松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果・各種情報を紹介。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書部会・みなづき古文書会・松史会・中世東国の講読会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12p)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味などを披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 227名

見学会サイト  https://sites.google.com/view/tomonokai2021   藤沢

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194





2020年08月11日

松戸の美術展から:長田国夫という作家{ルオーに惹かれた画家}葱畑・原爆ドーム 8/30(日)まで

 市立博物館では、『松戸のたからもの―松戸市の美術コレクション』展が開かれています(8・30日曜まで)。松戸ゆかりのアーティスト18人の作品約100点を見ることができます。油絵、版画、工芸、写真、工芸、デザインなど、各界で活躍された方々のホンモノの美術作品です。ここでは、ご覧になられて、異色の作品を見せる洋画家・長田国夫(ながた・くにお)氏の紹介をしてみます。 入場するときに作品集のパンフレットをもらえますが、そこには、長田国夫(ながた・くにお)―洋画家・1911~1994。広島県呉市生まれ。14歳より呉海軍工廠に勤務。1934年上京、働きながら二科技塾に学ぶ。1935年光風会展、春陽会展入選。翌年帰郷、復職。1938年新文展入選。1945年より、高校・中学校の図画教師となる。1956年より没年まで松戸市に住んだ。』(同展パンフレットから)。

 「私の絵はいまのところも生命感があれど芸術性がないというか、深さというか、造形性というか、それが足りない。まだ虚構になりきっていない、表現性で足りないもの、やはり表現性虚構にまで達していないことであろう。例えば形式図式化と言われても私は虚構を持ちたい。何で語るか。一時は紡錘形とした時もあった。今もどこかに残っている。 細長であることは確かである。とがったところがある。紡錘形というよりは菱形に近いのではないか。鋭角三角形、鋭い三角形を基本としてこれとコントラストで語る。今はそこまで…。線は太いか、どうか、兎に角鋭さ強さと素朴なれどドロ臭さではない。強さ勢いのあるヨチヨチ、もどかしさ、ここは言い難し、私なりの決断、私の感じた生命感と深さを含む線、しこしこと繰り返してやってみないと分からない。」(ネット―{長田国夫の生涯・三郎の日記}から引用)
◍ 「感情をいきなり画面にたたきつけても、それは絵にはならない。それが表現されるためには、己流の空間、組み立てやフォルムを冷静に考え、何を表し、どういう構成・色・空間にするかをしっかり計画した上で表現する。」(同上)
◍ 「色がよく、構成もよく、調子もよく、一定条件が整っても絵ではない。何かがなければ、それを描いても真の意味がその向こうに感じなければならない。ものの向こうにある人間の心がある。それが寂寥・孤独・恨み・喜び・おびえ・恐れ・懐かしさ・安らぎ・虚無感・巨・遥かなるもの等が、ものの向こうにあるものとして表せなければ絵にならない。思想のない者は、視覚か手触りしか描けない。心なぞ描けるものでない。」(同上) 
 写真は作品1「原爆ドーム」(1983年作、約70㎝×90㎝、板、油彩)
 2作品「葱畑」(ねぎばたけ)(1983年作、約77㎝×110㎝、キャンバス、油彩)
 3展覧会場エリア12(自画像や{長田国夫の「原爆ドーム」と「戦艦大和回想」}の説明パネルもあります。
 
 引用文のこのネット掲載者は、詳細に長田国夫先生を紹介するなかで―
{…やがて、この学校の美術教師として採用された私は、教科主任長田国夫の下で、恵まれた教師生活を送ることになります。先生は在職中、私に後継を託す思いが強かったのでしょう。私が当時の硬直した学校体制に反発し、あえて無軌道な自由な教師生活を行い校長等から幾度も注意をうけたのですが、先生は、心を痛めながらもいつも優しく私の言動を見守ってくれました。…}と述べてもいます。
 1994年(平成6)8月14日、84歳で長田国夫氏はお亡くなりになりました。26年前です。(松尾・記)