松戸市立博物館友の会


 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果・各種情報を紹介。
(1)学習部会(古文書部会・みなづき古文書会・松史会・中世東国の講読会・はたくさの会・まつどを知る会)を主宰、参加し楽しく学びます
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)を主催、参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月A4・12p)発行、近隣館情報(会報付録)発行、会の活動「ネット」(週1回)発信。会員は情報、学習成果の発表、こだわり趣味などを披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 216名

見学会サイト   https://sites.google.com/view/tomonokai2024

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194


2022年06月18日

親子米づくり報告:田の草取りに汗をながしました!ボランティア 6/18(土) №.515.

 今年度2回目の「親子米づくり事業」は{草取り}でした。6/18(土)午前中、「21世紀の森と広場」にある田んぼでした。親子5組11名に友の会から10名のボランティア応援。青木学芸員の指導のもと、除草作業を終えました。
 "本日の田の草取りに汗を流していただき、ありがとうございました。今回の草取りは例年(3年ぶり!)と違い、ユンボを入れて開墾したせいか、稲の苗と見分けのつかないイネ科のヒエ(稗)?が繁茂していました。おかげで選り分けて除草するのに悪戦苦闘。1時間以内で終わらせようと思っていたのが、ついつい、時間がかかってしまいました。お疲れさまでした。
 田んぼは見違えるほど、きれいになり、これからの稲の成長が楽しみです。子どもたち親子が、楽しそうに草取りをやってくれたことは、老体諸氏には元気の励みにもなったようです。次回は、7/30(土){案山子(かかし)づくり}です。"
(担当・椎野)

*前回、{田植え}は、5/15付けで掲載してあります。