松戸市立博物館友の会


 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果・各種情報を紹介。
(1)学習部会(古文書部会・みなづき古文書会・松史会・中世東国の講読会・はたくさの会・まつどを知る会)を主宰、参加し楽しく学びます
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)を主催、参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月A4・12p)発行、近隣館情報(会報付録)発行、会の活動「ネット」(週1回)発信。会員は情報、学習成果の発表、こだわり趣味などを披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 216名

見学会サイト   https://sites.google.com/view/tomonokai2024

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194


2022年04月08日

新学期も始まり、友の会も20年目へ 学習部会は”鎌倉殿”を話題へ №505.

 コロナ感染は123人、281人、157人と松戸市でも毎日続いてはいますが、新学期が始まりました。3年ぶりに、そろっての式典でスタートしました。当会も、6月で20年目へ、活動開始。6日(水)の午前は「松戸を知る会」、午後は「松史会」、8日(金)は「中世の講読会」といった学習部会が実習室で開かれました。nhkテレビ大河『鎌倉殿の13人』と『松戸と千葉氏』(松戸市商工会議所・月刊『ブリッジ』3月号、戸田照明氏)が話題となりました。
 

大泉洋の頼朝役と小池栄子の演ずる北条政子役、そして主人公の執権二代となる北条義時役の小栗旬、61作目となる日曜の大河テレビドラマ。共通の話題が、ウクライナへのロシア侵攻やオミクロン株の6波と重い日々のなか、博物館ファンには、この"ドラマと史実"への関心は高いか!。物語は、もう4分のⅠは過ぎ、頼朝は房総で力をつけ、鎌倉に拠点を置くところまできています。千葉県松戸の住民には、上総広常(かづさ・ひろつね)役の佐藤浩市や千葉常胤(ちば・つねたね)役の岡本信人の登場シーンには注目したいところ?。もっとも、学習部会での感想には、"関心がないので見てません!"という御仁から、"頼朝ってあんな軽薄なところがあったの!教科書の頼朝像とはおおちがいね!"、"(菅田将暉演ずる)義経なんか、あんな野暮ったさだったんだろうね!"、ワイワイの賑わい。

 世話人は、まあ、みなさんが"楽習(≒学習)していければ、集まり甲斐があります!"と言うところ。古文書部会、みなづき古文書部会、はたくさの会、考古の会も活動を再スタートしてます。友の会会員・各学習部会会員を募集してます、この機会にドーゾお誘いします。