松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果・各種情報を紹介。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書部会・みなづき古文書会・松史会・中世東国の講読会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12p)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味などを披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 227名

見学会サイト  https://sites.google.com/view/tomonokai2021   藤沢

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194





2021年01月28日

近隣館情報:国宝参上・古河、戦国の比企・嵐山、宮崎静夫・平和祈念、本佐倉城、田中一村展、etc.

 近隣館情報です。この機会に、ご覧ください。各館からのご案内です。なお、2/28日の当会共催の学芸員講演会『戦後時代・松戸まわりの四方山噺』中山文人学芸員さんは、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、中止となりました。
◍『松戸探検・90年前からのくらしの移りかわり』松戸市立博物館:10年前の東日本大震災は、現代のくらしを考えなおす機会になりました。ガス・水道がなく電化製品も使えない時代、その思い、暮らしを語り継ぎたいことです。月・2/26休み。無料。☎047-384-8181。
◍『国宝参上』鷹見泉石像と古河ゆかりの文化財:古河歴史博物館。{たかみ・せんせき」像は、1938年、東京帝室博物館(国立博物館)に古河から上野に送られた。創立30周年にあたり、ゆかりの文化財を展示。1/9~2/7。月休み、100円。☎0280-22-5211
◍戦国の比企『境目(さかいめ)の城』:嵐山史跡の博物館。古河公方足利氏と関東管領上杉氏との戦国時代前期の抗争。後期には、小田原北条氏・甲斐武田・越後上杉氏の抗争。比企地域の勢力の境目にあった。数多くの城跡を探る。12/5~2/14。開館中、100円。☎0493-62-5896。
◍鎮魂を祈る『宮崎静夫展』洋画家、異国の丘で、生と死を見た:平和祈念展示資料館。1927~2015。14歳で満蒙開拓青少年義勇軍に志願し、満州に渡り、17歳のときに終戦を迎えますが、4年間、シベリアに抑留され、1949年8月に帰国。不条理な死者へのむなしさ。2/21まで。月休み、無料☎03-5323-8709。

◍『本佐倉城跡見学会』2/20(土)~戦国の城のライフサイクル:14時~15:30.本佐倉城跡案内所へ。500年前、下総守護の千葉氏の居城として築城、9代の後、廃城へ。無料、申し込み不要。043-484-6192佐倉市教育委員会文化課。
◍『田中一村展』没後ブームとなった日本画家:奄美大島に移住し、亜熱帯の花鳥や風土を題材にした独特の日本画を描く。1/5~2/28、開催中。600円。☎043-221-2311。
◍『ひな人形の世界・ひなに魅せられて』:下妻市ふるさと博物館:9回目の企画展です。この機会に、下妻市においでください。2/2~3/3.月休み。200円。☎0296-44-7111。
◍『木工と彫金・匠の世界』:港区立郷土歴史館。木工芸家・中臺瑞真と彫金家・服部雅永。育まれた技術は日本独自の文化を生み出し、現代に生きる技のありようが伝統文化。図面や制作道具を紹介。1/16~3/21、但し2/18と3/18休館、200円。☎03-6450-2107
◍『まちの記憶―写真でたどる野田・関宿の昭和30→40年代』:野田市郷土博物館。昭和32年に川間村・福田村と合併、旧関宿町・二川村・木間ヶ瀬と合併の関宿町、さらに平成15年に野田市と関宿町の合併。様々の情景を写真で紹介。無料。1/4~3/29、火曜休館。☎04―7124-6851。