松戸市立博物館友の会


 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果・各種情報を紹介。
(1)学習部会(古文書部会・みなづき古文書会・松史会・中世東国の講読会・はたくさの会・まつどを知る会)を主宰、参加し楽しく学びます
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)を主催、参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月A4・12p)発行、近隣館情報(会報付録)発行、会の活動「ネット」(週1回)発信。会員は情報、学習成果の発表、こだわり趣味などを披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 216名

12月9日講演会の申し込みは   https://sites.google.com/view/tomonokai2026

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194


2022年11月09日

博物館友の会21年目プラン:会報発行、運営(18)全員参加・企画委、来年度見学案も 11/9(水)

  22年秋、講演会、見学会、学習部会は積極的に開催されてます。"コロナ禍は8波へ"も再拡大でもあります。11/9(水)当会の運営委員会が開かれました。久しぶりに18名の全委員が参加し、会員登録204人に"さらに、どれだけ新規加入者が増加できるか?"が話題になりました。追加事業{友の会20周年記念講演会}―12/9(金)渡辺尚志館長の「城跡の村の江戸時代」へ、広報活動が話し合われました。現在、190人の応募があります。「森のホール2」に250人の予定規模ですが、"市内鉄道駅にチラシを配布する"案も実施見込みです。また、当会顧問の岡田氏から、博物館協議会の委員として、11/6に今年度2回目が開催されたこと、来年度からの10年計画案の「リニューアル基本構想計画」・『こどもミュージアル基本計画案』の審議状況の報告もありました(詳細は、博物館提供ネット参照へ)。
 このあと、企画委員会では、来年度の見学会の原案が検討され、バス見学(比企城と吉見百穴、大山詣り、水戸の春)や徒歩(江戸城一周、深川と現代美術館,本庄こだま祭り、雑司ヶ谷)などへ、10人の担当者も決まりました。
  *12/9(水)『城跡の村の江戸時代』渡辺尚志・松戸市立博物館長・一橋大学名誉教授講演会 申込み受付中
  *講演会(一般参加者含む)の申し込みは https://sites.google.com/view/tomonokai2026
          ▽                  ▽                ▽                    ▽
 『友の会会報』11月号(130号、A3・12ページ)・当会「まつどまなびぃネット」掲載紹介・近隣館情報㊻が発送されました。主な内容は以下の通りです。
⦿図書紹介シリーズ③推薦図書:『明治史講義』(テーマ編)。小林和幸編・ちくま新書・2018刊。林幸太郎・学芸員――{歴史講義のシリーズ、第一線で活躍する若手・中堅の研究者たちが最新の研究成果を盛り込んでいます。…」考古学、古代史、中世史、近世史、大正思想史,、平成史までは既刊。
⦿ひとこと―:中山文人学芸員―『歴史評論』(11月号)に、{滝口正哉氏の「博物館・カルチャースクールにおける歴史学」で、生涯学習研究者の観点と講座の講師を務める立場の両面から、現在の課題を論じています。…}最新の"博物館の使命についてです。
⦿部会活動―《まつどを知る会》:吉崎祥一郎・会員―{三年前の6月、松戸に住んでいるのにご近所の名所史跡すら知らないという…。会員は23名です。『まつど物語』が終了し、松下邦夫著『松戸の歴史案内』の緒についた…}{11月2日、上本郷駅で八百比丘尼の蘊蓄を聞いて風早神社へ、切られ地蔵の本福寺、カンスケ井戸を見て、本覚寺の富士見の松と揺るぎの松等を眺めて明治神社…}。
⦿ボランティア活動:事務局・椎野会員―米づくり。子どもたち親子と稲刈りと脱穀で汗を流す。4年ぶりに再開、子どもたち親子11名、当会13名、学芸員2名で実施。11月12日(土)、{お米を竈(かま)で炊いて食べる。そのあと食べたエネルギーで田起こしをします}。
⦿創立20周年記念事業―交流会の実施報告。
⦿鎌倉殿ひと口:鎌倉武士の娯楽―T.N会員。{…盤を用いた遊び、博奕、酒宴、平家物語を聞く、狩猟・漁、武芸を余興として…}
⦿私の松戸⑰「納屋河岸、江戸川、平潟遊郭の思い出」大谷照夫・会員:「私の生まれ育った町は江戸川の土手に沿って伸び、…生家は酒屋を営んでいたそうです。…生家の隣の薪炭店の倉庫には、薪と炭俵がうず高く積まれ、時折、木炭車が燃料の薪炭を積込み黒い煙を濛々と…}。
⦿徒歩見学会募集:旧安田庭園と両国を散策。12/15(木)。詳細会報へ。:*webあります。
⦿徒歩見学会募集:下谷七福神めぐり。23年1/6(金)。詳細会報へ。*webあります。
⦿設立20周年記念事業、在籍20年のみなさん:20年継続会員は22名がおられます。会報に氏名紹介。
⦿館長特別講演会の開催:12/9(金)14:00~16:00 森のホール21小ホール 定員250名 聴講無料。 *上記・web募集中。 他