松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 240名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年05月14日

最新の会報:総会と「近代の天皇と即位の儀礼」記念講演会5/23(木)です  №.330

 2019年度の友の会総会と記念講演会を5/23木曜、市立博物館で開きます。友の会報109号を会員宅に配送を行っています。運営委員会を5/14(火)午前中、開催し15名の運営委員・協力委員のもと、約20項目の報告・今後の課題の検討がおこなわれました。
午後から『友の会会報』(隔月、A4/12ページ)を発送しました。運営委員会は毎月1回、開催されていますが、今月は総会月で、この1年間の行事・イベント・活動への報告や反省もおこなわれました。詳細は、総会にて議案としてご案内します。平成30年度には9回の見学会、11回の主催・協力の講演会が行われましたが、バス見学会・徒歩見学会・講演会の3種では、それぞれ参加者の傾向がちがう結果がみられました。
すでに、今年度の会員数は更新率90%(前年度80%)、新会員の加入(22名)もあって、前年度会員数とほぼ同じ(約240人)となっています。
以下、会報の主な内容です。

〇館蔵資料展『カメラがとらえた松戸の風景』開催中、6/9まで、〇古文書部会の活動報告―近世の古文書を読み、生の歴史資料に触れてみませんか!金井勝忠・会員、
〇八柱から東松戸に向かう寺院・寺院・神社・古墳見学の松史会報告4/3実施、野末鉄有・会員。〇いすみ鉄道に乗り、チバニアン・大多喜城を見学—バス見学会報告、3/14実施、綿引由紀則・藤沢滋会員。
〇小江戸情緒あふれる蔵の街"とちぎ"徒歩見学会報告、3/27、大谷登美子・江澤俊子会員。〇〈ひとこと〉音を展示する、山田尚彦・学芸員、〇エッセイ「年を数える」増田寛市・会員、
〇バス見学会募集:6/6木、神々が宿る風光明媚な裏日光を巡る、〇徒歩見学会募集:7/7日、成田山の祇園祭見学、〇「和綴じ製本—四目綴じ」新講座御案内、7/30火又は8/20火、各、午前、@500、実習室。
〇総会・記念講演会:「近代の天皇と即位の儀礼」岩壁義光氏(学習院大学資料館客員研究員)。写真➀は、市立博物館内の「友の会掲示板」、②新たに自動販売機が玄関左側に設置、③配布中の最新の会報です。