松戸市立博物館友の会


 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果・各種情報を紹介。
(1)学習部会(古文書部会・みなづき古文書会・松史会・中世東国の講読会・はたくさの会・まつどを知る会)を主宰、参加し楽しく学びます
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)を主催、参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月A4・12p)発行、近隣館情報(会報付録)発行、会の活動「ネット」(週1回)発信。会員は情報、学習成果の発表、こだわり趣味などを披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 216名

12月9日講演会の申し込みは   https://sites.google.com/view/tomonokai2026

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194


2022年10月07日

太平の里: 足利・新田バス見学会報告 参加37人 10/7(土) *ウエブ紹介あり

  秋雨のなか 太平記の里 足利・新田の荘を廻る。往路のバスの中 まずは 歴女のガイドさんの 歴史語りに こころ 躍る。
続いて 『新田氏は なぜ 足利氏に 負けたのか』についての 深い洞察を 聴き 本日 見学予定地を 新田氏の系図と重ね 隈なく チェック。
新田荘に着いた頃には 心は すっかり 太平記気分。ボランティアガイドの出迎えをうけ 長楽寺歴史公園を散策。


  金龍寺では 雨の中 険しい石段に挑戦 新田義貞の供養塔を拝み 本堂にて ご住職の解説に しばし 頷く。
100名城のひとつ 山城の雄 金山城跡を 2手に分かれ 山頂 新田神社をめざす。足元の悪いなか 山城攻略の難を いくばくか 味わう。
最終見学地 足利学校と鑁阿寺へと向かむ車中 足利学校クイズ厳選10問にチャレンジ。
質疑・応答の中 足利学校の見学ポイントが おのずから ウオーミングアップ。 足利学校 三千の学徒の痕跡を巡る。
鑁阿寺(ばんなじ)は 足利氏 発祥の地 ボランティアガイドの 説明に 往年を偲ぶ。
  大河ドラマ太平記の遺産 太平館にて お土産を 各自 買い求め 帰路に就く。  定時の到着に 安堵がひろがる。                                                                                 

   見学会の様子は https://sites.google.com/view/tomonokai2025 を ご覧ください。     F記