松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 249名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2020年04月29日

おーい松戸○○派あつまーれ!3:⑦記念碑めぐり派、➇野草派、⑨坂めぐり派

"ステイホーム週間"だそうで、コロナ策も決めての治療薬がないまま、自宅待機の要請中です。本シリーズ、参加するなり、情報を提供ください。
⑦記念碑めぐり派―松戸市内に記念碑って、どんなものが、いくつくらいあるのでしょうか?お寺や街道筋にみかける灯ろう・庚申塔・念仏塔など石造物については、『松戸市石造物遺産』(松戸史跡マップ研究会、2017年刊、万葉舎)があります。2040体の詳細な調査結果があります。これとは別に、街なかや寺社内に記念碑として建てられた記念碑も訪ね歩きたいことです。市内では、土地区画整理事業の完成を記した御影石製の記念碑は多い。以下、めずらしい例、『松戸新田開村三百年記念碑』(写真・胡録台)、『小金城跡の碑』(大谷口歴史公園)、『松戸市農商高等学校記念碑』(風早神社)、『開墾百周年記念碑』(五香・高龗神社)、『六和電灯施設記念碑』(旭町・稲荷神社)etc.。
➇野草派―こちらは植物学として図鑑片手に、タンポポから朝顔に始まり、押し花にそっとまとめていく世界でしょうか。クローバーの四枚を見つけては、プレゼントしては喜ばれているヒトもおられるそうです。牧野富太郎の植物館が東京・練馬にあるので、一度、行ってみてください。
⑨坂めぐり派―インターネットで調べると、坂学会という集まりもあり、全国的な活動もされているようです。千葉県のうち松戸市もいくつか紹介されていますが、10指に満たない。市内の三分の一は江戸川を中心にした低層地ですが、房総半島の丘陵地帯のはずれが三分の二、標高20メートル程度の坂道が通じています。名所旧跡の坂ばかりの大江戸百万都市に比べると、一万人にも満たない松戸宿・小金宿の歴史にあっては、気の利いた坂の名前が多くは生まれてこなかったようです。これからでも、愛着の坂名を残すようにしていきたいことです。『腹切り坂』は北総線矢切駅前栗山(写真)。戸定邸(とじょうてい)の前の『戸定みその坂』、坂名が不明ながらも、中央公園への急坂、北松戸駅前から明治神社までの商店のある急坂、小根本から胡録台に上る車の坂、馬橋の中和倉から新しい医療センタ-に通じる八方からの急坂etc.。富士見坂は万満寺前から国道6号までの坂道だそうです。