松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 249名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2020年01月20日

松戸市内自主企画団体、初の意見交換会がありました 1/20(月) №.375

 松戸市には650ほどの文化・スポーツの社会教育関係団体(構成員約27,000人)があります。1/20(月)午前、文化ホールで、自主企画活動16団体、25人からの代表者が集まって、各団体による"顔のつながりや現状と課題について"、グループ討論で話し合われました。


 市内の公共施設の会議室や運動施設を割り引いて利用できる自立した公認団体が一般的ですが、教育委員会生涯学習推進課事業から生まれたのが自主企画団体です。現在、30団体があります。公民館活動から生涯学習事業へと発展してきて16年余り、このほど、自主企画団体の意見交換会が初めて開催されました。
  例えば、年間の生涯学習大学の卒業生の集りは、200人前後の有志による10数年の体験学習が目立つことです。年度ごとでの修了生の集りには、まつど生涯櫻友会・萬青会・生涯創年の会、とみの会といったグループとして継続し、15年前後の活動では健康・消費者・市内見学など多彩なテーマで集まりを開いています。
  この7,8年のグループ結成の状況は、ひとつのテーマを掲げて、"この指止まれ!"が目立ってきています。木馬会は牧の歴史を中心に、地名に親しむ会、ご近所探訪、野球を語ろう、朗読と読書の会、自然と歴史の会といった、ジャンルを明確にしての集り、少数でも同じ趣向の方々の集り、が多いようです。


  年間2,000人が受講する生涯学習課事業には、各団体が積極的に協力し、会員受け入れに動いています。活動を通じて、学びや感じていることはどんなことか?、他団体の活動を知り、自分たちの団体に活かせることがないか?、改めて自分たちの活動の目的や内容を再確認してみよう、といったテーマ。
  成果の発表、ボランティアや連携のこと、市民ネットワークなどの今日的課題への問いがありました。今後、さらに高齢化・少子化のすすむなか、各団体がどのような団体をめざすのか?を官民で問われる、"人生100歳時代の過ごし方"となりました。若い職員方が男性高齢者相手に、ボードに各意見を熱心にまとめていく2時間でした。(当会会員で自主企画団体所属責任者3人)