松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 249名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2020年02月05日

松戸宿徒歩見学会:旧河岸道を歩きました 2/5 №380

 節分の鬼を追っ払った後、善男善女30人余で、松戸市内のうち{江戸川沿いの旧河岸道}を2時間、徒歩見学会をおこないました。あたたかな日差しのなか、学習部会の「松史会」・「松戸を知る会」2部会合同の、現地を知ってみよう!でした。2月例会は、この現場見学会となったことです。講師は、村上雄一郎さん(会員・史跡巡り主宰)でした。市民劇場からスタートし、如来庵の火ぶせ地蔵で、"こんなところに、宝暦だの文化だの,江戸時代の地蔵さんや,印塔があるなんて,知らなかったワ!"の声。青木源内家とナマ街道の歴史のくだりになると、この道十年のガイド役・村上さんからは、新旧のエピソードが豊富に繰り広げられていきました。江戸川の土手からの眺めや、かつての渡しの風物や、{入り鉄砲に出おんな}の関所話へと。高札場跡、魚市場の跡、砂場の話、お成り道、本陣跡をめぐっていきました。{明治天皇が一休みしたという行在所石碑}には、参加者全員が知らない場所でした。市内の見学会は、他の団体に任せるなかで、今回の両学習部会は、『松戸市史』や『まつど物語』の座学だけでなく、現地を知らないメンバーへの市内訪問となりました。