松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書部会・みなづき古文書会・松史会・中世東国の講読会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12p)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
但し、21年度は、継続会員の一般会員は1500円、家族会員は2000円とします。
◎会員数(1/1現在) 227名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194


2021年03月27日

松戸市内、桜見物ウオーキング:新坂川の北松戸駅~馬橋駅~北松戸駅 いま満開です 90分3キロm

 松戸市内には30所~40所の桜の名所・旧跡があります。まずは、お奨めとして、新坂川沿いをウオーキングがてらのコースとして紹介します、きょうが満開直前という所でした。北松戸駅北口から新坂川に沿って東方面の馬橋・新松戸方面に向かいます。その方が、太陽光線の順光できれいなサクラ写真ができます。
  北松戸駅北口、競輪場への橋はわたらずに本郷公園のミニ桜をまずみてください。遊具があります、トイレもあります。「プロムナード北松戸」の高層マンション群が並び、若木の桜並木を仰ぎながら東へ。現代風のしゃれたモチーフになります(写真1)。川の反対側には、宝酒造の工場がみられます。ここから、常磐線を超える馬橋立体の下をぬければ、馬橋駅です。
  馬橋駅前のロータリーにも老木の桜が枝もたわわです(写真2)。駅へのエレベータで2階から見下ろすのもいいでしょう。バスがロータリーを廻っていきます。トイレ、飲み物はちかくのコンビニで。ここから、片側だけですが新坂川に沿って、どんどん新松戸方面へ。しだれ柳がならびますが、こちらは一週間遅れでしょう。桜並木は片側にしかないのです。右側に、15分ごとに流山電鉄がアクセントのように通ります。桜と電車をどうマッチして写すかが、撮影ポイントにもなります(写真3)。          途中、右側に踏切が二か所あるので、警報が先に鳴ってる方から電車が来ます。遠いか近いかで、どっちからくるかがわかります。道路側から桜と電車を写したいところですが、車に注意です。川辺に降りられる場所もあります。中間の「押出橋」あたりで、川と並木を眺めるといいいでしょう。トイレがないので注意です。疲れてきたら、ここらで馬橋駅にもどってもいいし、さらに、流通経済大やダイエーの大通りへまわっても、赤い鳥居の待つ新松戸駅へどうぞ。一度は、また毎年は、このわれらが松戸の桜道を楽しむ半日をすごしましょう。
*3/25の「久留里見学会」は、動画配信でご覧できます―4/1付けです。
https://sites.google.com/view/tomotec2023