松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 249名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年11月14日

小田原城バス見学会、雪化粧の富士山もお迎え 11/14(日)報告

 11月14日(木)、戦国時代を駆け抜けた武将・後北条氏の居城・小田原城を訪ねました。朝、雄大なまっ白に雪化粧した富士山がわれわれを迎えてくれた。40名の参加者は、バスの中で、戦国時代、後北条氏、小田原城、小田原合戦について勉強しながら、小田原駅へ。
①小田原駅前の北条早雲像からスタート。北条氏政・氏照のお墓にお参りしてから、テクテクと小田原城へ。城址公園の見学と天守閣から、これから行く見学先の確認。
➁午後は、2コースに分かれて、全長9キロに及ぶ、総構えの残る大堀切と後北条氏の城と想定される八幡山古郭を見学。どちらを選ぶか?と、迷った参加者が多かった。
③最後は、小田原合戦において、豊臣秀吉側の拠点になった石垣山一夜城へ。見事な石垣が残っており、一夜で築城することが不可能であることは明確。

—参加者の皆さんは、元気そのもの。15,000歩を悠々クリア。通常、行かないところが多くあり、大いに感動!帰りのバスからは、夕焼けの中、富士山のシルエットがきれいに見えた。—蒲生誠一郎・記。