松戸市立博物館友の会


 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果・各種情報を紹介。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書部会・みなづき古文書会・松史会・中世東国の講読会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12p)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味などを披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 216名

見学会サイト   https://sites.google.com/view/tomonokai2021

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194





2022年01月01日

{博物館 友の会}松戸市 市博友の会 検索順位1位へ Google・Yahoo知恵袋 253万件 

 本年2022年1月1日現在、パソコンやスマホなどで{博物館 友の会}を、Google/Yahoo知恵袋で検索すると、当・『松戸市立博物館友の会』が順列第1番目に掲載されています。253万件の検索からの一番目です。お試しください。広告を出す営業の方なら、"垂涎の羨ましいトップ扱い"でしょ!。*1/14追記:この情報は、検索者が松戸地域≒位置情報からの順列結果で、他の地域からの検索では異なって来るだろう!と、H会員からお知らせをいただきました。

 ちなみにこの情報の掲示では、順列2番目には東京国立博物館、3位国立歴史民俗博物館、以下、国立科学博物館、茨城県自然博物館、航空科学博物館、埼玉県立歴史と民俗の博物館、京都府京都文化博物館、明治大学博物館、江戸東京博物館の各・友の会が並びます。Google General Gguidelinesによれば、200以上の要因から構成される{検索アルゴリズム}という、{評価項目から検索順位が自動的に設定}されていくようです。GoogleがWebページを評価する際、品質評価の重要な基準に「E-A-T」という基準があるそうです。専門性(Eexpertise),権威性(Authoritativeness),信頼性(TrustWorthiness)。この三つは「品質の高いコンテンツかどうか?」を判断するうえで、最も重視している基準!とか。 もっとも、映画の営業ランキングでも、専門家・クロウト支持の評判が、売り上げとは一致しない!と、よく言われること。当会の講演会やイベントへの募集が、"広く効果をあげていますか?"となると、……!。友の会からのお年玉と夢物語デシタ。
(担当・一同)