松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 249名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2020年04月26日

おーい松戸○○派あつまーれ!2:④マンホール派、⑤橋めぐり派、⑥駅前風景めぐり派

コロナウイルスの汚染拡大で、市立博物館・友の会ともに閉鎖中です。
④マンホール派―道路を歩いていると、マンホールや何かの地下物との蓋(ふた)の鉄板が目につきます。いちばん目に付く大きいのが、下水道管のふたでしょう。 「矢切の渡し」の渡し舟風景 の図柄です。矢切を{やぎり」と濁音で言ったり歌ってますが、ホントは{やきり}というのが現地の言葉だそうです、知ってる方は松戸にくわしいヒト!。{コアラ親子マークのおすい }ふたもあります。消火栓・仕切弁SS・雨水・京葉ガスFなどが見られる。{路上観察学会}という風物探索の集りは、30年くらい前から都心の新しい数奇者の分野になりましたね。 
⑤橋めぐり派―松戸には、河川はいくつありますかね。かつては太日川(ふとひかわ)いまの江戸川は武蔵國との境。『更級日記』の作者が13歳の時に、市原の国司だった父・菅原孝標(たかすえ、道真の5代後)とともに{松里の渡り}を通過し、京都へ帰還。40歳を過ぎた時に思い出しの人生碌が更級日記。ちょうど1000年前に書かれた物語。写真は六間川(ろっけんがわ)の「六間橋」。市内では、春雨橋(はるさめばし)が有名で、江戸時代からありますが、いわれはハッキリしてない。
⑥駅前風景めぐり派―市内には常磐線・千代田線・新京成線・武蔵野線・北総線・流山電鉄・東武野田線(東武アーバンパークライン)の鉄道が走り、20数駅がある。(つくば未来線は?市内に駅はない。土地も入ってない)。"とりてつ(鉄道写真を撮る)フアン"は多い。記録写真としても、駅前風景は貴重。風物・風俗のわかりやすさになる。さて、この写真の駅前はどこでしょう?。現在です!ここも松戸市なのです。行ってみて、食事処をさがしましょうか!。「六実駅(むつみえき)」前の風景です。次回は、⑦記念碑、➇野草、⑨坂です。