松戸市立博物館友の会


 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果・各種情報を紹介。
(1)学習部会(古文書部会・みなづき古文書会・松史会・中世東国の講読会・はたくさの会・まつどを知る会)を主宰、参加し楽しく学びます
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)を主催、参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月A4・12p)発行、近隣館情報(会報付録)発行、会の活動「ネット」(週1回)発信。会員は情報、学習成果の発表、こだわり趣味などを披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 216名

12月9日講演会の申し込みは   https://sites.google.com/view/tomonokai2026

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194


2022年10月20日

一般参加者も募集中:20周年記念 館長講演会 12月9日 森のホール21  

館長講演会 12月9日(金) 森のホール21  
講師 渡辺 尚志(たかし) (松戸市博物館館長・一橋大学名誉教授)
   演題:『城跡の村の江戸時代ー
    大谷口村の大熊家文書」から読み解く』
 
 戦国時代には、 松戸市の北部に{ 小金城という規模の大きな城}がありました。江戸時代には廃城となり  城跡の一部は「大谷口(おおやぐち)村」という村になりました。戦乱の世から平和な時代へと転換し、{村と百姓が主人公の時代}に なったのです。
  今回の講演では 「大谷口村」の大熊家に伝わった古文書を読み解きます。江戸時代の村人たちが 自主的に定めた掟や、領主に対しても" 言うべきことは言う "、たくましい村人たちの姿について、お話し頂きます。

  講演会(一般参加者含む)の申し込みは https://sites.google.com/view/tomonokai2026
  *講演会申込サイトでは 渡辺先生の著書の
友の会会員によるWeb輪読会を 同時開催しています。
  併せて ご覧ください。