松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12p)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
但し、21年度は、継続会員の一般会員は1500円、家族会員は2000円とします。
◎会員数(1/1現在) 227名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194


2020年03月14日

近隣館情報から:新型ウイルスで休館ですが、イベント名を紹介します №390

 追記*休館中の市立博物館は6月1日から展示室は公開となりました―5/28付。4月中の友の会の、学習部会、イベント主催・協力はすべて中止します。—3/26付。休館中の博物館、イベントの中止ばかりですが、今月の半月中にも約20館からの展示紹介が、友の会には届いています。最近号の当会『友の会報3月号』をお送りして、情報の交換は継続しています。参考までに、送られてきた展示・イベントを紹介し、再開後の興味につなげてください。すべて3月中開催計画(中止)~末日記載。休館にご注意ください。

『SF・冒険・レトロフューチャー ぼくたちの夢とあこがれ』昭和館☎03-3222-2577、 荒廃した終戦直後であろうとも、変わることのない子どもたちの憧憬だった少年雑誌。5/10まで。
◍『マギーズセンターの建築と庭、未来の自分を取り戻す居場所』ギャラリーエーククワッド☎03-6660-6011、英国のガン患者とその家族、友人のための無料相談支援の場。5/28まで。
『敦煌写本の世界~蔵経洞のたからもの』書道博物館☎03-3872-2645、莫高窟で発見された5~6世紀の写経類。6/4まで。
◍『くまモンと学ぼう!熊本移民の歴史と活躍―こぎゃんすごか、わさもんと肥後もっこす』JICA横浜海外移住資料館☎045-663-3257。6/7まで。
『春期公開講座』聖徳大学オープン・アカデミー☎047-365-3601、3月~7月期。〇『雅楽の美―御即位記念特別展』東京藝術大学美術館☎03-5777-8600。奈良時代には雅楽寮が設置された装束など、5/31まで。〇『御堂さんMido san』3月号本願寺津村別院☎06-6261-6796、卒業 送りの哀歓 桜に華あり歴史あり。
◍『福島県立博物館友の会会報』友の会創立30周年記念祝賀行事
◍『情報ボックス いってみよう やってみよう』流山市民活動推進センター☎04-7150-4355。
◍『県史講座  織田信長と惟任(明智)光秀―その実像をめぐって・徳川家康と房総』千葉県文書館☎043-227-7551、2月開催時の参考レジメ。
◍『おーい図書館』207号、戦争中「本」を守った人々がいた。〇『JUNO』160号、埼玉県立歴史と民俗の博物館友の会、{稲荷山古墳鉄剣銘文の辛亥年を令和に考える}。
◍『月刊新松戸』3月号・489号、逃亡寄場人足の捕縛要請の触書 後編(金井勝忠・友の会会員)。
◍『交い kai』51号、山梨県立博物館☎055-261-2631、これが北斎漫画だ!驚異の眼・驚異の筆,5/11まで。
他(T、Ⅿ)