松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 240名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年09月13日

最新9月会報:『縄文貝塚・貝の花遺跡展』10/5~・新会員向けイベント10/25

 友の会報9月号(111号、A4・12ページ)を発行し、ほぼ配布を終了しました約300部が『近隣館情報』(約30館分紹介)も同封し、全会員・教育委員会系・近隣館などへ配送されました。入手ご希望の方は、参考にお送りいたします。
  今月号の内容は、以下のような内容です。
◍館蔵資料展予告『縄文貝塚・貝の花遺跡』10/5~11/24、月曜休館、無料。
ひとこと「貝の花遺跡の見どころ」大森隆志学芸員。
◍部会報告{中世の東国講読会ー東国の武士の気質を読み解く}木内克佳会員。
◍バス見学会の報告「神々が宿る風光明媚な裏日光を巡りました!」6/6、36名、金坂十九雄・井上明子会員。◍徒歩見学会の報告{成田の祇園祭を見学しました!}7/7、36名、吉崎祥一郎会員。
◍新入会員向けオリエンテーション開催へのお知らせ―10/25(金)13:00(訂正済み)~16:30。
◍新規講座「和綴じ製本」を無事終えて―高田多規夫会員。
◍エッセイ{戦中・戦後の思い出&博物館との出会い―私の松戸シリーズ➀}増田寛市会員。◍徒歩見学会募集(会員限定):10/16(水){大宮氷川神社周辺を歩く}。
◍バス見学会(会員限定):11/14(木){戦国を駆け抜けた武将・後北条五代の居城・小田原城を訪ねる}。◍徒歩見学会の予告(会員限定):{城下町"館林"を歩く}、(同一内容)12/7土・12/12木、11月号会報にて詳細。
◍子どもたちとのあそびインストラクター募集。
◍博物館行事・講演会予定(講堂、いづれも無料、13:00~)
➀9/29(日)「古代の住宅事情」望月幹夫館長(往復ハガキ又はweb)。
10/12(土)「房総半島からみた江戸時代の松戸市域」土屋雅人氏(千葉市立郷土博物館),先着80名。
◎10/19(土)「新しい貝の花遺跡」大森隆志学芸員、先着80名。
④10/26(土)「縄文の美を楽しむー海辺の縄文文化」井出浩出氏(東京国立博物館)、先着80名。
⑤11/4(月)「eco生活事始め―考古資料から見た上手な資源の使い方」上森英明氏(千葉県教育振興財団)、先着80名。
⑥◎11/17(日)「お江戸の事件と錦絵・鯰絵が走る」富澤達三学芸員、先着80名。
◎印は、友の会共催です。写真1は、9/16で終了する{こどもミュージアム}での当会ボランティア活動。写真2は、同会場での着付けコーナー。写真3は、9/13夜の徳蔵院・{10年目を迎えた月見のイベント}-住職は当会会員です。