松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 240名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年04月25日

近隣館情報ⅰ:連休に柏・佐倉・足立・銀座・千駄木・新宿・上野・石神井・三鷹・大宮・高崎・大田原

  5/3金の子ども日には、⦅松戸市こども祭り≫が21世紀の広場でイベントが開催されます。当会のボランティア・グループでも、森の工芸館・実習室で、からくりおもちゃ作りや昔の遊びへの協力があります。7月末には{和綴じ製本の講座}を企画もしています。以下は、近隣館からのおさそいです、ご利用ください。◍『芹沢が愛した島人と沖縄手仕事—染め物の楽しみ』6/30まで、柏市郷土資料展示室☎04-7191-1450、◍◍{先史・古代展示リニューアル」佐倉市・国立歴史民俗博物館☎03-5777-8600、◍◍『戦国足立の三国志―宮城氏・舎人氏・武蔵千葉氏』5/6まで、足立区・郷土博物館(写真2)☎03-3620-9393、◍◍『涼風のわく-館蔵染付展』8/4まで、足立区・石洞美術館☎03-3888-7520、◍◍『深作欣二の軌跡』5/26まで、中央区京橋・国立映画アーカイブ☎03-5777-8600、『一葉・晶子・らいてふ-鷗外と女性文学者たち』6/30まで、文京区・森鷗外記念館☎03-3824-5511、◍◍『かつて東洋一と謳われた陸軍大刀洗飛行場』6/30まで―新宿区・平和祈念展示資料館☎03-5323-8709、◍◍『クリムト展-ウィーンと日本』7/10まで、東京都美術館(*月休み。5/15水・6/19水はシルバーデー65歳以上無料、☎03-5777-8600)、◍◍『諷刺画に見る幕末から明治の庶民』7/12まで、三鷹市・国基督教大学博物館☎0422-33-3340、◍◍『練馬の川と文化』6/9まで、練馬区・ふるさと文化館☎03-3996-4060、◍◍『義光寺経と小水麻呂経』6/9まで,埼玉県立歴史と民俗の博物館☎048-645-8171、◍◍埼玉県立文書館リニューアル・さいたま市☎048-865-0112、◍◍『盆栽の日記念展』さいたま市(5/10~5/22),さいたま市・大宮盆栽美術館☎048-780-2091。◍◍『八幡台地の遺跡―観音塚古墳の歴史的環境を探る』9/29まで、高崎市・観音塚考古資料館☎027-343-2256。◍◍『那須の古代窯業-瓦・須恵器の生産と流通』6/2まで、大田原市・なす風土記の丘☎0287-98-3322。おすすめします。