松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 249名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2020年04月03日

会員からの紀行文:南房総・洲の崎神社・洲崎灯台・みのこ踊り紹介

  追記:松戸市立博物館は、4/1より一部再開しておりましたが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、4/7より当面の間(一応5/7の連休明け)、全面的に臨時休館となりました。-4/7付。友の会の4月中の行事はすべて中止、5月総会も中止、6月中の見学会も中止します。コロナウイルスの拡大は、4月の友の会活動もすべて中止です。
  会員の方も既に旅行された地域かもしれませんが、敢えてミニ紀行を報告します(コロナ感染以前です!)。
 南房総へ最近一周してきました。JR船橋駅から君津駅で乗り換え、館山行きまでの普通電車。窓際から凪いだ東京湾をのんびりと眺めながら、3時間ほどで館山駅に着きました。曇っていたたため、富士山を眺めることは叶いませんでした。駅前の小さな食堂では、昼前からワンカップを傾けているお客もいました。南房パラダイス行きのバスで、目的地の「洲の崎神社」へ向かいました。
 途中、「館山城」には城山公園前で下車、「国立館山海上技術学校」は会場技術学校前で下車です。技術学校は中学校卒業者を対象に、船舶を運行できる船員を3年間、養成する国立の学校です。全国では小樽・唐津・口之津(長崎)・館山の4校です。洲崎灯台前の次が洲の崎神社前です。
 「洲の崎神社」の本殿は、急な石段を148段昇ったところにあり、境内からは東京湾の先に三浦半島が良く見えました。天気がよければ富士山が見られる。貨物船が何隻も往き来していました。{神武天皇の御代、安房忌部一族が勅命により、四国の忌部一族を率いて房総半島を開拓され、忌部の総祖神「天太玉命(あめのひりの みこと)の后神「天比理乃咩命(あめのひりの めのみこと)を祀った」のが当社。神社の祭りに奉納される「みろく踊り」と「かしま踊り」の二種類は、「みのこ踊り」と呼ばれ、海の安全を司る鹿島の神に関係しているそうです(案内板)。
  「かしま踊り」は、鹿島の神人(じにん)が一年の豊凶を告げて歩く「事触れ(ことぶれ)」に由来するもので、悪魔払いを目的にしています。「みのこ踊り」は、県指定無形民俗文化財、世直しを願う念仏踊りの系譜にあたり、弥勒が遠い海の彼方から訪れ、富や豊作をもたらすという内容になっています。洲崎灯台は、太平洋側を外房、東京湾側を内房という境になります。館山から鴨川行きの電車では、小林幸子、かたせ梨乃、イトウアサコ、堀田アカネといった女優さんらの撮影隊と一緒になりました。同乗していた女子高生も喜んでいました。泊りは鴨川でした。今回は、途中下車は一か所、南房総周遊をつつがなく終えました。―平野正敏会員