松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果・各種情報を紹介。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書部会・みなづき古文書会・松史会・中世東国の講読会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12p)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味などを披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 227名

見学会サイト  https://sites.google.com/view/tomonokai2021   藤沢

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194





2020年10月31日

会員から報告:LINE、「トモテック」による北千住ヴァーチャル見学会初試行 終了

  「友の会」での{トモテック}として、スマホ利用の新しい取り組みへ、協力者の方々、お疲れさまです。10月の北千住見学会では、事前の2回の説明会や動画配信など、初めての試みはいかがだったでしょうか?見学会申込者約30人のうち、半数以上の方がスマホ利用によるトモテックを利用ということでした。トモテックの狙いは、時間的、健康上の理由などでリアルの見学会に参加できない会員にも、自宅で見学会に参加した気分になれる!機会≒ヴァーチャル見学会をセットしました。さらに、LINEを利用して、会員相互に自分の感想や意見を述べられる機会をつくれると考えています。

 今回の10月北千住見学会では、LINEで1分前後の案内動画を配信しました。地図アプリとセットで、ひとり見学会のサポート機能です。北千住の場合は、街路が分かりにくく地図アプリでも迷います。入る小道を映像で示すことにより安心して廻れます。実際に千住を廻らなくても、自宅で地図をひろげて動画を逐次、見て、北千住見学会をした気分になれる!…とのご評価をいただきました。11月の佐倉市の見学会では、佐倉の歴史上の人物に焦点を合わせて見学会を紹介したり、1月の下谷七福神巡りでは自宅見学会もできるようにしたいです。スマホ利用による見学会方法や各種情報交換など、友の会としてのモニター・協力者を募集しています。(トモテック担当・フジサワ)

追記:博物館協議会での松戸市教育長のあいさつやフジサワさんの発言から、デジタル利用の急激な拡大例を紹介しておきます―
 {タブレットで教育どう変わる 端末1人1台 今年度中に配布へ―学校教育のデジタル化を進める国の「GIGAスクール構想」の取り組みが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて一気に…全国の大半の公立小中学校で、今年度中に全児童生徒へパソコンあるいはタブレット端末が1人1台配布される見通しだ。…新型コロナの感染拡大をきっかけに文部科学省は令和5年度までに配備完了だった計画を前倒しし、本年度中の実現をめざしている。(10/12yahoo news .11/2国会予算委員会・文部科学大臣)