松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 240名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年03月24日

子どもの遊び・大人の学習:{紙芝居・昔の遊び}と{江戸時代の松戸講演会}3/24報告

  3/24(日)、市立博物館事業として、二つのイベントが内と外で開かれました。{紙芝居と昔の遊びを楽しむ日}として、21世紀公園内の工作室(縄文の小屋の場所)では、終日、晴れてはいたものの冷たい風の中、パタパタ作りやブンブン回し作りなどを,「友の会のボランティアグループ」の10人が担当しました。
   合い間には、「てるさんによる紙芝居」も二回開かれました。100人をこす、子どもと家族が楽しんで帰りました。いつもは、広場のほうでのイベントとタイアップの工作室誘導でにぎわいますが、この日は単独でしたので、人が集まるのか心配されたことでした。それでも、メンバーの呼び込みもあって、、まずまずの春休みの親子と一緒の博物館活動の成果となりました。(この項、写真・報告:椎野さんから)。
   もう一つは、駅前博物館活動としての{江戸時代のまつどを探る=幸谷村を中心に}という講演会でした。同日、午後、市民劇場で渡辺尚志(たかし)・一橋大学大学院社会学研究科教授による、{松戸の村について}のお話でした。約200人からの参加者があり、"花より歴史好きのみなさんに感謝"と、望月館長の挨拶。
   富澤学芸員から、30分の{松戸周辺の地形と村}の概況説明があり、"低地・谷津・台地の地形"や、"おおざっぱには、米1石がひとりの1年分の消費量、一反は300坪で、1石の収穫量にあたる。村には、名主・組頭・百姓代の三役がいた"と、事前解説。このあと、渡辺先生の90分の講演となりました。
   渡辺先生は『殿様が三人いた村』崙(ろん)書房・2017、の著者であり、今回も、そのエッセンスの紹介。江戸時代、松戸市域には50からの村があるなかで、古文書の残る関(せき)家のあった幸谷(こうや)村を取り上げました。とくに、村人の没落を防ぐ役目となった『無年季的質地請戻し慣行(むねんきてき・しっち・うけもどし)』について強調されました。土地や物品を担保にして借金しても、質流れから何年経っても、元金を返済すれば受け戻せるという慣行のことでした。明治以降、この慣行は存在しなくなった経緯と合わせて、村落共同体のセフティネットには教わることでした。
   犯人が不明のときは"入れ札"で罪人を決める!という、まさに冤罪の起こるような"村掟"の説明もありました。時間いっぱい、質問も出て、まさに"花より歴史好きの市民向け、出前・博物館"となりました。(記・松尾)