松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 249名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2020年03月24日

松戸市桜名所20選行ってみよう:⑬矢切の渡し、⑭運動公園、⑮幸田(貝塚)第一公園。追3ー1№395

10選追加3-1です。コロナウイルスの感染で学校も集会も中止です。この機会に、まだ残ってることしの桜を見がてら、松戸市の中を訪ねてみてください。3/1付松戸市報と10年間続いている『松戸市景観スポット』とから、"桜の名勝"を、最新の情報でお伝えしています。市内には、60をこす寺院があり、庭園や樹木には由緒深いものが多くあります。ごく一部の紹介です。『松戸のお寺』(松戸仏教会発行)から引用もしました。

今回は、10選以降の20選という範囲にひろげました。もっと多くあるのですが…。
⑬矢切の渡し。小説『野菊の墓』として登場します、田園風景です。

⑭運動公園。現在、グランドの整備中ですが(3月末終了)、グルリと周囲には桜並木がみられます。

⑮幸田(こうで)貝塚・第一公園。中金杉・幸田の高台にあります。北小金駅からバス。
記事→幸田貝塚(こうで・かいづか)。松戸市北端の10メートル余りの台地の場所。富士川を挟んで流山市前ヶ崎の台地と面しています。縄文時代の150あまりの住居跡として国の重要遺跡指定です。出土品が豊富、市立博物館にて公開。