松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 249名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2020年07月17日

最新の会報(115号):会員221人でスタート、女性の会員・見学会に3割へ №413

新型コロナの汚染拡大のなか、新年度の活動も思うにまかせぬまま7月に入りました。7/14(火)に一部の運営委員によって、今後の事業見直しや、休刊中の会報の発送作業を終えました。以下、最新号の友の会会報の内容を紹介します。会員・近隣館(約40館)・関係団体には、すでに配送を完了しています。『近隣館情報紙』はお休みです。


◍書面による定例総会決議―6/20締切の結果、新年度会員221人、163人の投票により、事業報告・予算・役員などが承認された。
◍2020年度の活動について・岡田啓峙会長―ウイルスと共存することを前提にした「新しい生活様式」を取り入れざる得ません。
◍『松戸のたからもの 松戸市の美術コレクション』開催―案内文・小川玲美子氏・美術館準備室。松戸市の美術コレクションから18名の作家の作品、100点余を企画展展示。7/23~8/30、一般310円、松戸市在住70歳以上・障がい者手帳と介護人は無料。*今回の会報には、会員に招待券1枚を同封してあります。


◍新任学芸員・西村広経氏からのメッセージ―広い視野からの縄文時代を語る。狩猟採集民の時代、身分のちがいや貧富の差はどのように発生したのか?北海道から千葉県あたりまではよく似た土器が作られていた。広い範囲で交流していたのでしょう。
◍ひとこと・山田尚彦学芸員―資料展『郷土玩具-人と動物のかたち』をふりかえって。全国280点のうち天神様の人形90体を展示は壮観。
◍部会活動報告{まつどを知る会」井上明子会員―昨年6月から18名でスタートの部会。2月に松戸河岸を歩き松戸宿の賑わいに感心。


◍企画担当者からの報告・アンケートに見る19年度見学会—神楽坂・新宿御苑・裏日光(バス)・成田祇園祭・大宮氷川神社・小田原城(バス)・館林・川越七福神・鎌倉(中止)・甲府(バス・中止)の見学会。平均、男24名・女15人計39人、ほぼ全員満足。友の会の魅力度も。
◍私のふるさとシリーズ・故郷・京都の下町―本間栄子会員。西陣織の産地の下町育ち。衣棚通り(ころものたなどうり)畠山町。
◍私の松戸シリーズ・松戸と球界の関わり戦後史・塩崎俊一会員―大塚幸之助氏による「大塚アスレチックス」球団誕生や戦後すぐの頃、松戸駅周辺の割烹「富吉」には阪急ブレーブス、海老屋に阪神タイガース、松戸屋に金星ゴールドスター、松栄館に太陽ロビンズが定宿だった。50万都市で公式の硬式野球場がなく、プロ野球ファームの試合も高校野球予選も松戸で観戦できない!市民力が必要だ。


◍エッセイ・{見学会余禄・地酒を楽しむ}吉道正夫会員―当会の見学会先で"安くておいしい酒"を購入し楽しんでます。成田山新勝寺の大門脇の鍋店直営店の『仁勇』、栃木市での惣誉酒造『惣誉』と飯沼銘醸『姿』、日光市では外池酒造(益子町)『夢の日光』、おおみや市の石丸商店販売『角打ち』、館林市では清水屋酒造『SAKAEMASU』・竜神酒造『尾瀬の雪どけ』。ラベルを剥がし、購入日・価格などファイル。
以上