松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12p)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
但し、21年度は、継続会員の一般会員は1500円、家族会員は2000円とします。
◎会員数(1/1現在) 227名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194


2020年03月22日

松戸市内桜名所10選行ってみよう:⑦松戸神社・坂川、⑧六実・六高台さくら通り、⑨国分川の桜 4-3

4-3です。
⑦松戸神社・坂川。松戸駅西口から旧伊勢丹の裏を流れる坂川沿い。流れる坂川はきれいです。両側には早春の河津桜、そのあとに桜がみられる。
記事→ 松戸神社。江戸時代、松戸村が松戸町になったのは1700年(正徳5)の頃。その頃、鎮守の大門を移転したというが、御嶽社(明治15年に松戸神社となる)が前身にあったという。もともと、松戸には旧石器時代からの遺物があり、{まつど』の地名には、『更級日記』の著者-父の上総国司の菅原孝標(たかすえ)が京都に帰るとき、一緒にもどる。13歳の娘の時―が{まつさとのわたりのつ}と後年、旅行記を書いたことで、1000年前には松戸の地名はあった!ともいわれる。

⑧六実・六高台のさくら通り。現代的な雰囲気の大きな道路は、芝生地の分離帯がある。松戸でも東端れにある新興住宅地。


⑨国分川の両岸の桜。広々とした田園風景のなかに、葭の茂る両側に若木が咲く。