松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12p)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
但し、21年度は、継続会員の一般会員は1500円、家族会員は2000円とします。
◎会員数(1/1現在) 227名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194


2020年05月10日

おーい松戸○○派あつまーれ!4:⑩大樹めぐり派、⑪寺社門前の掲示文、⑫踏み切り探し派 №405

新型コロナウイルスへの感染防止のため、市内公共施設は当分の間、閉鎖中です。博物館・友の会の活動も停止中です。⇔追伸:6/2火曜から、博物館は一部開館します。主題展示室(有料)・館蔵資料展「郷土玩具―人と動物のかたち」(無料)を公開します。

ブラリ、市内を歩いていると目に付くものを、好奇心・探求心で見直してみるシリーズを紹介しています。

⑩大樹めぐり:市役所のみどりと花の課というところでは、市内の35樹を{保護樹林指定}にしているそうです。旧家や寺社には、ケヤキ・クスノキ・松などが2,300年の年輪をみせて青々と楽しませてくれます。常盤平駅西口からほど近い金ケ作の熊野神社の「くすの木」は御神木とされています。境内には、『椥(なぎ)の木』の雌雄異株も祀られています。写真は古ヶ崎の坂川・「拾六町橋」からみられるケヤキ・エノキ。同旧家の敷地には、「水屋(みずや)」と呼ばれる水難除けの倉も残っている。
⑪寺社の門前の掲示文:お寺さんの門前を通ると、筆の墨たっぷりに、なにやら簡単な言葉が書いてあります。身につまされる言葉に出逢うことが多いです。「娑婆(しゃば)と申すは忍と申す事なり」、「花 皆様の御縁で 美しく 咲く」、「陰徳あれば 陽報あり」、「悲しみは続かない  明日は晴れるよ」といった、住職や神主の言葉や聖人の御遺文が書かれています。
⑫踏み切り:鉄道が通る所には、踏切がまだ残っています。市内の常磐線や武蔵野線、北総線では見られないのでしょうが、新京成線、流山電鉄線、東武アーバン線では、待たされます。チンコンカンと単線を行きかう電車の踏切にであうことができます。馬橋―流山の電車にてミニ旅もドーゾ。写真は小金城址~鰭ヶ崎間の大金平あたり。終点の流山駅前から、赤城神社・光明院・杜のアトリエ・一茶双樹記念館の裏道コースは、{お隣りへの町散歩!}におすすめです。