松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果・各種情報を紹介。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書部会・みなづき古文書会・松史会・中世東国の講読会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12p)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味などを披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 227名

見学会サイト  https://sites.google.com/view/tomonokai2021   藤沢

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194





2021年02月10日

2月運営委員会報告:コロナ感染拡大のなか、市立博物館・友の会も状況に応じた動き 2/10 

  2/7までのコロナへの緊急事態の自粛宣言は3/7まで延長されました。その中で、松戸市では感染者率は低いほうながら、医療体制はパンクしそうな状態にあります。県内でも、博物館のほとんどは閉鎖されるなか、松戸市立博物館は開館を継続し、友の会も出来る範囲で活動を続けるようにしています。毎年この時期の{むかしのくらし展『くらしのうつりかわり』}は20回目を超し、1/20~3/31開催中。土・日・祝日は、100人~150人の見学者が訪れてます(写真2)。小学校単位での見学は激減し、親子連れが大半で、中には、高校生の一団が{90年前の"むかし"の生活}を確かめていました。例年、友の会では、「風呂敷の包み方」とか「桶の担ぎ方」の実習を協力してきたことですが、ことしは感染防止のため中止となり、物足りない雰囲気があります。
  2/10水・午前に定例の友の会運営委員会が開かれ、10人余が議題を検討しました(写真1)。現在、新年度の会員更新の最中で、手続き率は6割(約130人)程度と例年と同じ状況です。事業中止の多いことで、継続会員の会費を半額にしたことですが、6・7年以前までの会員登録者からの継続は堅調のようです。高齢化の中、『松戸市立博物館友の会』への期待と信頼に根強いものが感じられます。講演会や見学会などの行事は中止になるなか、見学会実施のためには事前準備が必要です。"下見は寒風をついて行われています。この、1,2月も企画担当の数人づつが地元を廻り、ルートの確認や説明者となる先生方との交渉を進めている"と、報告がありました。2/25木の{房総の村・風土記の丘}見学会は実施すること、3/25木の{山城と名水の久留里}見学会も行うことを決めました。春以降の見学会については、4/15木{手賀沼周辺歴史散歩}・5/20木{利根川と江戸川を結ぶ利根運河(写真3)}も計画されています。
  議題では、5月の総会は、コロナの影響がまだ続くことが予想され、昨年同様「書面決議」もやむをえないだろうこと、学習部会は「考古の会」・「中世の東国講読会」が開催を継続しており、「松戸歴史会」・「古文書部会」・「はたくさの会」は中止、隔月発行の『会報(119号)』は3/10を予定し、新会員証を同封、手賀沼・利根運河への見学会募集を載せること、会計状況や「まつどまなびぃネット」掲載など、報告や討議がされました。5年ごとの『日本博物館総合調査報告書』の{友の会の項—別掲紹介予定です}の紹介もあり、今後、会員へのアンケート調査など"友の会の在り方"の模索が続きます。次回は、3/10水の予定です。