会員の一般会員は1500円、家族会員は2000円とします。
◎会員数(1/1現在) 227名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194


2021年03月12日

中世の会:下総国府中・千葉氏の経済事情・『中世を読み解く』3月例会報告 №444

 3月例会の「中世の会(中世の講読会)」は、3/12(金)に、市立博物館自習室で開かれました。半数12人の参加で、『市川市史』の{鎌倉期の千葉氏の政治のしくみと支配下の住人たち}を読み進めました。(250p~258p)。輪読担当のHさんが、用意した資料を説明しながら、鎌倉時代中期の千葉氏の統治のありさまと当時の不安定な社会を紹介していきました。「千葉氏16代の変遷」の説明をGさんの説明もありました。
  {鎌倉中期の千葉介である千葉頼胤(よりたね)は、ほぼ確実に市川にいた。その統治の有様を、おもに『日蓮遺文紙背文書』から明らかにしてみよう。…文筆官僚である富木常忍(とき・じょうにん)のもとに集められた千葉氏の在地支配に関わる文書…鎌倉時代の豪族クラスの武士の支配をうかがえるまさに希有な史料}という。訴訟、実務、財務や日蓮との関連へと。千葉氏は東北から九州に至る全国からの所領の、各代官や一族、さらに京都の大番役や御家人役への負担をめぐる内容。{千葉氏の経済は、重い負担により火の車であったらしい}と。元寇の国難の鎌倉時代中期、武士階級にも"高利貸の存在"は必要な事だったこと、取り立ても九州まで行っておこなわれるほど、相当なことも知ることでした。
   一方、千葉氏の支配下の住人たちは、"世の中、餓死極まり無し"のなか、{千葉氏の法廷に持ち込まれた訴訟として目に付くのは、借財を返却できず、百姓から転落して下人(げにん)身分に身を落としたりする人々の姿である。…「なかたの住人(成田市、進士入道しんし・にゅうどう)」は、年貢の未進分に姥・子二人・下人一人を売り14貫文の銭を捻出する始末であったが、それでも責められるので、自身が姫御料の下人にとなることを選んでいる}と悲惨な例示。
  丹念に解説を続けたTさんは、まとめに『中世を読み解く』(石井進・著)のなかから、この{なかたの住人}の一節を読み上げていきました―
  {…なんといってもここ長田郷は千葉殿のご先祖からの御領であり、住人としてこの地を離れて諸方に流浪するなど耐え難いので、どうか功徳と思召して、これまで召し上げられた家族の人質はじめ家財道具類は何とぞお返しいただきたい。そして私がこの地でずっと暮らしてゆけるよう、安堵してほしい。もしそうしていただけるなら、私は喜んで千葉殿の姫御料(お姫さま)の従者として御奉公したい。どうかこの旨をご主人の千葉殿に申し上げて御許可を賜りたい。くれぐれもお願いいたします。}今日の参加者には、"中世という時代を実感できた!"との声もでました。
 次回4月例会は、4/9(金)13:30~学習室、毎月第2金曜午後。「日蓮の往来と富木常忍」。会員募集中です。