松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 249名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2020年04月18日

会員から:『天地雷動』(伊東潤)・『共震』(相場英雄)をおすすめ   №400

 コロナ拡大のなか、時代小説と経済推理小説を読み漁っています。『天地雷動』伊東潤著―"武田信玄、死す"その噂が戦国の世を揺さぶった。戦国の大転換点・長篠合戦と熱き人間ドラマを圧倒的な臨場感で活写。本格的な合戦小説です。物語も歴史も楽しめる!という評もある。KADOKAWA文庫。
 もうひとつが、『共震』相場英雄著―みちのく麺喰い記者・宮沢賢一郎が、東日本大震災後の沿岸被災地を取材した、鎮魂と慟哭の社会派ミステリー。経済記者の筆者の体験を活かした体制側の内幕ものが痛快!。ミステリーの方程式を破らんばかりに、被災地の現実を描写している、との評もある。小学館文庫。
 息抜きにいかがと。(会員・閑人記)