松戸市立博物館友の会


 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果・各種情報を紹介。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書部会・みなづき古文書会・松史会・中世東国の講読会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12p)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味などを披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 227名

講演会申込は こちら  https://sites.google.com/view/tomonokai2023  

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194





2021年11月03日

文化の日:博物館活動も秋空いっぱい、am平潟河岸を歩く体力派、pm『市史』吉宗・房総の牧改革へ

「文化の日」、秋の青空いっぱいの一日、博物館にもたくさんの家族連れがプレイルームで遊んで帰りました。21世紀の森と広場+森のホール+博物館の3館によるクイズラリーも好評。最終6番目の回答場所とグッズ交換場所なのでにぎわいました(写真1)。また、友の会では、午前中「平潟河岸コース」の徒歩見学会に20数人が参加しました。、午後には博物館実習室で『松戸市史—小金牧(こがねまき)』の{吉宗時代の7牧の改革ページ}を10数人が読み進みました。それぞれ「松戸を知る会」と「松史会」の学習部会のメンバーによる「文化の日」の集りとなりました。

▶am 平潟河岸(ひらかた・かし)跡は、松戸駅西口から北西へ1.5キロほど歩いた地域です。坂川を超えて樋古根川(ひこねかわ)の手前から対岸になります。江戸時代から江戸川の湾曲した砂洲部分にできた、船泊りのような地域として栄えた場所。今回は、「高砂通り」・「松の木通り」と言われた道筋を追いながら、みちびき不動尊、旅籠千檀家、平潟遊廓跡、平潟神社、坂川排水碑、川の一里塚、旧水戸街道を廻りました。いつもは、"座学"ですが{松戸にいながら松戸を知らない!}メンバーによる熱心な{現場めぐり}でした。ガイドは会員・村上雄一郎さんでした。(写真2
▶pm 『松戸市史—近世編』の講読は、これまでに、初期の江戸開府以降の市内各地域の開発を読み終え、現在、江戸中期の「小金牧」の節に入ってます。史料を基にした実証的な記事を読んでいきますので、気軽に読むとは、言えない"知的なヤル気力!"が伴います。今月は、平野さん(六高台)が講読担当でした。8代将軍・徳川吉宗の時代、幕府財政の厳しくなってきた時期のこと。房総半島に7か所ある野生馬の放牧地を測量し直し、飼育方法も合理化し、土地の有効利用へとすすめる話。幕府役人のうち、才覚のある地方武士が能力を発揮し、地元とおりあいをつけていくことに。小宮杢進(こみや・もくのしん)なる人物が活躍していく。父親は31年間、天領の代官だったが、その四男だった杢進は、養子となり同じく天領の代官となっていく。当時の出世への"勉強と能力"の紹介文や地元の影響や対応が具体的で興味深い。(写真3
 来月12月は、12/1水曜・実習室―午前中「松戸を知る会」、午後「松史会」が例会を開きます。会員募集中です。