松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12p)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
但し、21年度は、継続会員の一般会員は1500円、家族会員は2000円とします。
◎会員数(1/1現在) 227名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194


2020年12月16日

友の会講演会報告:「松戸の近現代を探る—市指定文化財を通して」柏木一朗さん、12/16終わる

 当会では、コロナ拡大のため、学習部会も思うようには開催できない中、松戸市民会館大会議室(150人収容、制限75人)で、"拡大勉強会"を開きました。12/16(水)午後、30人余の会員が集まり、社会教育課の柏木一朗さん(前・市立博物館学芸員)による「松戸の指定文化財を通して、松戸の近現代史を探る」という講演会でした。市の事業である『パートナー講座(出前)』を利用した講義でした。
 
 松戸市内には、国指定の重要文化財・名勝が7件(萬満寺の金剛力士像、本土寺の大学三郎御書日蓮筆など)、県指定文化財など5件(浅間神社の極相林、松戸の万作踊りなど)、市指定の44件(東漸寺の枝垂れ櫻、広徳寺の高城氏墓所など)、国登録2件(旧齋藤邸、栗山配水塔)合計58件があるそうです。
 
 文化財の保存の歴史は「古社寺保存法」(1897年)・「国宝保存法」(1929年)などで始まったそうですが、戦後に{金閣寺の焼失事件は大きな関心を呼んだ}とのこと。1950年(昭和25)「文化財保護法」が制定され、12年後に「松戸市文化財保護条例」(1962年)が施行され、文化財への保護がすすんできたそうです。{高度経済成長による文化財の荒廃への保存・保護}の流れでもあった、と。宅地化の進む松戸市内では、建設許可には文化財担当の確認も必要、ということがあり、申請書の場所が遺跡地かどうかには気を使っている、というお話も。{博物館でのレプリカ保存、視聴覚効果の役割は大きい}ことや、昨年改定(2019年)された文化財保護法では{『文化財保存活用』が取り入れられ、地域活性化と結びつく文化財利用}の最新の説明もありました。途中、クイズで{中央公園の旧陸軍工兵学校門柱がどの映画で使われたか?}と問いもありました(岡本喜八監督、同校卒、『拝啓天皇陛下様』渥美清主演}。
 
 具体的にいくつもの指定保存物のエピソードや経過、現状など、2時間、報告されました。{人口移動の多い住宅都市の松戸市にあって、コミュニティーの喪失していくなか、国の求めるような文化財を活用した街づくり再生への方策には、友の会のように地域に根差す住民の協力が必要です}と結ばれました。 (F・G、T・M)

  *次回の友の会共催の市民向け学芸員講演会:2/7(日)13:00~『北国からみた松戸の縄文土器』西村広経学芸員。30名抽選、無料。→新コロナ感染拡大により中止となりました-1/14。/28(日)『戦国時代/松戸まわりの四方山噺』中山文人学芸員。30名抽選、無料。ともに1/15~受付。博物館宛てwebか往復ハガキにて。