松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果・各種情報を紹介。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書部会・みなづき古文書会・松史会・中世東国の講読会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12p)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味などを披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 227名

見学会サイト  https://sites.google.com/view/tomonokai2021   藤沢

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194





2020年12月10日

徒歩見学会報告:利根川の布佐・布川を見学へ 12/10

 12/10(木)、あいにくの天気でしたが、利根川の舟運で栄えた布佐・布川地区を散策。ことしの激動を象徴するような寒く、冷たい小雨の中、約30名、全員、元気に歩きました。
 千葉県側の布佐地区では、鮮魚街道を歩き、鮮魚を扱う問屋の豪壮な屋敷を見学し、往時の賑わいを想像できました。一方では、栄枯盛衰を実感できる場所でもありました。銚子からなどの鮮魚を布佐で陸揚げして、馬の背に荷駄としてわが松戸まで運んだという繋がりを、理解できる土地の様子でした。
 栄橋を渡って、茨城県側の府川地区へ入りました。この頃になって、雨はやんでくれました。まずは豊島氏が築いたという布川城址、その内側にある寺社を拝観。この地には、小林一茶の碑が至る所にありました。また、民俗学で著名な柳田國男の関連施設が多くありました。柳田國男に多大な影響を与えた『利根川図誌』を表した赤松宗旦への興味を湧かせることでした。
 今回の見学会も"密には程遠い地域"への見学会でしたが、まだまだコロナに慎重な姿勢が必要です。来年の状況はどうなのか?と、考えながら成田線に乗って帰路につきました。写真1は、布佐観音堂―鮮魚街道の起点。2は布川城址、3は柳田國男記念公苑の中庭―奥の白壁の土蔵が資料館。(記・蒲生)