松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書部会・みなづき古文書会・松史会・中世東国の講読会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12p)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
但し、21年度は、継続会員の一般会員は1500円、家族会員は2000円とします。
◎会員数(1/1現在) 227名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194


2021年03月21日

近隣館情報から:80年代日本映画・建築折り紙・昭和の健康予防展・大タイガー立石展・『かいづか』98号

 千葉県知事の選挙も終わり、首都圏の新コロナ自粛制限も解除へと、春四月にむけて、用心しながらも明るい話が出て来ています。市立博物館も協議会を開催してチャレンジの歩みを進めています。とくに、『まつど文化のMORI』という若々しい活動は注目です。{松戸市立博物館+21世紀の森と広場+森のホール}の三つの「公園+博物館+ホール」3施設がそろっての、"この指とまれー"は、新しい文化/健康へのアクティーな楽しみになります。パンフレットやネットをご覧になって、この三か所めぐりをひと歩きしてみてください、おすすめします!。
 恒例の近隣館情報です。新コロナ感染の防染のなか、当会へ御案内・パンフレットをいただいてます。
『1980年代日本映画・試行と再生』国立映画アーカイブ。2/16~5/5。消費社会が到来した1980年代。あなたはみましたか?『泥の川』(もはや戦後ではないの文字が踊った1956年を舞台に、安食堂を営む一家と船上生活者一家との交流を描く。小栗康平の監督デビュ-作)。他40作。この機会に東京駅八重洲口10分へ。☎050-5541-8600。
『オリガミ・アーキテクチャー・一枚の紙から世界の近現代建築を折る』ギャラリーエークワッド。4/9~6/3。
一枚の紙に切り込みを入れ、折り、立体の建築を再現します。子どもから大人までが楽しめる、80点の現代建築折り紙を
紹介します。無料。江東区新砂1-1-1。☎03-6660-6011。
『丈夫なからだで病を防げ!健康づくりと感染症予防』昭和館。3/13~5/9昭和における{健康・からだづくり}を戦時体制の頃}から、戦後の{食糧難と栄養改善}を見直してみます。昭和館に一度きてみてください。無料。千代田区九段下。☎03-3222-2577。
『大・タイガー立石展』千葉市美術館。4/10~7/4。立石紘一(1941-98)。絵画、陶彫、マンガ、絵本、イラスト、のジャンルを独創的な世界を展開。和製ポップ・アートのさきがけとして注目された。没後20年。千葉駅から15分。☎043-221-2311。
『かいづか』98号―市川博物館友の会。会報の紹介です。毎月、A3二折りの4面スタイルの会報を送付。年数回の20ページ建てのパンフレットの報告会報。「堀之内貝塚での個体人骨発見の波紋」堀越正行・「棚ぼた学芸員の記録」山路直充分・「友の会入会と江戸城を巡る~城門と石垣」椎名栄一、他。 *毎月の行事案内をありがとうございます。
写真➀チラシ類、②千駄堀の坂にて、③六間川の桜。