松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 240名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年05月23日

総会と記念講演会:「近代の天皇と即位の儀礼」岩壁義光氏講演終わる 5/23(木)

 新元号となった、5/23(木)午後、市立博物館講堂で、「友の会」の総会と記念講演会が、開かれました。記念講演会は岩壁義光氏・元宮内庁書陵部編修課長による「近代の天皇と即位の儀礼」でした。会員60人余に一般市民の方が加わりました。
  ●総会では、堤和子博物館次長からは{昨年度、25周年を迎え、利用者数も7千人増え、8万人を越しました。とくに、館蔵のガンダーラ展は好評でした。今後、仮称『こども歴史博物館」開設をめざしていきたい。}と、友の会との両輪の輪を強調されました。岡田啓峙会長は、{平成14年6月に設立した当会は、17年を迎える。博物館のリニューアルには、展示だけでなく、体験型の施策に協力していきたい。歴史認識を高める場として、三世代が楽しめる博物館であってほしい。創立20周年をみなさんでむかえましょう!}と、あいさつしました。
●総会の議案は、高田多規夫副会長が説明しました(写真1)。平成30年度の行事・会計の報告、新年度予算182万円など、1時間ほどで承認されました。中山文人・学芸員からは、新年度の博物館行事のご案内がパンフレットとともに説明もありました。夏休みに「楽しめるこどもミュージアム展」、10月~11月に「縄文貝塚 貝の花遺跡展」、来年1月~3月に「小金城と根木内城」展示の企画展が予定されています。古文書の講座や講演会への申し込みが、webインターネットからもできるようになったそうです。
記念講演会は、{皇位の継承・天皇の位はどのようにつながれていくのか}というタイムリーなテーマでした。岩壁先生は、幕末期の孝明天皇から明治天皇・大正天皇・昭和天皇への継承にかかわる、おりおりの実情を語られました(写真2)。とくに、明治22年の「大日本国憲法」の発布が臣民・国民への統治の法律であったとき、同時に、天皇と皇族を律する「皇室典範」が定められたこと。男性重視の前近代での天皇制では、四つの宮家を含む親王を"担保"にして、皇位継承が図られていた説明がありました。その宮家の経緯も廃絶があって、なかなか、うまくはいかなくなった実情を説明されました。
●さらに、後半、皇位の継承を内外に知らす儀式の経過や内容(写真3)、「即位の礼」や「大嘗祭(だいじょうさい)」の、実際の体験をおりまぜての紹介がありました。"ヴェールの世界"への注釈には、明治維新以降、宮中儀式を唐風から国風化していく、具体的な変化の画像説明もあり、興味を呼びました。"天皇家の宗教は何だと思いますか?"といった問いかけもされて、天皇家と日本の長い歴史からを思い知らされたりしました。*後日、岩壁先生から当日の配布資料へ、補足のプリントが届きましたので、未入手の方はお知らせください。(松尾・記)