松戸市立博物館友の会


 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果・各種情報を紹介。
(1)学習部会(古文書部会・みなづき古文書会・松史会・中世東国の講読会・はたくさの会・まつどを知る会)を主宰、参加し楽しく学びます
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)を主催、参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月A4・12p)発行、近隣館情報(会報付録)発行、会の活動「ネット」(週1回)発信。会員は情報、学習成果の発表、こだわり趣味などを披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 216名

見学会サイト   https://sites.google.com/view/tomonokai2024

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194


2022年04月20日

新年度の総会(書面)資料は5/11発送、6月にバス見学(甲府行)再開など

 コロナ禍3年目、依然として全国2,3万人の日々の感染者が出ています。4/13(水)午前中、運営委員会と企画会議が開かれました。新年度への総会は、3年続きの書面決議とし、現在、議案資料の作成中です。来月5/11(水)には「会報5月号」とともに「総会議案書」を送付することになってます。動画紹介の活発化といった一年間の活動報告・会費半額だった会計・今後の計画などです。
  運営委員会では、会員の更新状況が8割(前年度9割)と厳しいことや経費節減のなか{繰越金・特別積立金は支障ない会計状況}を確認。企画委員会では、3月の大磯見学会の20人余の参加報告、4月の築地見学会約30人・5月上野本郷見学会約20人の予定や、6/22(水)甲府行バス見学会のことが検討されました(写真2)。バス見学会再開は5月会報で募集されますが、45人・6000円が採算ラインとし、場合によっては、"一日会員制"を設けて、参加者の確保と会のPR・チラシ(写真1)も検討されました。
  
その他、館との月例連絡会では、{親子米づくり体験}の年間行事の再開や{教育委員会の組織改編}の説明がありました。 組織改編は、生涯学習部のうちに「文化財保存活用課」が新設され、博物館・戸定歴史館・美術館準備室が傘下になるそうです。これまでの社会教育課のうちの{文化財関係の担当室・係}が組織図ではひとグループにまとめられた形となり、博物館にも文化財保存活用課の職員が数人、常駐するそうです。従来の市民活動で接触の多かった生涯学習推進課の名称はなくなり、社会教育課へとなって継続し、図書館はこれまでの位置づけです。

3年前(2019年)に国の文化庁所管の「文化財保護法」が改正され、{「文化財の保存活用」が取り入れられ、地域活性化との結びつきが重視}されてきた現れなのでしょう。{松戸市の「総合計画}や{博物館リニューアル構想}などと関連し、市政の基本目標―{学びの松戸モデル・都市空間の整備}といった流れにも沿うことになりそうです。少子高齢化や生活スタイルの変化、情報化の進みなど、いやがおうにも身の回りが変わっていき、生き甲斐も健康にもしっかり新しい情報交流の場も必要のようです。―(写真3)は「21世紀の森と広場」のカフェテラス。
 
*文化財の保存活用については、当ネット友の会―2020年12月16日付{「友の会講演会報告「松戸の近現代を探る—市指定文化財を通し」柏木一朗さん 12/16終わる}をご参照ください。(M)