松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書部会・みなづき古文書会・松史会・中世東国の講読会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12p)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
但し、21年度は、継続会員の一般会員は1500円、家族会員は2000円とします。
◎会員数(1/1現在) 227名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194


2021年04月01日

Web一体型 見学会 『山城と銘水の里 久留里を巡る』を実施 3/25

コロナ解除宣言がでて まだ日も浅い 3月25日久留里見学会を実施。
参加22人を3グループに分け 地元ボランティアガイド6人のご協力を得て コロナ感染防止企画として
春 うららなか山里を散策。
メンバーには 事前に LINE動画を配信。見学会の見どころと Q&A形式による久留里の歴史解説と本日の見学地をWeb掲載。
参加メンバーの関心に併せて 自由に選択できるようにしました。
 https://sites.google.com/view/tomotec2023  で検索できます。
参加メンバーが より主体的に 一歩踏見込んで 参加できるように 今後とも 改善改良を加えていきます。(藤沢)