松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 249名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2020年06月14日

会員から:美濃土人形の歴史と生産地(平野会員)・幕末のパンデミック(Ⓣ会員)・江戸博再開(k会員)

  市立博物館も一部再開されましたが、実習室の利用にも人数制限があり、友の会の活動も見学会はすべて見直しです。講演会も中止が続きます。学習部会のうち、中世部会(中世の東国講読会)は7/10金に2グループに分かれて再開します。その他の学習部会は中止か再検討という状況です。市博は、6/22月~29月は、整備期間のため休館です。以下、会員からの紹介記事です。

美濃土人形の歴史と生産地:6/21日まで市立博物館では、『郷土玩具』資料展が開催されていますが、関連しての報告です。土人形の歴史は京都伏見人形を源として考えられる。伏見人形は文化文政時代(1804~1830)から製作されていたと言われる。名古屋、犬山、碧南市を中心とした三河土人形は、伏見土人形の影響を受けて、いずれも江戸時代末期の天保~安政(1830~1860)ごろから製作されてきた。美濃土人形は、明治20年ごろから、三河型土人形が多く、時代が下がるにつれてニスを塗らない犬山型土人形(尾張型とも)が多くなてきた。美濃土人形の特徴は、・土は上質の白粘土を使い、薄くて軽い。・彩色は淡彩で嫌味がない。色は、金、銀、黒を多く使う。凹凸が少なく彫リが浅い。・動きの少ない直立型の人形が多い。製作地は、東濃地方に限られており、大正時代を中心に多くの作者、作品を生み出してきた。なかでも、瑞浪市土岐町市原地区は、集落70軒のうち50軒が土人形を製作し、市原人形として全国にその名を知られる。以上、亀山正巳氏の中山道ひし屋資料館講演会から引用。―写真②は展示中№278の「犬山人形桃太郎」、平野正敏会員から

●幕末のパンデミック―コレラの大流行と江戸:近号『月刊浅草』高倉昌弥著。…『東京市史稿 変災篇』では、嘉永6年(1853)、米国軍艦ミシシッピー号が中国から患者を乗せて、長崎に来着したのちコレラの流行が始まったとしています。ペリーが率い、浦賀に来航した黒船4隻のなかの1隻。安政5年(1858)の江戸におけるコレラの大流行は、武家方2万2554人、町方1万8680人計4万1234人の死者数。命の救済と経済的救済の二点が、幕府の施策へ。…町方に対し、貧民に限って救済措置が為され、男女54万人余に、男一人5升ほど、女3升9合、金高にして6万両を拠出したという。信仰やまじないの力で病魔退散を図ろうとしたとか、諧謔味のある戯れ歌も忘れずに詠んでいた。―Ⓣ会員から。

●江戸東京博物館も一部再開:特別展『奇才 江戸絵画の冒険者たち』は6/21日まで公開。「発掘された日本列島」は8/3まで最新の歴史遺物の紹介。常設展・図書室・映像ライブラリ・レストラン・ショップは再開。ガイドボランティア・えどはく寄席・ミュージアムトーク・ふれあい体験教室は休止。同友の会としては、セミナーや古文書講座など再開したいが、ホールや会議室の人数制限で検討中。☎03-3626-9974。国立上野博物館・国立西洋美術館は企画展は予約制です。―kunisada会員から