松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 249名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2020年03月20日

松戸市内桜名所10選行ってみよう:➀戸定邸・➁東漸寺・③傳法寺 しだれ桜三所 散りつつです 4-1

 桜まつりは中止ですが、市内の桜は満開です。春休みと集会の自粛のなか、この機会に{松戸市内の桜の名所}を回ってみましょう。まずは、枝垂れ(しだれ)桜の}三か所を紹介します。しだれ桜は早く咲いて、早く散りますので、お早めに見ごろをお愉しみください。

➀戸定邸(とじょうてい)—松戸駅西口徒歩10分、➁東漸寺(とうぜんじ)—)浄土宗。長い参道から山門へ。樹齢300年というしだれ桜はあたらしい苗木が植えられた。北小金駅南口7分、③傳法寺(でんぽうじ)―日蓮宗。江戸時代初期に開山。この一帯は、紙敷(かみしき)と呼ばれ、古墳跡があったり田園だったところ。東松戸と町名が変わった。JR東松戸駅5分。以下写真は、いづれも、ことしの咲いてるようすです。記事→戸定邸は水戸徳川家の第十一代徳川昭武(あきたけ)公が、明治37年に建築した建物。明治43年に亡くなるまでの二十数年間、この屋敷で過ごされた。子息の武定氏が昭和26年に松戸市に寄付された。屋敷は本格的な武家屋敷造り、庭園は洋式庭園。正門が水戸西山荘の門を模している。

➁東漸寺。浄土宗・佛法山東漸寺(ぶっぽうざん・とうぜんじ)。1481年(文明13)に開創。浄土宗の関東十八檀林の一つとされた名刹。徳川家の擁護を受け、末寺三十五ヶ寺を数えた。明治の初め、学寮部分は小金小学校となり、明治天皇によって勅願所として指定された。毎朝の読経や写経の機会もある。小金359-1。

③傳法寺。日蓮宗・頂光山傳法寺(ちょうこうざん・でんぽうじ)。大本山池上本門寺・本山真間山弘法寺(ままさん・ぐほうじ)の末寺となる日蓮宗寺院。1604年(慶長9)常在院日教法師により開山。ご本尊は弘法寺第八世・日感上人の筆による大曼荼羅御本尊。「南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう)」のお題目を中心に仏様が記され、法華経による済度の世界観がみられます。東松戸2-22-8。

*閉鎖中の市立博物館は6月2日より、展示室・竪穴住居は公開することになりました。5/27付。追記:コロナウイルスの汚染拡大により、再び、全館閉鎖になっていました。4/7付。