松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 240名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年07月10日

会員からの報告:梅雨のなか妙義神社への紀行です  №340

 梅雨時、天候が気がかりでしたが、群馬県妙義神社へ傘持参で出かけました。今まで、{かんぽの宿}を利用して、あちこち、旅をしてきましたが、今回宿泊した「かんぽの宿磯部」も、ことし12月一杯で閉鎖さるようです。{かんぽの宿}は、全国的な見直しで、利用客の少ないところは閉鎖されてきています。この宿に泊まるのは2回目です。
  旅の計画をたてる時は、宿泊地の観光スポットをPCで検索し、その中から行きたい場所を選んで、スケジュールをたてています。また、交通費も節約するために、特急列車はほとんど利用しません。今回は妙義神社を参拝し、磯部温泉で一泊して帰りました。妙義神社の最寄り駅は、松井田ですが、ことし4月から無人駅になったとのこと。駅員は誰もいませんでした。
  駅前からタクシーで神社へ行くつもりでしたが、タクシーもありませんでした。県道を歩いていたところ、運よくタクシーが走っていて乗せてもらいました。神社横の道から総門の近くまで、乗せてもらいました。神社入口から総門までは、結構な段数の石段があり、その石段を登らなくても、本殿に登れるので助かりました。食事場所も近くにある{道の駅}の食堂も紹介され助かりました。総門の近くに妙義山登山コースの案内板がありました。
  札所前から、本殿方向を眺めると、大きな鳥居がありました。銅鳥居です。鳥居の先にまた長い石段が風雨にさらされたままでした。さらに、隋神門まで165段の石段も続いていました。そして、直ぐ左手に石段と唐門があり、ようやく本殿にたどりつきました。神社の拝殿・幣殿・本殿には彩色された彫刻が沢山みられました。日光東照宮で見た彫刻と同じように見られました。日光東照宮の彫刻師が、ここに来て彫り上げた、と伝えられています。
  神社に参拝したあと、境内を左の北門を出て、傾斜の緩い石段と緩い坂道を下りました。途中に社務所があり、ここに神仏習合の証として、明治以前には、石塔寺がおかれていた寺域です。近年、たびたび大河ドラマのロケ地として、2005年の「義経」における鞍馬寺、2009年の「天地人」の雪洞庵のシーンとして撮影が行われたそうです。
*カメラのメモリーカードの具合が悪く、本殿など撮りたい建物を写すことが出来ませんでした。拝殿・幣殿・本殿からなる御本社の写真は同神社のPCネットでご覧ください。(文・写真:平野正敏会員)