松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果・各種情報を紹介。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書部会・みなづき古文書会・松史会・中世東国の講読会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12p)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味などを披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 227名

見学会サイト  https://sites.google.com/view/tomonokai2021   藤沢

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194





2021年01月14日

新年の会報紹介:継続会費は半額へ、LINEの活用、「蝦夷とアイヌ」エッセイ、講演会中止も

 新型コロナウイルスの感染拡大は首都圏での外出自粛・夜間飲食へ制限が2/7まで続くことになりました。1/14(木)午前中、実習室で定例の運営委員会を開き、今後の見学会予定や総会の開催の可否などを打合せました。とくに、新年度の会員資格更新にともなう、会費の件では、継続会員については減額することを再確認し、会報に岡田会長からの経過説明文を添えました。このあと、『友の会報1月号』(118号、A4/16p)の送付作業を行いました。→後刻、市立博物館から、2/7(日)の西村広経学芸員の『北国からみた松戸の縄文土器』講演会は、新型コロナウイルス対応として、中止の通知がありました。2/28(日)の中山文人学芸員の『戦国時代・松戸まわりの四方山噺』も中止です。2/2追記。
 会報の主な内容―
 ◍新年のご挨拶を申し上げます・岡田啓峙友の会会長—コロナ感染への拡大で友の会活動も制限。次年度の年会費は減額すること で、期待に添えなかった事態へ応えたい。望月幹夫氏・松戸市立博物館館長、堤和子氏・次長。
 ◍学芸員が推奨する一品{小金1号古墳出土の埴輪}小林孝秀学芸員—出土した円筒埴輪は5世紀後半の我孫子での類似とされていたが、6世紀前半の北武蔵の系譜ではないか、千葉県の枠を超えている。
 ◍ひとこと・復元竪穴住居の修繕・西村広経学芸員—復元竪穴住居(大)の修繕工事は開館以来の全面的な葺き替え。茅葺きであるが、当時(縄文時代中期/5000~4500年前)も屋根は茅葺きだったのでしょうか?樹皮で覆って土をのせた土葺き屋根かも。
 ◍徒歩見学会・ミニ見学会報告―11/5・19、城下町佐倉へ30名、11/4矢切の台地と低地の歴史散歩へ8名、12/2松戸宿散策18名。
 ◍{スマホのLINEを活用した動画配信「トモテック」について}藤沢滋担当・会員-10月の見学会より自宅で見学会のお手伝い、人物像の動画紹介、歴史の呼び戻しなどで、「トモテック」の進化をめざしたい。
 ◍{古文書の会・活動報告}・金井勝忠会員―部会は発足してから18年。大谷口村の万延元年(1861)の「諸向御用留』のほか、旭市万力村から御鹿狩に勢子として、4泊の野宿の体験記『御勢子人足の記』を読んだりして、会場手配の中、開催しています。
 ◍{私と松戸}森正彦会員—私の松戸シリーズ➇.東京杉並区の社宅に住んでいました。新聞で松戸の幸田地区の土地分譲を知り、60倍の倍率に当たりました。ことしで37年。小金城址や本土寺など歴史好きな私には大変いい場所に来た。
 ◍{大田区蒲田}中野正一会員—私のふるさとシリーズ④.映画最盛期の昭和30年代にはJR蒲田駅周辺に20館以上の映画館が建ち並んでいました。大川橋蔵や中村錦之助など当時の時代劇スターに憧れて、よくチャンバラ遊びをした事を思い出しました。
 ◍{投稿エッセイ・蝦夷とアイヌ}増田寛市会員—もしアイヌ民族が文字をもっていたら、アイヌ目線の歴史を知ることができたのにと惜しまれる。また、自然と共生することを自らのアイデンティとしているアイヌ文化から我々はもっといろいろと学ぶものがあるように思える。