松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 249名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年12月14日

講演会報告:「房総半島からみた江戸時代の松戸市域」土屋雅人氏、野馬・鹿狩語る 12/14 

 12/14(日)午後、「房総半島からみた江戸時代の松戸市域」と題して、土屋雅人氏・千葉市郷土博物館学芸員(市史編さん担当)の講演が講堂であり、60人が参加しました(写真3)。
  {松戸は江戸時代、どのくらい重要な土地だったのか?}といった内容。


  具体的には、
➀野馬奉行と綿貫氏、
➁鹿狩りと小金原、
③虚無僧(こむそう)寺と一月寺、の三つの事項をキイワードとして、房総半島における"松戸の存在感"を強調されていきました。
  
  江戸時代のことですが、野馬奉行・綿貫氏が小金牧・佐倉牧などの放牧馬について、統率する役所を市内の小金に置いていたこと。金ケ作には陣屋もあったこと、酒々井町の野馬会所であった嶋田家の『御用日記』の詳細な文面を読み下されました(写真2)。小金原における鹿狩(おししがり)については、寛成七年の総動員数7万2000人の例をとりあげました。遠く上総国山辺郡(現・東金市など110村)から勢子人足が3800人が動員させられ、3/5当日までの日誌が読み上げられました。村々の旗印だの昼飯や野宿のこと、追い立ての時間経過など、リアルな話でした。東京オリンピックの例を比較しながら、"動員という負担感より、一大イベントへ参加できた!という共感の思いが強かったようだ"、"鹿狩りの記録が多く残されていることは、それだけ記録を残そうとした昂揚した意識が強くあった?"との説明(写真2)。


  虚無僧については、{"同僚先輩の長谷川佳澄・学芸員に「地域における虚無僧の位置づけについて」(『千葉史学』62号)があります"}と、前置き。不法・乱暴な虚無僧への取締りとして、小金宿の一月寺と鈴法寺(青梅市)が触頭(ふれかしら・"取締り元")として、村落から初穂料などの金銭上納などを得ることで、乱暴を防ぎ、留場(とめば)を設置するなどの経緯を語りました(写真1)。
  {房総半島では、本土寺や水戸街道と助郷のことなどもあり、松戸は江戸時代、拠点となる地域だった!}と結ばれました。(記・松尾)