松戸市立博物館友の会


 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果・各種情報を紹介。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書部会・みなづき古文書会・松史会・中世東国の講読会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12p)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味などを披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 216名

見学会サイト   https://sites.google.com/view/tomonokai2021

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194





2022年01月12日

新コロナ6波、厳しいスタート、最新会報紹介 会員切り替えも №491

2022年(平成4年)、オミクロンの急激な拡大が見られだしてます。1/12(水)、友の会の運営委員会や企画委員会、会報発送作業が行われました。とくに、14日(金)の友の会20周年プレ記念事業:講演会、『徳川昭武と渋沢栄一の背景を探る—1867年パリ万博を中心に』への直前、打合せにもなりました。
運営委員会には12人が出席し、22年度への会員登録への開始や、12月の鎌倉見学会には26名が参加したこと、記念講演会にはweb開設でアクセス数が大幅に増加したこと、生涯学習大学受講生への加入募集、古文書部会の解読資料の頒布の可能性などが話し合われました。企画会議では10人ほどで、1/7の柴又七福神めぐりは34人の申し込みがあったが雪警報のため中止となったことや、2/23(水)の浜離宮見学会・3/26(土)大磯見学会の予定、講演会の配置・準備の確認、鎌倉殿見学会のアンケート結果、22年度見学会先などが話し合われました。
 
最新『友の会会報報』1月号の主な内容(2022・1.124号。隔月発行,A4,16ページ。付録-『近隣館情報㊵㊶、「まつどまなびぃネット」21年12月一覧・7学習部会近況・講演会報告文、チラシ類)
*新年度への会員登録の切り替え用紙が同封されてます。21年度は一般会費は半額でしたが、22年度は3千円です。同封の振込用紙でお願いします。(2,3月中の講演会でも受付けますが、館の事務所では扱いません。)
新春のご挨拶を申し上げます 蒲生誠一郎・友の会会長/望月幹夫・松戸市立博物館館長/小山智之・博物館次長。
博連携展示・こどもミュージアム展『松戸探険 100年前からのくらしのうつりかわり』1/18~3/27 観覧無料*友の会員が「桶かつぎ」やけん玉・こまなどでの協力もします。
ひとこと:再び『常盤平団地60年の生活史』作成に向けて―青木俊也学芸員。"入居開始当初、水洗トイレ、ステンレスの流し台、最新の住宅…。(60周年)桜並木、楓並木などの街路樹が成長したこと。日常生活の調査に。
学芸員講演会:コロナで延期されていた。詳細と申込みは博物館へ  ☎047-384-8181
 ①2/13日北国からみた松戸の縄文土器 西村広経学芸員。
 ②2/19土「戦国時代/松戸まわりの四方山噺」中山文人学芸員。
 ③2/27日「奥井俊美シルクロ-ドコレクションについて」大森隆志学芸員。
 ④3/5土「常盤平団地の生活史」青木俊也学芸員
徒歩見学会報告:武蔵国の歴史が残る『府中』を歩きました 10/22(日)27人。アンケート結果。―企画担当
徒歩見学会報告:埋蔵金伝説を訪ねて結城市を散策しました 11/19(金)27人。"蕪村が10年逗留"。昼食。
部会活動報告:古文書部会、今と昔。会員25名、『御用留』『願書留』から『諸向御用留』へと。今後、『明治二年幸谷村五人組帳』にも取り組む予定。近世文書講読会や若松塾などの古文書会の経緯もあっての現在。 間宮勇雄会員。
私の深堀ヒストリアの実施報告-日本の100名城の楽しみ方。昨秋、3回の延べ50人ほどの参加。藤沢企画担当。
私のふるさとシリーズ⑩:{白河以北、ひとやま百文}勝部建一会員。岩手県東磐井郡大原町(現・一関市)出身。
会員投稿:{スペイン風邪とシベリア出兵そして祖父}福留隆治会員。世界で1億人からの死、祖父はシベリア出兵者。
参加者募集:2/23水・祝 大名庭園シリーズ⑤ 浜離宮と築地探索  *会報参照
参加者募集:3/26土 湘南発祥の地・大磯を歩く    *会報参照