松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 240名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年03月17日

企画展紹介:『日本の太鼓・世界の太鼓』3/24(日)まで、{和太鼓の公演}3/17終わる №320

 開館25周年記念として、松戸市立博物館では『日本の太鼓・世界の太鼓』を展示紹介してます。台東区西浅草にある太鼓館(宮本卯之助商店)からの展示品の協力もあって、同館の飯田学芸員が3/17(日)、会場で解説会を行いました。
   夏祭りには、広場の中央の櫓の上から、打ち鳴らされる太鼓は、身近です。お祭りにはなくてはならない音曲。団扇太鼓、平太鼓、陣太鼓、締め太鼓あるいはエイサー太鼓といった日本の太鼓は、牛皮・馬皮・豚皮などで張られてます。"皮の張り具合は、永年、使われていくことを計算されています。装飾もほどこされています"とのこと。
   インドネシア、ラオス、パプアニューギニア独立国,インドといった東南アジアなどの太鼓は、水牛の皮、山羊、トカゲの皮から作られているとか。スイスの軍楽隊太鼓はオス牛の皮に松や杉の胴、モロッコのトビアートはヤギ皮に陶器の胴、アメリカ合衆国のチェロキー族の太鼓は鹿皮にブリキ缶の胴製。形もワニのように細長いものやソフトクリームを大きくしたような縦型のものまでさまざま。"ここでは、鳴らしてこれらの音を聴き比べられないのができないことが残念。太鼓館ではできる"そうです!。
   約30分、40種の太鼓の紹介で、急に、世界の拡がり、身近さを感じさせていただきました。会場の中央には、「希望の鼓(つづみ)』という大太鼓が飾られています。東日本震災後、被災地応援への激励メッセージが、太鼓の皮面いっぱいに寄せ書きされたそうです。3/24(日)まで、無料。
   *世界の太鼓資料館―太鼓館:台東区西浅草2-1-1 宮本卯之助商店・☎/FAX 03-3842-5622。 この日21世紀の森と広場では、『和太鼓の公演』が春まじかの陽をあびながら、13団体が力強い演奏をみせてくれていました。地元の「専大松戸和太鼓の会」・「松戸つづみ連」・「小金原9丁目太鼓」の他、「三宅島芸能同志会」という親子4人の打ち込み、いすみ市からの「和太鼓凪(なぎ)」など、若い力あふれる太鼓の響きが数千人の観衆をわかしてくれました。(H)