松戸市立博物館友の会


 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果・各種情報を紹介。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書部会・みなづき古文書会・松史会・中世東国の講読会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12p)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味などを披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 216名

見学会サイト   https://sites.google.com/view/tomonokai2021

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194





2021年12月01日

古墳時代「家形埴輪(いえがた・はにわ)をよみとく」:望月幹夫館長/講演録 9/19

 9/19(日)、秋晴れの一日でした。市立博物館では、午後から館長講演会として、望月幹夫館長から「家形埴輪をよみとく」の講演会がありました。なお、市民向け講演会:友の会20周年記念{徳川昭武と渋沢栄一 ドラマの背景を探る—1867年パリ万博を中心に―}斎藤洋一氏・TV大河『青天を衝け』時代考証担当。1月14日金・14時~16時、森のホール小ホール、無料。150人。参加申込先→ https://sites.google.com//view/tomonokai2023 こちらにもご参加ください。

 はじめに"埴輪(はにわ)とは何か?"という概略の説明。埴輪は3世紀後半から、7世紀末までの400年余り、古墳に立てられた祭祀用土器品であった、とのこと。{埴輪は円筒埴輪と形象埴輪に分類され、形象埴輪はさらに、器財埴輪、家形埴輪、動物埴輪、人物埴輪に分けられる。円筒埴輪は、初期の頃から古墳時代の最後までみられる}とのこと。{4世紀になると、器財埴輪(盾・蓋など)、家形埴輪、動物埴輪のうち鶏・水鳥が現れる。人物埴輪が現れるのは5世紀後半と最も遅い}と。なお、『日本書紀』には、埴輪は殉死の代わりに作られるようになった、という記述があるが、実際には円筒埴輪が最初に作られ、人物埴輪は最後に現れたので、『日本書紀』の記述には誤りがあることになる。

家形埴輪(いえがた・はにわ)について、古墳時代前の弥生時代の家形土器とは、どこがちがうのだろうか?。弥生時代の家形土器は、次の年のための稲籾を保管しておく「容器」と考えられ、葬送儀礼用の埴輪とは区別されるとのこと。
 埴輪の家を考える時には、鏡に描かれた家が参考になる。奈良・佐味田宝塚古墳から出土した鏡「家屋文鏡」には、高床住居・平地住居・高床倉庫・竪穴住居が描かれ、高床住居と竪穴住居の入口には、高貴の地位者を表す傘がえがかれている}との写真・資料の説明。鏡に描かれた家と埴輪の家と、どこが同じでどこが違うのか較べてみるのも面白いかも。
 家形埴輪が古墳のどこに置かれたか?というと、4世紀の前方後円墳の例では{後円部の中央を掘りくぼめて被葬者を安置して埋め戻した後、周囲を円筒埴輪で方形に囲い、その内側に各種の家形埴輪を置いた}と、実例紹介が続く。この家形埴輪が大切そうに並べ置かれている理由は?{生前の住居をあらわしているのか?、死後の世界での住居をあらわしているのか?}と。その後、埴輪の種類が増えてくると、形象埴輪の置き場所が墳頂部から墳裾部に移ってくる。
 各種の家形埴輪の中に、「囲形埴輪(かこいがた・はにわ)」と呼ばれる埴輪がある。塀をぐるりと鍵形に回し、出入口を一か所設けたものだが、これがどんな建造物を表しているのか謎だった。研究の結果、水に伴う祭祀を行う施設らしいということがわかってきた、という興味ある例示。
 {6世紀に入って、朝鮮半島から横穴式石室におよる埋葬方法が入って来た}と。それによって、形象埴輪(けいしょう・はにわ)の置き場所も、墳丘の上から石室の入口付近に変わってくる。「大阪・今城塚(いましろつか)古墳」のような大型の前方後円墳では、墳丘を囲む周濠の外に作られた区画に形象埴輪がならべられた。関東では、6~7世紀の古墳に埴輪がたくさん並べられたが、人物・動物・器財が多く、家形埴輪は首長の住む家くらいになってしまう。{松戸の栗山古墳は6世紀で、人物・馬・器財などの埴輪が出土しているが、これらの埴輪は群馬の埴輪に似ていて、群馬で作られて松戸まで運ばれてきたものと思われる}とのこと。
 最後に、「家屋文鏡」に描かれていた竪穴住居を模した埴輪が、宮崎・西都原(さいとばる)古墳から出土している。重要文化財になっている有名な埴輪であるが、竪穴住居を模した埴輪はこれだけである。これも家形埴輪の大きな謎であるそうだ。(聞き手・松尾)(◎も)