松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 240名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年09月20日

学習部会9月例会の報告:中世の会は「享徳の乱―和議へ」 №350.

各学習部会も再開されました。第二金曜・午後開催の「中世東国の講読会」は30年戦争という『享徳の乱』(峰岸純夫著)も、読了まじかとなった、{和議が成って}へ―写真1。.鎌倉時代前半の13世紀前半から始まった「板碑」(いたび)という緑泥片岩製の供養塔婆を建てる習慣があるなかで、15世紀後半、二度目のピークが訪れている。享徳の乱による武士戦死者の増大にあるという。{…長尾景春(かげはる)の反乱によって五十子(いかつこ)陣が崩壊し、新田岩松氏の帰属など新たな有利な情勢の展開となった足利成氏(しげうじ)は、景春と結んで幕府・上杉方の拠点・上野西部を攻撃するための軍事行動を起こす。…広馬場陣は翌年正月二日までの対陣となった。この間に大雪に見舞われた両軍とも戦闘不能に陥り、幕府・上杉方は茂氏の重臣簗田(やなだ)持助を介して和平を申し入れ、足利成氏はこれに応じて関東における古河公方と幕府・上杉方の現地和平が実現し、成氏は武蔵の成田(現・熊谷市)撤退した。その後、成氏方は松陰らの助力によって長井渡で利根川を渡河し、足利を経て古河に帰陣している。…}。この後、太田道灌は文明10年1478、和睦に反対する千葉孝胤を境根原(柏市)で攻め破ることになる。享徳の乱で大活躍をした太田道真・道灌親子の文化人としての紹介の項も読まれた。{長尾景春の反乱より前の文明6年(1474)に、道灌は江戸城に当代一流の歌人にして連歌師である心敬を招いて、歌合の会をおこなっている。歌合とは、参加者の順番を決めて二人の対を決め、決められた歌題によってそれぞれが歌を作成して、判者がその優劣を決めるものである。…家臣の功績を喜ばないばかりか、その勢力拡大を恐れた扇谷上杉定正は、文明18年(1486)7月26日に相模の守護所である糟屋(かすや。現・神奈川県伊勢原市)の舘に道灌を招いて殺害した。…}。(写真2・3は、糟屋の地。小田急線伊勢原駅から大山に向かう途中、街はずれになる地区にある)。