松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12p)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
但し、21年度は、継続会員の一般会員は1500円、家族会員は2000円とします。
◎会員数(1/1現在) 227名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194


2020年02月16日

北小金の『ハワイ通り』って?講演会報告:150年間の日本の歴史を考えさせる、山田尚彦学芸員 2/16

  松戸市北小金に『ハワイ通り』という一本の街路があります。北小根駅南口の小金交番から国道6号線までの住宅や商店の並ぶ二車線の普通のバス通りです。何故、この街路が"ハワイ通り"と呼ばれるのか?昨年11月、テレビ朝日『じゅん散歩・高田純次』でも紹介されました。
2月16日(日)午後から山田尚彦学芸員の「松戸でハワイ」と題した講演会がありました。約30人の関心者が小雨のなか参加しました。冒頭から、"なぜ、松戸にハワイというだけでしたら、すぐ、2・3分で終わっちゃいます!"と笑わせる。休憩をはさんだ90分、たんたんと、100枚を越す画像や映画やテレビの一部をみながら、各人の青春の思い出も重なる解説へ。


日本とハワイ(布哇)との関係を、幕末から戦前までの{出稼ぎ・移民の歴史}と、戦後復興期における{ハワイへのあこがれ}とに分けて詳細に紹介。1868年(明治元年)150人の移民が始まるところからスタート。当時の渡航実態を資料説明へ。「官約移民」と呼ばれるハワイ王国との通航条約にもとづいた10年間、26回の移民事業では3万人が渡航したという。
「私的移民」・「自由移民」・「呼び寄せ移民」と呼ばれる移民制度の変化は、アメリカ合衆国によるハワイ併合・移民法と排日運動・日米戦争とからむこと。当時のルビ付き新聞から解説へ。
移民1世とアメリカ国籍を持つ2世との相剋を{1世は日本国あてに学校その他の団体に資金を送金。2世はアメリカ兵士として従軍、ハワイ出身日系人による第100歩兵大隊が有名、日系人兵士の戦死者のうち、ハワイ出身者は63%と突出していた}と、語る。


そして、戦後へ。まだ渡航の自由化(1964年・昭和40~)以前には、モーレツな"憧れのハワイ"時代"であり、{芸能人といえばハワイ!}であり、映画『ハワイの若大将』(加山雄三・星由里子)、『社長外遊記』(森繁久彌ほか)がヒット、"トリスを飲んでハワイへ行こう"、テレビの「アップダウンクイズ」の景品は10問正解者にはJAL提供のハワイ旅行へ、「兼高かおるの世界の旅」も人気番組でパンアメリカン航空協賛の時代。
この世相のなかで、常盤平団地の入居も始まり、北小金の区画整理事業もすすみ、街路にはヤシ(椰子)に似たシュロ(棕櫚)が50本ほど分離帯に植えられた。安くて成長が早く、景観にもよいということらしかった。誰が命名したということでもなく、あこがれの"ハワイ通り"と呼ばれ出した、ということでした。いまでも、山田さんもワタシもハワイには行ってみたいなーです。(記・松尾)