松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果・各種情報を紹介。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書部会・みなづき古文書会・松史会・中世東国の講読会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12p)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味などを披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 227名

見学会サイト  https://sites.google.com/view/tomonokai2021   藤沢

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194





2021年08月29日

松戸を知る情報:散歩道9編・湧き水2編・地名の由来3編を戸田照朗氏、『ブリッジ』(商工会議所)掲載中

 近年、松戸商工会議所発行の月刊誌『ブリッジ』には、松戸市内の興味あるテーマーを、豊富なカラー写真や地図入りで紹介されています。戸田照朗氏の取材案内です。戸田氏は、毎月末・日曜の読売新聞折り込み発行「松戸よみうり」新聞社の編集長をされてます。その紙面には東葛地方の時事ニュースとともに、名所旧跡の案内、歴史、文化などの署名記事もあり定評があります。東葛地域の"城跡"、神社仏閣、旧道の「諏訪道」、小金牧のこともとりあげられてます。書籍からの引用だけでなく、実際に歩かれたリアルな取材を紹介されてます。さらに、近年の『ブリッジ』には、松戸のことを興味のあるテーマに分け、読みやすくまとめられてます。松戸のことを少し深く知りたい方には、この情報源をお見逃しなく!。以下、取り上げられた最近の項目です―別シリーズで表紙の裏ページには「松戸の石碑」も連載中(19回)です。
 ◐「松戸の散歩道」①~⑨―根本から上本郷の七不思議を歩く・歴史の街、馬橋から二ツ木の蘇羽鷹神社を歩く、関さんの森周辺と旧小金宿を歩く、本土寺と小金城周辺から幸田塚周辺を歩く、根木内・小金原から金ケ作の緑地を歩く、21世紀の森と広場周辺から八柱へ、五香六実から松飛台を歩く、矢切から栗山を歩く、松戸から小山を歩く。20年6月号~21年3月号。
 ◐「松戸の湧水と周辺の歴史」上・下―{坂川上流の湧水/大清水湧水/根木内城跡の湿原/幸田湧水/幸谷熊ノ脇湧水}、{21世紀の森と広場と千駄堀湧水/上本郷湧水/宮ノ下湧水/竹ヶ花雷電湧水/秋山湧水/北竜房湧水/子和清水}。21年4月・5月号。
 ◐「松戸の地名の由来」上・中・下―{武士が関係する地名/地形が由来の地名、「松戸」の由来と「更級日記」/「河原塚」は遺跡が由来/伝説が由来の地名/野馬の放牧地「小金原」に関係する地名}、{新田開発で生まれた地名/明治の新しい村/明治時代の開拓地/「軍都」松戸にまつわる名前/二十世紀梨の原産地/昭和に生まれた地名}。21年6月号~21年8月号。
 *『ブリッジ』は、松戸商工会議所会員のみに配布されていますが、同会議所内には自由頒布分が置かれています。年間購読料1254円(税込み)で入手できます。
 松戸市松戸1879-1。☎ 047-364-3111。http://matsudo-cci.com。