松戸市立博物館友の会


 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果・各種情報を紹介。
(1)学習部会(古文書部会・みなづき古文書会・松史会・中世東国の講読会・はたくさの会・まつどを知る会)を主宰、参加し楽しく学びます
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)を主催、参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月A4・12p)発行、近隣館情報(会報付録)発行、会の活動「ネット」(週1回)発信。会員は情報、学習成果の発表、こだわり趣味などを披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 216名

12月9日講演会の申し込みは   https://sites.google.com/view/tomonokai2026

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194


2022年11月05日

横浜開港見学会 11月5日(土) 32名参加  *ウエブサイトあり  №535.

秋空のもと 開港の地をめぐる 横浜見学会。 関内駅北口に 32人 参集。馬車道通りの街並みを 2グループにわかれ そぞろ歩きをする。
日本最初のガス灯碑 写真発祥地など 隈なく 見学。 神奈川県立博物館では 中世と近世にテーマを絞っての 見学。
海岸通りから 横浜港界隈を 生糸検査所 日本郵船 横浜税関等 歴史的建造物を 見て廻る。とりわけ 横浜3塔 クイーンの塔(税関)
キングの塔(神奈川県庁) ジャックの塔(開港記念館)には 昔日の語りがしのばれる。開港資料館の中庭 「たまくすの木」は ペルーの
横浜上陸を つぶさに 見ていたとか・・。日米和親条約に思いをはせて 山下公園へと向かう。各自 中華街 および その周辺で 昼食。
午後は 港の見える丘公園~旧外国人居留地・山手界隈洋館巡り。 バラと噴水に囲まれた 洋館は きらきらと美しい。
静かな 佇まいに 往年を偲ぶ。 開国日本のノスタルジアにひたりながら 石川町駅へと急ぐ。18000歩の見学会 おつかれさまでした。

   見学会の様子は 見学会サイト https://sites.google.com/view/tomonokai2025 で ご覧いただけます。    F 記