松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 240名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年05月08日

会員からの報告:大山阿夫利神社・大山寺へ参拝

 10連休の始まる前に、小田原近くの大山阿夫利神社と大山寺へ参拝してきました。初日には、東海道線で小田原駅まで行き、小田急電鉄に乗り換え、伊勢原駅で下車しました。事前に調べたところ、伊勢原駅北口から大山ケーブルバス停までは、乗合いバスで約30分乗車し、そこから徒歩15分で大山ケーブル駅へ行かれるとありました。ところが、バス停からケーブル駅までの道のりは、登りの階段の連続で、大山ケーブル駅に着くまでに、足腰に結構な負担になりました。ケーブルでは約10分揺られ、阿夫利神社駅に到着しました。駅から神社まで、また階段が続いていました。
 ◎ケーブルカーから湘南海岸が眺められると思いましたが、薄曇りで遠くの景色は殆ど見られませんでした。しかし、若葉の爽やかな緑が山を覆い、気分をほぐしてくれました。神社境内の案内板では、天気がよければ三浦半島、江ノ島、房総半島も眺められるようです。 大山阿夫利神社(写真①)は、今から2200余年以前の崇神天皇の御代に創建されたと伝えられています。当社の御祭神は富士の御祭神である木花咲耶姫の父君に当たることから、「富士に登らば大山に登るべし、大山に登らば富士に登るべし」と伝えられ、両山をお参りする「両詣り」も盛んに行われたとのこです。
 ◎当神社は、庶民の崇敬も暑く、隆盛を極めた江戸期には「大山詣り」と呼ばれ、「講」を組織し、挙って参拝したといわれています。松戸にも大山への講がありました。その面影として沿道には、宿泊するための坊が沢山ありました。今はどの程度利用されているのか分りません。大山は海抜1,250mで、常に、雲や霧が山上に生じ、雨を降らすことから、別名「あめふり山」とも呼ばれています。 神社境内には大山獅子があり、石彫の狛犬(親子二対の獅子)が置かれています。
 ◎神社の参拝を終え、ケーブルカーで途中の大山寺駅で下車し、徒歩で数分先の大山寺(写真➁)へも行ってきました。ここも、寺の前に階段が続いていました。大山寺に祀られている大山不動明王及び二童子像は、鎌倉時代に鎌倉大楽寺の願行上人によって造られたとのことです。江戸時代には、春日野局が{家光が将軍に就くことを大山不動に祈願し、願いがかなったこと}から、家光から信仰され、数々の寄進や造営が行われました。 明治初期の廃仏毀釈による災難にも奇跡的に破壊を免れたのは、御利益を受けた多くの人々が死に物狂いで像を守ったからと言われています。
 ◎両寺社を参拝し、夕方、小田原駅東口から乗合いバスで当日宿泊予定の箱根の宿に向かいました。宿からは、曇りのため芦ノ湖の先の富士山を眺めることは叶いませんでした。翌日はまた同じ路線でバスで小田原駅まで出て、家路につきました。帰りのバスでは、外国人客(オーストラリア?)もオテル前から乗車されました。
●もし、この伊勢原の大山阿夫利神社・大山寺にお出かけになるようでしたら、紅葉の時期に訪ねられることをお勧めします。階段を沢山登る(写真③)ため、事前に足腰を鍛えておかれると宜しいでしょう。(令和元年5月5日、平野正敏会員・文・写真)