松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 249名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2020年01月25日

講演会報告:『仁徳天皇陵の調査と世界遺産への登録』徳田誠志・陵墓調査官  1/25

 市立博物館主催の出前の{駅前講演会}は、1/25(土)午後、市民劇場でした。講演者の徳田誠志氏は、"松戸には初めてです、松戸駅に初めて降りました!"と、まずは、会場180人余に、メリハりのあるはっきり、わかりやすい口調から語りかけられました。"肩書の陵墓(りょうぼ)調査官と名乗っているのは、ワタシ一人なのです、国家公務員のなかで一人なんです!"と、自己紹介。正しくは、宮内庁書陵部陵墓課・陵墓調査官。陵188、墓555、分骨所・火葬塚等110、陵墓参考地46、合計899(460か所)が所管になるとか。それぞれに、年に一度は皇室としてのお参りがされているそうです。


  望月幹夫館長から"日本最大の古墳である仁徳天皇陵等が、世界遺産に登録され、これまでかたくなに受け入れられなかった宮内庁が、地元の堺市の職員も参加して発掘調査が始まった、ということは画期的なことです"と、本日の趣旨。
  そして、30分ほど、ミニ講座として小林孝秀学芸員が「千葉県と松戸の古墳」を解説。"千葉県の房総半島は、東京湾と香取の海とに囲まれていた地勢から、海上交通の発達が文物の交流の場をもたらしたのが特徴。市原周辺と香取周辺に古墳が多い。弥生時代のあとの古墳時代は、まだ文字の普及も無かった時代で、大王の力を誇示できる効果として、巨大な前方後円墳などが造成された。松戸市内には前方後円墳は見つかってないが、5世紀頃の河原塚古墳群が見られる"と図面などで解説。


  徳田調査官は、1-陵墓とは何か、2-令和への即位儀礼と古墳時代、3-百舌鳥(モズ)・古市(ふるいち)古墳群の世界遺産登録を、自問自答のように、分かりやすく、体験をまじえて語られました。とくに、令和改元への一連の儀式から、大嘗祭(だいじょうさい)の造営物や儀式などを取り上げて、古墳時代の副葬物・埴輪などとの類似性を指摘されていきました。今回の皇室行事が、当時と関連している感想には、教えられることでした。{前方後円墳の被葬者は社会集団の首長であり、大嘗祭はその権威を次代が継承する儀式であり、「一世一度の儀式」にのみ使用する儀式空間だった}と。
  三種の神器の勾玉(まがたま)のくだりでは、"玉は誰も、天皇も見てはいない、ワタシは子持ち勾玉ではないか?と思う、何故なら、たまからたまへの永遠の生命を意味するから"と言われる。


  古墳群について、"学問的には、誰の墓だ?とか、大山・大仙古墳と云うべきだ、さまざまな意見があっていいことで、宮内庁としては陵墓は、祭祀が継承されている「生きた墓」として保全をおこなっています"と歯切れよい説明でした。仁徳天皇陵への調査は、保全のためであり、発掘して調査することが目的ではないが、今春にもこれまでの測量中の経過報告を発表されるそうです。水位や堀の水量調査方法、試験掘削の様子の具体例の説明。
  結びには、{都市化の中で、陵墓の存在の意義の継承や、地域との連携を課題にしながら、世界的な文化的価値として遺産登録することで継承していきたい}と,されました。大型古墳は、やがて律令時代に入り、天武・持統天皇時代には、消えていったこと。暖たかな、冬のひととき、古代日本への学びの講演会でした。(記・松尾)