松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 249名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2020年02月25日

講演会報告:{日本書紀と古事記ー8世紀の日本国家のたくらみ}斎藤英喜氏・三浦祐之氏 2/24

 2/24(月・祝)、東京港区芝のメルパルクホールで奈良学文化講座(170回)がありました。ちょうど完成1300年、西暦720年の『日本書紀』とその8年前にまとめられたという712年の『古事記』について、二人の教授の講演でした。8世紀という律令国家成立の頃の日本、風土記や万葉集もまとめられていく時代、どんな内容、背景や関連があったのでしょう。500人ほどの70代中心、男女半々の参加者があり、当会からも出席者がありました。


 斎藤英喜(ひでき)・佛教大学教授は「日本書紀1300年の歴史を探る」という演題。"1300年のことを70分で話すのはムリなことです!"と笑わせる。映像なしに、『日本書紀』の概容から奈良時代、平安時代、鎌倉、室町、江戸時代、明治、昭和の各時代、どう読まれ影響を与えたかを熱心に語りました。平安時代には、朝廷内で「日本紀講」という一回数年間かけた講読会が開かれていたそうです。七回目の965年のときに中断して終わったのは、"時代遅れ"≒律令制の崩壊でもあった時期。
 『源氏物語』蛍巻には「日本紀などはただかたそばぞかし⇔日本紀などはただ通り一遍のこと」とでてくるそうです。一条家が幼帝の大嘗祭のためには、神代の知識として『日本書紀』は必須だったこと、吉田兼倶(かねとも)が京都へ神明社をまつることになった経緯、平田篤胤が{現生は仮の世界、死後は幽世(かくりょ)の世界で無窮として、出雲大社の大国主神が座す}と解釈、明治14年1881年の祭神論争では、{「神道」は宗教性を封印し国民道徳・国家神道へすすむこと}に。{神話は、時代の現実が変われば、新しい解釈が生み出される}と、結ばれる。
 三浦祐之(すけゆき)・千葉大学名誉教授は、「敗れしものへ」と題して、まず{国家の成立に、人民が従うためには、「権限≒法令」と「歴史≒幻想≒語り」とが必要だ}と冒頭に問題提起。記・紀の内容の違いを対比表で解説される。ヤマトタケルノミコトの名が古事記では倭建命、日本書紀では日本武尊。何故、ちがうのか?"古事記の神話部分では、日本書紀は6割は触れてない"。
 日本書紀は地上支配の朝廷=天皇の"正史"であり、古事記は"祭祇の世界=出雲神話≒語り→敗れしもの"の物語、と位置付けられる。具体的に、原文を比較しつつ、両者の記述の違いを指摘されていきました。
 参考図書:斎藤英喜著・『古事記 不思議な1300年史』(新人物往来社)、『古事記はいかに読まれてきたか〈神話〉の変貌』(吉川弘文館)他。三浦祐之著・『口語訳古事記』(文藝春秋)・『古事記を読みなおす』(ちくま新書)、『出雲神話論』(講談社)等。(記・T、M)