松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 249名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2020年10月09日

「中世の東国講読会」は{房総の武士団}の合同学習へ

 2月~6月までコロナ禍で{中世の会}は休会でした。8月・9月はニグループに分散した学習会でしたが、10月例会は10/9(金)午後~通常の例会に戻りました。15人の参加でした(写真1)。最新の『市川市史』—古代国府から中世府中への章。輪読のN氏が、源平合戦の直前頃の、{房総・下総における武士団の成立}を読みすすみました。源頼政(みなもと・よりまさ)は、"父が下総守として下向するとき一緒におり、多感な青春時代を下総国府(市川)で過ごした"。彼は、"武人でもあり、歌人としても和歌をよくし,歌集『源三位頼政卿集』を残した院政期の歌人でもあった"。
 「あづま路を 朝たちゆけば 葛飾や 真間の継橋 霞わたれり」(頼政)は、治承3年(1179年)の歌合せでの作。この半年後、"以仁王(もちひとおう)とともに、平氏打倒に立ち上がるも鎮圧され、王ともども宇治の平等院で自刃することになる"。担当のN氏は、いくつもの和歌を読みあげながら、なんでこんなにたくさん、歴史書に和歌を載せてるんだろうね!と、悲鳴!。「あいさゐる うなかみがたを 見渡せ~」では、"アイサとは、鳥の名前です!"と、助け船もでる。古代のページには、{万葉集にみる古代の市川}もあって、郷土史ならではの切り口を知る。
 例会の初めには、前回の概要説明がありました。"忠常の乱で上総では2万3000町が荒廃したというが、実感としてどのくらいの広さ?"、"中世では貨幣・銭はどのくらい利用されていたのだろうか?"とか、"法華経を1万部書写させたというが、法華経ってどのくらいの厚さなの?"といった質問への、回答も寄せられた。次回は、11/13(金)です。いよいよ、次回から、頼朝の旗揚げを『吾妻鏡』(写真2-この漢字原文を読むわけではありません!)からの紹介になります。学習部会のメンバーを募集中です。