松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 249名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2020年01月26日

学芸員講演会:「常盤平団地の生活史Ⅱ」青木俊也さん、松戸の団地60年史 1/26報告

 今年4月に、市内の常盤平(ときわだいら)団地5000戸の入居60周年を迎えます。昨年、3月、東京・多摩ニュータウンにおける日本住宅公団(現在のUR/都市再生機構)との比較をしながら、大規模住宅群の課題と現状をとりあげたことでした(当ネット、2019年3月3日参照)。
  今回は今回は、改めて、青木俊也学芸員は、入居当時の若々しい1960年代の問題点から、60年後の現在の課題を、自治会活動や入居者たちからの聞き取り調査を{民俗学者からの視点}で語っていただきました。約40人ほどの聴衆を前に、「入居時の栞」や自治会報『ときわだいら』などから、おりおりの問題となったことや、現在の姿を実証的に画面などで解説しました。
  現在の70歳以降の人達が働き盛り、子育て時代、かろうじて抽選なりでやっと当たって、入居できた団地生活―新聞の勧誘争いは引っ越しの手伝い競争だったこと、鍵の貸し借りとか掃除当番での各階段ごとの集り、騒音に伴う夜中の自粛、サークル活動の花盛り、そして、ごみ処理をめぐる焼却炉から紙袋収集などの5000世帯の日々の暮らし。


  そして、60年―茂った緑の街、孤独死へのサロン活動、高齢化率30%越えへ。小さな日常の問題点から団地値上げ問題や建て替え問題、全国レベルの課題までと、生活史は続いていること。最近、地元自治会の協力をえながら、「常盤平団地生活史を考える勉強会」をたちあげ、過去、現在、将来の団地生活史を語り、写真などを撮りながら生活史を記録し、考えていくという報告でした。

  友の会共催の学芸員講演会の次回は、2/16(日)13:00~15:00 講堂 「松戸でハワイ(並木道路?)」山田尚彦学芸員。当日80名先着、無料。お待ちしています。