松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 249名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年12月20日

会員からの報告:年末年始は新豊洲の東京都中央卸売市場へ 築地から移転1年

 東京都中央卸売市場(豊洲市場)が築地(つきじ)から新豊洲(しんとよす)へ移転して一年が過ぎました。年末・年始を前にして、見学会があり、初めて、新しい市場を2時間ほどで回ってみました。
  移転をめぐる大きな問題は、東京ガスの跡地として、有害物質の除去や盛り土が十分でなかったことでした。地下水の汚染対策―24時間稼働の有害汚染の水や大気の除去が行われており、地元住民との協議会が定期的に開かれ、汚染状況のデータ公開や交通公害や苦情処理も行われている、ということでした。新しい市場は、それまで大きな移転反対理由だった事項が、現在は取り上げられなくなった説明がありました。

 ➀これまでの築地市場が開放型≒外気・虫・ホコリだったのが、閉鎖型≒コンクリートの造りになったことで(写真3)、衛生管理がすすんだ。夏・冬の温度管理が十分になり、生鮮品の管理だけでなく、働く者の健康にも管理面にも役立っている、
 ②物流の流れが格段に整備され、荷捌き・加工・駐車場など整備され、食品スーパーなどからの新しいニーズに対応でき、その他、施設全体が省エネや屋上緑化など工夫がみられている


  実際には、4つの区画―水産関係の卸売り棟(マグロなどセリ取引)、水産の仲卸し(魚屋・お寿司屋さんの仕入れ)、青果棟(八百屋さんの仕入れ)、管理棟ーをすべてを見学コースを歩くのには、6000歩以上の体力が必要でした(写真2)。
 "マグロのセリを見たい"といっても、早朝とか事前申し込みがあり、簡単なことではありません!。
以下、初めての方へのご参考としては、
➀7街区の管理施設棟にPRコーナーと飲食店がある。
②6街区の水産仲卸売り場棟の屋上が広い芝生広場となっており、東京の湾岸ビル風景が眺望できる。向かいの運河越しには、オリンピック選手用の低層マンションが並んでました(写真1)。3・4階に飲食店街や衣服・包丁などの物販店があります。
③新橋駅からの「ゆりかもめ線」に乗り、お台場景色など見ながら30分、「市場前駅」で降りると便利です。帰りは、管理施設棟玄関裏から始発の都バス「新橋」行きを利用(20分間隔)、バスは勝鬨(かちどき)橋を渡り、「築地市場外売り場前」を通るので寄ってもよい。

  なお、新市場には40店の寿司屋(8割と大半)・てんぷらなどお店があり、食事には迷うほど。―利用者の声でのおすすめ例では、5街区1階(「天房」マグロ刺身定食1200円、「富士見屋」鴨南そば1350円、ホタテ丼1100円)、6街区3階(「岩佐寿し」にぎり3200円、おまかせ4000円、「福せん」ランチタイム焼き鳥丼1200円、「高橋」刺身盛り合わせ定食2000円、「鳥藤(とりとう)」親子丼しお900円、7街区管理棟3階(「八千代」とんかつ定食1300円、「やじ満」カキラーメン1300円、「茂助」だんご2本381円・どら焼き191円・喫茶あり、など)*税有無注意。12月は30日まで、新年は5日から、毎月休業日注意。ご参考にしてください。     (OKさん)