松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 249名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年11月12日

最新の友の会報11月号:『古代の住宅事情』を聴く高田邦雄会員・『戸定が丘』エッセイ岡野照会員・他

友の会の最新11月号(112号)を配布してます。11/12(火曜)付け、会員247名や近隣館40館他に、社会教育施設などへ配布中です。2か月に1回の会報発行です。
  当日、毎月の運営委委員会も開かれました。見学会の募集状況や博物館との定例連絡会の報告、行事の進捗状況、会員からの情報提供の交換が積極的におこなわれています(写真1,2)。

 主な今月号(A4/8ページ)の報の会報の内容です。
◎望月幹夫館長・講演会『古代の住宅事情』を拝聴して―高田邦雄会員。
◍ひとこと―{こどもミュージアム∹大人も楽しい歴史体験の大きな成果}青木俊也学芸員。
友の会の参加支援―吉崎祥一郎会員。
◍2019年度新入会員向けオリエンテーションを開催しました―綿引由紀則会員。
◍戸定が丘の散策する楽しみ―岡野照。
◍部会活動報告・水無月の会「江戸時代の古文書を一緒に読んでみませんか!」高野正志会員。
◍中世の東国講読会「享徳の乱を読み終えました」
◍徒歩見学会募集・会員限定「館林を歩く」12/7(土)および12(木)、同一内容です。
◍新春初詣{川越七福神巡り・城下町歩き}1/7(火)です。
*詳細は、会報にて。友の会に関心のある方は、どーぞー、ご連絡ください。