松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 249名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年12月26日

友の会活動12月報告:来春はJAXA/宇宙?の講演会を予定 №370

 友の会活動の12月運営委員会は12/10(火)に博物館で行われました。15項目にわたって報告や検討がありました(写真)。{会員状況}は、249人へと3年ぶりに250人台に復調してきました。継続率が85%、新加入30人ということでした。
  今年は{親子米づくり}が中止され、来年、また再開されるということで、田んぼの整備のため、年内3回目の「田起こし」を館側の若手と友の会のロートルとが20人ほどで12月もおこないました(写真)

  来年5月の{総会}には、記念講演として新しいテーマということで"宇宙に関する講演"をおこなおうということになり、後日、JAXAジャクサからの協力を得ることになりました。*追記:5/21(木)午後、総会。総会後、記念講演会としてJAXAから{宇宙・はやぶさ}についての講師を招くことが内定済み。
  11月の{小田原バス見学会}では、"健脚組とそれ以外の方のコースと分けた歩き方"を試みた報告もありました。12月の{館林徒歩見学会}は2回に分けて実施、"初めてタテバヤシに行ってみてよかった"という反応でした。
  {会計報告}では、会費収入77万円余、見学会は独立採算(予算80万円)をめざしていますが、バス代が高騰してきて、一人5千円会費だと"これまで40人が採算ラインだったのが、45人となって、やや赤字傾向になっている!"ということでした。


  来年度は、大磯・築地・筑波山・赤坂・千住・足利・佐倉・池上・鎌倉などへ見学会を予定、担当者があたることになっています。{会報}は、できるだけ新しい会員への執筆やエッセイを取り入れてきているということです。
  友の会共催の{講演会}は、1/26(日)『常盤平団地の生活史Ⅱ』青木俊也氏、2/16(日)『(仮)松戸でハワイ』山田尚彦氏、3/15(日)『小金城・根木内城見学ツアー』中山文人氏の各学芸員が予定されています。
  また、1月中には「裂き織り」、2月には「糸をつぐみ織る」の各体験教室も当会{はたくさの会}協力事業があり、2/4(火)・2/26(火)には『和綴じ製本―表紙の裏綴じなど』も予定してます(写真)。1/11(土)からは資料展『小金城と根木内城』も開かれます(3/22まで)。詳細は、『友の会報』1/9(木)発行をご覧ください。2時間の検討と報告会をもって、新年を迎えることになりました。