松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 249名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2020年09月26日

御鹿狩(おししがり)展、市博では初めての御鹿狩の総合企画、計80点の決定版! №422

 松戸の歴史通の方なら、"おしかがり"ではなく、おししがり=御鹿狩と読み、江戸時代、徳川の将軍様が松戸の五香あたりへ狩りにきたことは、御承知のこと。9/26(土)から、市立博物館で『松戸と徳川将軍の御鹿狩』企画展が始まりました。ざっと一廻りなら、5分もかからぬS状の周遊コースの展示。入れ替えも期間中ありますが、全80点の大半は、国立公文書館、国立民俗博物館、国立科学博物館、流山市・富里市・柏市・野田市の各博物館や関連施設から貸し出しを受けての貴重な展示。四度の松戸での狩りには、目的や結果などにちがいがありました(写真1)。
 
 まもなく30年を迎える市立博物館では、初めての総合的な{地元、御鹿狩展}という。地図を中心にした絵図や記録を残した文書、当時の陣笠や装束、火縄銃、獲物となった鹿・猪・狐・狸といった獣のはく製、牧士や勢子の百姓たちが使用した品物、きらびやかな浮世絵が並びます。午前1時頃、江戸城を出発した将軍様一行は金町から江戸川を渡ったが、臨時の橋は船を10艘余、流れに沿うようにならべられた仮橋。詳細な図面には、縦横の太綱で引き止められていた様子がわかります。会場では、親子づれが装束や動物をみて、パパなりママなりの会話がはずんでました。大人同士では、"ヘー松戸にもこんなことがあったのー!"と驚き。詳細は千円のカタログでご確認を(写真2)。小学生には、{謎解きラリー!}として21世紀パーク・森のホールなど6か所をめぐると、可愛らしいグッズがもらえる。一時間半くらいのコースです(写真3)。大人310円、中学生以下・市内在住で70歳以上は無料です。11/15(日)まで

 当会会員からは、松戸史談会「松戸宿と小金牧―御鹿狩御世話役衆中・心得方請書」(小宮山榮一氏)、神奈川県立公文書館紀要第7号「小金原御狩記釈文」などの資料を受け取りました、ありがとうございました。