松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 240名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年06月24日

講演会報告:{認知症の真実(三好春樹氏)}と{紙芝居の底力(三橋とらちゃん)}

 6月24日(月)午後、松戸市馬橋東市民センターで「95%の介護・医療職さえ知らない―認知症ケアの秘密」と題した講演会が開かれました。約60人の介護職や一般市民の方が参加しました。主催は中和倉にある「住宅型有料老人ホーム・かぜのおと」でした。前半は、認知症ケアーの現場に関わって40年という三好春樹氏・生活とリハビリ研究所でした。後半には、紙芝居の実演をとらちゃん・三橋とらさんが熱演されました。
   三好春樹氏は、ご自分の数多くの職歴(12回?)の経験後、たまたま声のかかった広島でのキリスト教系の介護施設で働くことになる。そこから、{「介護とは?」と実践的なテーマを、深めていくことになった}そうです。すでに、著書として『介護のススメ(筑摩書房)』、『関係障害論(雲母書房)』、『認知症介護(雲母書房)』、『実用介護辞典(講談社)』などで持論を展開されてきています。
  {医療・医学の目的は、体の病気・病いについて、その原因をみつけて治す!というのが使命できています。しかし、老いや死については限界があります。認知症については、治すということより、そのひとがもつ障害のなかで、どう暮らしていけるか?介護はそのひとの人生とどう共生していけるかなのです。高齢者施設でも、夜中に徘徊したり、奇声をあげたり、寝られないひとが多くいます。ひとりひとりの状況をみたり聞いたりしていくと、便秘のせいであったり、過去の陰惨な経験がよみがえったり、と本人が言葉で表せない形で症状をみせていることに気づかされます。
  見て、感じて、想像して、判断していく、100人100様です。PTSD(心的外傷・ストレス症候群)の場合では、人前でちゃんと経験を話せたり、思いっきり泣けるとか、笑う、歌う、踊るなどの行動によって、治っていくようです}。具体例をあげては、そのトラブル例を解決できた実例を豊富に述べられていきました。認知症という人間にしかない症状が、脳がつくった精神の世界、過去・現在・未来への断絶感覚について、医療や薬によることでは解決できない事実を指摘されていきました。
  東京都荒川区出身の三橋(みはし)とらさん(芸名です)は30代の劇団員の女性でした。{紙芝居というのは、日本にしかない文化であって、強弱・テンポ・画面進行を自在にできるメリットがある!}と、強調。高齢者には、『金色夜叉』が好評で、昔の若いころをお互いに思い出しては,話しに盛り上がるそうです。ここでは、さらに『続・金色夜叉』を披露される。参加者も固唾を飲んで、興味へ。
  さらに、老人の自叙伝を聞き出して、紙芝居化することによる効果―取材過程での人間関係の深まり、発表による関心の高まり、本人だけでなく家族にもまわりにも、効果のある介護方法とのつながりを披露されました。 (松尾・記)