松戸市立博物館友の会


 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果・各種情報を紹介。
(1)学習部会(古文書部会・みなづき古文書会・松史会・中世東国の講読会・はたくさの会・まつどを知る会)を主宰、参加し楽しく学びます
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)を主催、参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月A4・12p)発行、近隣館情報(会報付録)発行、会の活動「ネット」(週1回)発信。会員は情報、学習成果の発表、こだわり趣味などを披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 216名

12月9日講演会の申し込みは   https://sites.google.com/view/tomonokai2026

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194


2022年11月13日

秋の行事ピークへ:親子米づくり「竈(かま)でご飯を炊く」、各種講演会、21世紀公園でアートピクニック

 米づくりのフイナーレ「竈(かま)でご飯を炊く」と「田起し(たおこし)」が11/12(土)に行われました(写真)。
{どうなるかと心配しましたが、美味しいご飯が炊けて、ホッとしてます。何よりも子どもたちが初めて、竈(かま)で火を使ってご飯を炊く体験に、生き生きと目をかがせてやっている姿を見て、米づくりボランティアをやってて良かった!と思う瞬間でもありました。自分たちが収穫したお米で、炊いたご飯を満足顔で美味しそうに食べていた親子の姿も然り。竈(かま)炊きや試食等の準備をしていただいたロートル会員や、若々しかった女性の方々には感謝です。来年度へ向けて、今日の田起こしは、水はけの悪いコンディションの中、保護者の方々にもお陰で、無事、終了できました。子どもたちの「米づくり体験発表会」が、来年1/29(日)午後にあります。是非、ご声援のほどよろしくお願いします。}―米作り担当・椎野会員。 
*米づくり 「竈で ご飯を炊く」の ご様子は, https://sites.google.com/view/tomonokai2023 で ご覧いただけます。 
 *12/9(水)『城跡の村の江戸時代』渡辺尚志・松戸市立博物館長・一橋大学名誉教授講演会 申込み受付中 
   申し込みは   https://sites.google.com/view/tomonokai2026

 秋の文化行事もピークを迎えてます。講堂での講演会も、今月は2回-「戦争と古代国家の形成」藤原 哲学芸員(11/6、終了)、「家内安全・商売繁盛・幸運を呼ぶ縁起物」(11/20)堀充宏氏です。近隣館情報では「千葉氏と房総の馬牧」(千葉氏顕彰会、、3講師パネルディスカッション、11/3終了)、「東葛飾と戦国の城」(間宮正光氏、松戸史談会、市民劇場、11/6終了)、「我、関東の将軍にならん」(10/18~12/11、千葉市立博物館)―、当会の学習部会も松史会・松戸を知る会・古文書部会も開催です。
  「21世紀の森と広場」では、11/13(日){まつどフォーレスト・コンサート}が池の周辺で開かれました(写真)。11/5~11/18金まで、{松戸アート・ピクニック}も園内各所で「造形設置とウオーク」への開催中です聖徳大学大成ゼミ・西園ゼミ、東京藝術大学樫村研究室等の協力(写真)。11/20(日)11:30~15:00,同―森と広場で演奏会{彩づき薫るみどり、秋風に舞うリズム}ステイールパン・オーケストラ(ドラム缶からの楽器)による楽曲を楽しめます(無料)。出店もあります。同夜7:15~市民劇場では、クリスマス・コンサート{ヴァイオリン/ヴィオラ/ピアノ―Аngels Тrio}/(有料)もあります―当会員紹介。
 
*2か月1回の当会会報付録には、『近隣館情報』として、30館一覧表もあります。~12/14(水)まで、明治大学博物館では『新しいお殿様―所替・その後』、7万石の福島県の大名が九州/宮崎に転封へ。江戸城中のニュースは"3日で届く話が、3週間の距離"へ。収入も飛び地となり、反旗も出る土地へ、藩士はリストラ削減へ。どうする、どうなった!。20mの道中図やコメントのそれぞれ。隣の部屋には、阿久悠の記念室。松戸駅~千代田線「新御茶ノ水駅」降りて8分、見学後、館内でビールでも!。