松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 249名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2020年06月05日

5月総会の資料配布終了、郷土玩具展は6/21(日)まで延長へ

 6/2から市立博物館も展示場など再開されました。友の会の活動も、実習室を入場制限のなか順次再開しだしました。コロナウイルスの感染拡大で4月・5月と博物館の休館とともに、友の会も休会でした。5月に予定した{書面決議による定例総会}の資料を、6/2付けで全会員に郵送配布をすませました。昨年度の事業報告・決算報告、今年度の事業計画や会計予算の議案です。会員数は220人余、決算168万円、予算171万円、20周年用積み立て特別会計112万円等の内容です。6/20までに同封ハガキで回答を求めています。
 岡田啓峙会長から:コロナウイルスの感染拡大に伴い、緊急事態宣言が出され、友の会としては、会員みなさんの安全・安心を優先しました。今後、早急に態勢を立て直し、正常に戻さなければなりません。まだまだ時間が必要であります。今後の状況を見ながら、リスクのない活動から再開いたします。

 松戸市立博物館:館蔵資料展『郷土玩具―人と動物のかたち』(4/25~6/21,終了を1週間延長です)
 「郷土玩具」ということばは、新しい用語です。江戸時代から張子(はりこ)の人形や木製品がおみやげとして売られ、零細な地場産業でした。脚光を浴びるようになったのは、明治時代の後半から、都市に住むインテリ層でした。趣味の会を組織して会誌で紹介していきました。天下国家を論じるものとは無縁の世界を築くこと、「無用の用」という美学は、一種のレジスタンスだった。「ひなびた味わい」ということばは、都市から地方をみたときの特定のイメージを表しています。―会場あいさつ文の略文。市民からの寄贈品からだそうです。(会場の写真)

 写真3は、近隣の葛飾区水元公園のことしの菖蒲園風景です。満開ですが、コロナ対策の為、散策用の木道への入園は出来ません。恒例のお祭り・のど自慢・陶器市は中止です。売店は営業しています。北小金の本土寺は、菖蒲と紫陽花が咲いてます。この時期は入場料500円(中学生以上)です。