松戸市立博物館友の会


 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果・各種情報を紹介。
(1)学習部会(古文書部会・みなづき古文書会・松史会・中世東国の講読会・はたくさの会・まつどを知る会)を主宰、参加し楽しく学びます
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)を主催、参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月A4・12p)発行、近隣館情報(会報付録)発行、会の活動「ネット」(週1回)発信。会員は情報、学習成果の発表、こだわり趣味などを披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 216名

12月9日講演会の申し込みは   https://sites.google.com/view/tomonokai2026

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194


2022年10月29日

講演会報告:{五香六実を拓いた人々ー開墾局}林幸太郎学芸員 10/29(土) 夜・花火大会

今年4月から市立博物館勤務の林幸太郎・学芸員が「開墾局のお仕事―五香六実を拓いた人々①」と題して、2時間の講演をされました。10/29(土)、50人の参加者でした。松戸市の東部地域の五香六実(ごこう・むつみ)は、江戸時代は小金牧という野馬の牧(まき)であり、明治維新には開墾地となったことで知られる。アンケートでは、"地元の五香の歴史を初めて聞くことが出来ました!"、"維新のかかえた具体的なお話でよかったです"、"2回目以降も、さらに期待します"と、いつも以上に、好評の感想が目立ちました。明治初年における、{幕府否定と新政府確立}への移行期、{不安定な体制を盤石にしたい明治政府の姿を、松戸市内にあった小金牧の開墾事業から探ってみたお話}でした。以下、一部を紹介します。配布資料A3・10ページ、画像の紹介でした―友の会共催事業。
 なお、この日の夜、松戸市花火大会が江戸川古ヶ崎で、3年ぶりに復活し、30分間、開催されました。
                    ▽                     ▽
⦿明治維新の研究をしており、その一環として、下総の開墾事業、とくに松戸市五香六実をテーマにしてみました。今回は、その1回目です。これまでにも五香六実の開墾事業は、その顛末が紹介されてきていますが、「新政府側の開墾局」からの動静を、東京都公文書館所蔵の史料・早稲田大学大隈文書などからとりあげてみました。発足過程、開墾事業、開墾会社の設立、エピソードの紹介、旧牧士たちの動向、そして開墾事業が{,3年足らずで廃止となる}までの地元と開墾局との関連の具体的な史料からです。
⦿1868年(慶応4)4月、江戸開城。徳川家は静岡へ転封となり、幕臣の約半数(1万3600名)が江戸を離れるが、残りは残留。江戸に残った"武士たち"や武家相手の町人も大打撃でした。さらに明治2年は大凶作の年で米価は高騰していました。東京市中の総人口約50万人のうち、貧民・窮民層は30万人という状況でした。明治初年、{新政府の課題は、財政・税収入であり、困窮民の救済であった}ことです。
⦿1869年(明治2)3月、小金牧の開墾事業として、東京府に「開墾役所」が設置され、5月には政府内民部官に移管され「下総国開墾局」となります。この時期、豪商・三井組ら9名の頭取らによる民間の「開墾会社」が発足し、{政府から20万両の貸与、不足分は会社が負担}して、"入植者2万5000人規模の事業を計る"、ということでした。授産邸(所)には8000人余(うち開墾場への移住者は6300人余だった)が引き受けられました。12月には、五香に550人余、六実には480人余が入植しだします。しかしながら、3年後、1972年(明治5)4月には、当時の大蔵省から「開墾事業の廃止」が通達されます。
⦿開墾事業では、入植者には3年間は食住の世話や土地の提供などがあったのですが、もともとは武士や町人であったことで、農業には不慣れなことであり、開墾局・諸官省・開墾会社の人材も不得手な分野であったり、台風被害による多額の出費などで廃止となっていきました。
*講演の過半は、牧地の立木の払い下げ、小金町往還並木の保護、松戸宿納屋河岸における土地の拝借願い、有力者の動向への探偵報告、五香商店への盗賊事件、旧牧士たちの動向など、10例からの具体的なエピソードの紹介がありました―省略。
*講演の基本は、"資料のマゴ引き"でなく、「原史料からの探索』という意欲的な講演でした。(聞き手・松尾)