松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 249名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2020年01月22日

はたくさの会報告:≪裂き織りをしてみませんか≫の講座、開催中 1/23  

 市立博物館と共催で、友の会{はたくさの会}では、≪裂き織りをしてみませんか≫の講座を1/21~23}の三日間、実習室で開催しています。不要になった布を裂いて、緯糸(よこいと)にして、織る技法が≪裂き織り(さきおり)≫です。

  事前に藍・ビワ・ヨモギで染めた木綿糸を経糸(たていと)にセットし、機(はた)にかけておきました。三日間、一日4回、各2人ずつ24人枠がほぼいっぱいの申し込み。参加された方に、"この講習会のことを、何によって知ったのですか?"と、お聞きしました。
  "博物館のネットから知り、申し込みました、受信されたかどうかの返事がないので不安でした!"とのこと。昨年4月から、博物館イベントの申し込みが、ネットでもできるようになったのは助かること。webでの申込みは好評です。さらに、ネットからの申込者には{受付はした!}の返信メールが欲しいということでした!。

  「はたくさの会」による今回の3日間の講座では、メンバーの作品も実習室で並べてあります。40分間で、20センチ幅を織ることを経験。後日、各自の作品を受け取る楽しみとなります。2月には、『自分で作る糸と布』も予定してます。展示室では、館蔵資料展『小金城(こがねじょう)と根木内城(ねぎうちじょう)展』(無料)も開催中です。(i)→1/3付で募集紹介記事を掲載済みです。