松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 249名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2020年02月04日

和綴じ講座:初の{裏打ち作業}2/4終わる。次は四ツ目・高貴綴じへ2/26(水)→中止します

 昨年夏、鳥飼成雄会員を講師に「和綴じ講座」を開きました。今回は、その前段にあたる{裏(うら)打ち}の技法を学ぶ講座を開きました。2/4(火)、午前・午後の二回には約20人が参加しました。保護紙に綴じものになる布をはさんで、表紙(今回はこの布)の裏打ち紙(障子紙を使用)を糊付けしていきます。始めに、鳥飼講師が一連の作業を見せて、それから、各自が用意された用紙・布・糊・刷毛などで取り組みました。20年間、表具師のもとで習った講師の手際よさに感心させられていきました。霧吹きでの紙の伸ばし方や、刷毛による糊の平均した伸ばし方、空気の押出し、マスキングテープで止めてから裏打ち紙を開いていく方法など、ひと工程づつに教わることが多くなりました。裏打ち紙と布を密着させるために全面をていねいに叩き込み、最後は、保護紙を外し、裏紙の密着した布を張り板に貼り終えました。約2週間、乾きを待ちます。この日は布地をもとに裏打ちする工程でしたが、書・絵画・版画などの紙を裏打ちするときは、滲み止め(スプレー式が市販)が必要だそうです。2/26(水)には、今回の布地を表紙・裏表紙に使用して、四ツ目綴じ・高貴綴じをおこないます→ウイルス感染の恐れで中止します。