松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 249名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2020年07月03日

はたくさの会は仕上げへ、村上会員から手賀沼遊覧8/1・北総里山探訪8/20・豊四季諏訪道8/25案内

 博物館も再開され、見学者が21世紀の公園から縄文の森を抜けてホッと一息です。新型コロナ対策で中断していた「はたくさの会」の機織りが、残りの仕上げの作業を再開もしています。四本の踏み木を使って、手紡ぎ絹糸を綾織りをしています。前年度の残りの作業です。残念ながら、新年度のはたくさの会のメンバーの活動は次年度に延期しました。館内への見学者は、友の会の行事写真を見ては、"ここは行ったことがある!"とか、"こっちはまだダワ!"と、入会の魅力を探っています。「見学会」「講演会」「学習部会」「会報」といった友の会の魅力も、この一年は厳しいことです。7月会報は発行できるよう準備しています。
 
 村上会員は、主宰する「ご近所探訪・地域を学ぶ」の行事として、新コロナへの危険に配慮しながら、8月中の見学会を準備しました。当会の会員にも呼びかけをいただきました。いずれも、終日の歩く行程、弁当・飲み物・敷物持参です。マスク・日傘もお願いします。一般の方でも参加できますが、空き状況しだいとなります。
①8/1(土)9:30手賀沼乗船場集合。遊覧船で渡り、北柏の古代人の遺跡をめぐる。500円+乗船料1200円。根戸古墳・実篤邸跡・呼塚河岸・北柏駅へ。25名。7/20締切。→乗船人数の制限により本計画は中止しました。
➁8/20(木)9:30北総線ニュータウン中央駅改札口集合。キツネノカミソリなど花と緑の文化館。500円。結縁寺・頼政塚・戸神調整池・NT中央駅へ。里山の自然を歩くコースです。
③8/25(火)9:30豊四季駅改札口集合。流山成顕寺・永寿稲荷・諏訪道せきや・本行寺・旧県庁跡・矢河原(加村)の渡し・流山駅解散。500円。諏訪道めぐりの3回目のコースです。雨天のときは28日(金)を予定。
 以上、詳細と申込みは村上雄一郎さん(史跡めぐり):☎080-1152-1427。携帯メール lcbon-6hi@docomo.ne.jp (最初は小文字のエルです)。