松戸市立博物館友の会


 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果・各種情報を紹介。
(1)学習部会(古文書部会・みなづき古文書会・松史会・中世東国の講読会・はたくさの会・まつどを知る会)を主宰、参加し楽しく学びます
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)を主催、参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月A4・12p)発行、近隣館情報(会報付録)発行、会の活動「ネット」(週1回)発信。会員は情報、学習成果の発表、こだわり趣味などを披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 216名

見学会サイト   https://sites.google.com/view/tomonokai2024

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194


2022年07月27日

この夏は、江戸時代をじっくり!資料展・読み物・講演会へ  №520.

 現在、博物館では、1,『江戸時代編―古文書をみる 絵図をよむ資料展』をひらいてます 8/28(日)まで、無料、月曜休館。
 
40点余の古文書や絵図は、江戸時代の現物の館蔵資料です。『宗門人別帳』とか『御用留』(ごようどめ)といった書き付けや、高城家の"『由来書』"や『松戸村絵図』といったものもみられます。説明書きを読むほどに、200年前の松戸地域の息づかいが感じられるでしょう。
 4月から、当館の館長に就任された渡辺尚志(わたなべ・たかし)さんは、近世史専門家です。講演会も予定されています。著書は多数ありますが、市内の図書館でも借りられる{江戸物とくに百姓にかかわる本}を紹介しておきます。3つの関連講演会もあります。この夏、じっくり、"江戸時代の姿"を探ってみましょうか。
 
 2,江戸時代の百姓を学ぶ―渡辺尚志館長の著書から
*どの本も、とても読みやすく、わかりやすく書かれてます。各節が短く、焦点がはっきりし、解説があります!。
①『百姓の力―江戸時代から見える日本』柏書房・2008年刊行:
②『百姓たちの幕末維新』草思社・2012年2月刊行:
③『武士に「もの言う」百姓たち―裁判でよむ江戸時代』草思社・2012年12月刊行:中山文人学芸員も推薦です!
④『近世百姓の底力―村からみた江戸時代』日本歴史 私の最新講義・敬文社・2013年刊行:
 
 3,講演会があります  *当ネットで報告予定です
①「古文書から探る松戸の江戸時代」 富澤達三・松戸市立博物館学芸員・7/31(日) *当友の会との共催事業。
②「近世松戸の村とくらし」 出口宏幸氏・江東区文化財主任専門員・8/6(土)13:00~博物館ネットから受付中。
③「江戸時代の小金宿とその周辺」 渡辺尚志館長 9/18(日) 13:00~ 8/18から博物館ネットで募集開始。