松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果・各種情報を紹介。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書部会・みなづき古文書会・松史会・中世東国の講読会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12p)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味などを披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 227名

見学会サイト  https://sites.google.com/view/tomonokai2021   藤沢

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194





2021年08月21日

戸定歴史館特別展:「幕府再興とパリ万博・渋沢栄一と徳川昭武」、栄一・昭武・慶喜の自筆手紙も

 戸定歴史館では、徳川昭武(あきたけ)と渋沢栄一を主人公にした2期目を展示中。現在、「幕府再興とパリ万博―1867・運命の転換点」を展示してます。大政奉還・1867年前後の動き。約80点の文書・写真・調度品などがコンパクトに並ぶ。暗い照明で文字は見にくいので、興味のあるところをジックリととなる。月曜休み、一般150円(市民70歳以上120円)。7/3~10/31。

 まずは、大河テレビの『青天を衝け』の渋沢栄一のところ。江戸時代の裃(かみしも)姿の時代。150年前、1867年のパリ万博へ。派遣代表は、15代将軍慶喜(よしのぶ)の名代、弟の昭武(あきたけ)。まだ12歳!。20人余の家来のひとりが栄一。香港、サイゴン、スリランカ、アデンから建設中のスエズ運河を通ってフランスのマルセイユへ。フランスの定期船で50日の旅だった。栄一が書いた日記や書簡の筆文字は、いかにも勘定方としての見やすく誠実な筆文字。全員での記念写真のパネル。栄一は後方左端に立つ。みな、帰国後は、水戸藩とか明治政府のもとで活躍していくが、後方右二人目の横向きの人物は、{帰国後、行方不明}、気になる消息!。意見衝突で任務替えになったり、早々に帰国した者、また迎えにパリまで行った者、いろいろ、人もカネもトラブルは当たり前。大河テレビで監修役のひとりとして名前がでる齋藤洋一さんは、ここ松戸市戸定博物館の名誉館長さんです。今回の展示も長年の成果と聞く。
 展示の主人公・昭武(あきたけ)は、在仏半年で幕府倒壊、帰国命令となるが、彼の書の掛け軸は、のびやかである。そして、慶喜の直筆の手紙が、一番奥の展示ケースに見られる。パリまで送られた半紙四分一の筆文字は、優しいおだやかな雰囲気。封筒もかろやか。手紙がパリを往復もしていたのだ!!。説明文では、他の同行の者からの派遣の様子もふまえ、留学や帰国への考えを伝えているそうだ。明治維新への転換期、その後の30年余の蟄居生活を思うと、慶喜という人物を伺う筆遣いです。
 続く、特別展の第Ⅲ部は、『明治日本の国際化―徳川昭武と渋沢栄一の到達点』となります。栄一は実業界で活躍し、昭武は再度、23歳~28歳までパリ留学を体験し、明治政府の国際派として貢献もします。11/20~来年4/3。

なお、松戸駅東口から10分ほどの高台に,「戸定邸(とじょうてい)」と「歴史館」はある。房総半島の丘陵地帯の西端の崖っぷちに位置する。江戸川を見下ろす場所になります。中世には、砦(とりで)もあったらしく、近くの相模台や里見公園のある国府台とともに歴史舞台にふさわしい。歴史館や戸定邸を見られた後、是非、奥の公園をひと廻りしてください。往時の三分の一の広さといわれていますが、樹木の手入れは、3人の庭師が春夏秋冬を管理しているという。戸定邸内は国の管理範囲だとも。約60種の樹木は、季節ごとにこころやすませてくれます。「ひなげしの小径』という与謝野晶子の歌碑20基も配置されてます。 (M)