松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書部会・みなづき古文書会・松史会・中世東国の講読会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12p)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
但し、21年度は、継続会員の一般会員は1500円、家族会員は2000円とします。
◎会員数(1/1現在) 227名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194


2021年04月09日

中世部会、4月例会も{日蓮と富木常忍との出会いー1253年}を講読へ 4/9終了

 4月、新年度、"今日は、奈良の大仏の開眼記念日です、西暦752年4月9日、聖武天皇のときでした!"。講読輪番のⅯさんの開口の言葉でした。幹事のGさんから、"この1年間の皆勤者は、7人が皆勤でした!何も賞品はありませんが、お名前を読み上げてご報告します"とありました。(笑い)写真1
 4/9(金)午後から、博物館実習室で「中世の東国講読会」は始まりました。まずは、コロナ禍でも、集まれる人のいる限りは!ということで、学習部会の例会を続けています。教材の『市川市史―歴史編』は、「日蓮の往来と富木常忍(ふき・じょうにん)」へ。参加者は11人、3人欠席。次回、5/14金・13:30~です。写真2
 鎌倉時代の新仏教の開祖たち―法然、栄西、明恵、親鸞、道元、日蓮、一遍といった人物らの紹介から、末法思想・法華経・日蓮の四箇格言と四大法難、の概略をⅯさんがなめらかに説明。頼朝が鎌倉幕府を開いた前後60年に、これらの宗教家が活躍したこと。"永昌7年1052年から、仏法が衰え、世の中が混乱するという末法思想"という仏教の歴史観があったという。"ネタ本は、井沢元彦『逆説の日本史』(小学館文庫・写真3)です!"と白状。それから講読に入る。初期の仏教渡来の聖徳太子時代、その国家鎮護といった時代から600年を経るなかで、仏教思想は変化を続け、{死んだ後に浄土へ迎えられるかどうか}、{いまの現世が幸せかどうか?}}へと。時の権力者・貴族から、武士層そして庶民たちにも宗教観はうつりかわってきたらしい。その時々の宗教家の思想の変遷と教化があった、という節。
 「…この年の四月、安房の清澄寺で日蓮は、法華経信仰に立つことを宣言し布教をはじめるが、地頭の東条景信(とうじょう・かげのぶら)の圧迫を受けてどこかに身を隠した。…日蓮は常忍の屋敷の近くにおり、容易に行き来できる距離にあった…日蓮が常忍の住む八幡庄若宮(やわたのしょう・わかみや)の舘近くに滞在していた…」。いわばスポンサー的な富木常忍は千葉氏に仕える文筆官僚。5月例会は、日蓮の立正安国論、モンゴルの来襲、中山法華経寺へと進みます。  
  専門家はいませんから、各自、輪番で一回に5ページ分を読むことですが、読み方から、これなんて読むの?―金原法橋("きんばら?"・ほつきょう)を""かねはら"か"かなはら"かで、異論の場面も。資料の乏しい日本の中世史、だからおもしろい!ともかくのぞきに来たれ!!大黒様と大国主とのちがいは?、なんで、お寺の奥さんをダイコクサマって云うの?。
*3/25の「久留里見学会」は、動画配信でご覧できます―4/1付けです。
https://sites.google.com/view/tomotec2023