松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書部会・みなづき古文書会・松史会・中世東国の講読会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12p)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
但し、21年度は、継続会員の一般会員は1500円、家族会員は2000円とします。
◎会員数(1/1現在) 227名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194


2021年04月07日

お久しぶりね!松史会、半年ぶりの集りは雑談、稔台市民センター

  昨年、9月以来の学習部会の松史会の集りを開きました。4/7水・稔台市民センター別館の会議室でした。ますますのコロナ禍は変種拡大がすすんでいます。各自、自衛のうえで集まろう!ということです。一年前に32人の会員は、6人が退会し、26人となりました。まだ、市立博物館実習室(定員30人)は半数までの制限なので、センター40人枠の20人まで可能ということで、勉強会会場を移したことです。この日、13人の参加で、まだコロナ禍自衛が影響しています。
  午後から、あたたかな日差し、風通しのよい2時間。本来は『松戸市史』中巻・近世編―松戸市内の新田開発でしたが、半年余りの顔合わせということで、雑談から。「市内散歩道―上本郷七不思議」「松戸市内の橋物語」(松戸商工会議所『ブリッジ』から)などを資料にして、"行ったことがありますか?"と。しばらくは、コロナ禍は続くことなので、10月までは市民センター会議室で開催していくこと、講読者の順番を改めて担当決めし、本日の出席者で{松史会}の団体登録をして会場利用の便宜(3か月前、会場抽選予約)を計ること、イベントや若い方の参加企画を用意して、市広報でよびかけることなども話し合いました。
 中世以来、葛飾郡はどのくらいの範囲だったのか?、風早神社の歴史的な経過は?、江戸川など古代からの川と県境との関係は?から、東京オリンピックのトーチPRが、始まったが協賛企業の宣伝優先じゃないか!、魅力ある街・魅力あるサークルとは?、博物館の改装内容は?、なにを求めて松史会に入会したのか?、友の会の現状は?と、あれこれ、全員の気さくな発言が続きました。"こうして、集まってワイワイ云える機会が大事だよね!"で、2時間を過ごして解散。
 次回、5/5(水・祝日)13:30~15:30 稔台市民センター別館4F・会議室。「松戸市史中巻』・154p~164pです。各自、雑談のネタも歓迎ということです。新京成「稔台(みのりだい)駅」下車、右側30mの交差点を渡って"1分"です。(福島)
  *6月例会、6/2(水)同じ。7月例会、7/7(水)同じ。10月まで稔台市民センターで開く予定です。見学歓迎です。
 *3/25の「久留里見学会」は、動画配信でご覧できます―4/1付けです。
https://sites.google.com/view/tomotec2023:6/2水、7月例会:7/7水です―