松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 240名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年06月01日

はたくさの会:紺屋で藍染め・糊付け、そして綿の種まき

 「友の会」の歴史より前から、機織りの集りは続いてきています。一年を通して、〈染める・紡ぐ・織る〉の工程を学んでいきます。今年度は12人のメンバーで、毎月2回の活動がスタートしています。5月の初めに、新しいメンバーたちは、埼玉県羽生市の≪中島紺屋≫まで行き、綿糸を濃い藍から薄い色、絣(かすり)糸も染めてきました。5月例会では、紺屋で藍に染めた経糸(たていと)を、正麩で糊付けして、博物館プレールーム前のベランダに干して乾かしました(写真1)。緯糸(よこいと)は、小管に巻いて準備しました(写真2)。綛(かせ)になってる糸は、糸枠に巻き取りました。新メンバー会員のN氏曰く「すぐに、機織りをギッコンバッタンと、始めるのかと思っていたら、いろんな下準備がアルンデスネー!」と。その後、日差しの強い21世紀の森と広場にある畑に向かいました。公園の西側、ジャガイモ・ライ麦の隣の畑です。各自、持参のシャベルで畝(うね)をつくり、秋の収穫をめざして、白・茶・みどりの3種の綿の種を蒔きました(写真3)。畝づくり・種まき・水やり・棚作りの作業がすんだところで、先輩会員からは、"綿の芽が出たら、綿より雑草の伸びるのが早いから、綿が雑草に負けないように草取りをしなくっちゃ!"と、叱咤の激励(?)。先輩会員たちは、絹のマフラーを織る準備を始めています。絹糸は、『ソヨゴ』で染めました。午前10時から夕方までの活動です。この日は、お隣りのプレールームから見学者が活動を見にいらっしゃったので「はたくさの会」の活動の話をさせてもらいました。次回の活動日は、『整経』という経糸の準備作業です。Nさん、織れるようになるのは、もう少し先でーす。(伊藤・記)*6/17(月)~6/24(月)まで松戸市立博物館は臨時休館です、6/25(火)から再開します、(燻蒸のためです)。