松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12p)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
但し、21年度は、継続会員の一般会員は1500円、家族会員は2000円とします。
◎会員数(1/1現在) 227名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194


2020年03月10日

3月会報を配布中です:5/21(木)総会、{JAXAはやぶさ}を岩田隆浩氏講演予定—中止です。

追記:4月中の博物館行事、友の会の総会、学習部会、イベントへの主催・協力はすべて中止します。市立博物館の一般展示・竪穴住居は4/1以降、公開します。4/18。―『友の会会報』3月号(第114号,A4/12ページ)を発行し、配布中です。


3/10(火)午前中、休館中ながら博物館実習室で月例の運営委員会を開催しました。その後、会報の発送作業をし、新年度の会員証も同封しました。16人が出席した委員会では、コロナウイルスの感染で、市内公共施設の臨時休館や行事の中止の多いなか、4月以降の予定を検討しました。
 総会は、5/21(木)12:30~講堂で開催します。記念講演会として「リュウグウから帰還予定のはやぶさ2と日本の宇宙科学」と題し、岩田隆浩氏(JAXA宇宙科学研究所太陽系科学研究系・はやぶさ2プロジェクトチーム 准教授)のお話があります。追記:中止します3/26付。
 令和元年度の最終会員数は254名・更新率90%だったこと、新年度の博物館行事への支援としては、4月からの「郷土玩具資料展」や5/3の「子ども祭り」追記:中止です3/26付。昔のおもちゃ作りを協力することが確認されました。「親子米づくり」も年間10回の支援も決まりました。なお、毎号の付録『近隣館情報』は休館の多い状況なので次号へ合併号とし、代わって「まつどまなびぃネット―市立博物館友の会2月分一覧表」を同封しました。
 
 以下、3月号の主な内容です―〇「令和2年度定例総会」と「記念講演会」のご案内・岡田啓峙会長、〇ひとこと・秋の企画展・御鹿狩り・富澤達三学芸員、〇部活動報告・{はたくさの会、卒会を前に}7人から、〇徒歩見学会報告・「館林を歩く」西岡晴美会員、〇川越七福神巡り&川越を歩きました―企画部、〇投稿:危険な遺物採集・島田正人会員、〇投稿・「澤田美樹という人」増田寛市会員、〇予告・6/4(木)バス見学会「常陸小田城と筑波山+JAXA」、〇徒歩見学会募集{湘南発祥の地・大磯を歩く}4/22(水)大磯駅改札口9:30集合~大磯町郷土資料館・旧吉田茂邸・旧東海道松並木・鴫立庵他15:30大磯駅、千円・4/4まで、40名、会員限定。追記:中止です3/20付徒歩見学会募集:5/7(木)&5/16(土)「浜離宮と築地界隈」、各25人、700円、4/18まで、会員限定、
*ただいま会員資格更新を受付中です、新しい会員も募集しています。