松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 240名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年06月05日

会員からの報告:今市の{朝鮮通信使の碑や日光歴史民俗資料館・尊徳の墓}

  5月の末、一泊二日、鬼怒川温泉へ行き、途中、今市(栃木県・いまいち)を散策しました。東武伊勢崎線で春日部から下今市(しもいまいち)駅へ。そこで日光線に乗り換え、最初の駅・上今市(かみうまいち)で下車しました。当駅は無人駅でしたが、5,6人の中年の女性客が降りられ、日光街道杉並木へ向かわれました。駅でボランティアの方に二宮尊徳記念館の場所を訪ねたところ、"10数分先の小学校の隣り!"と、教えられました。すぐ近くの杉並木公園入口に「朝鮮通信使今市客館跡」の碑があり、二重連の水車が設置されていました(写真1)。水車は、杉線香の生産の動力として利用されていたようです。碑文によると、{江戸時代、徳川幕府の要請により、新将軍慶賀のため、韓国王が「朝鮮通信使」を12回派遣しています。そのうち、初期の頃、当地に三度来訪。第1回は寛永13年(1636年)、第2回は寛永20年(1643年)、第3回は明暦元年(1656年)です}。公園の西側に「例幣使(れいへいし)杉並木街道」があり、ここから日光まで延びる杉並木の街道が始まります。日光杉並木は、日光街道、日光例幣使街道、会津西街道の三街道に跨るスギの並木道です。総延長35.41kmで、世界最長の並木道としてギネス世界記録に登録されています(写真2)。徳川家康、秀忠、家光に仕えた松平正綱が、主君家康の没後、日光東照宮への参道にあたる三街道に約20年あまり歳月をかけてスギを植樹し、東照宮に寄進したことに始まります。江戸時代には、幕府の日光奉行で手厚く保護されてきました。明治以降、幾度も伐採の危機に瀕するものの、官民双方の有識者の努力によって守られてきました。杉並木街道、国道119号を横断して数分のところに「日光市歴史民俗資料館」があります。その入口前に、「尊徳の像」が設置されています。今市という地域は、二宮尊徳(二宮金次郎)に大変ゆかりのある地です。尊徳は、幕末1856年10月、今市にて70年の生涯を終えておりますが、それまでの間にどのような仕法をこの地に施したのかを、展示物や動画を使って紹介されています。1階の展示資料として「報徳訓について」が掲げられていました。2階は、歴史民俗資料館としての、日光の山々が信仰の対象になっていった様子や、明治期の神仏分離以降の変容を、豊富な資料を使って紹介しています。二宮金次郎については、小学校の校庭に銅像がありましたので、ほとんどの方はご存知と思います。金次郎は、天明7年(1787年)、小田原市の裕福な農家に生まれ、安政3年(1856年)に70歳で亡くなりました。裕福でしたが、生まれた頃は、川の氾濫で田畑を失い、父は金次郎が14歳で、母は16歳の時に亡くなりました。…略。やがて金次郎は叔父の家から独立し、実家の再興に取り掛かり、勤勉と倹約に勤め、24歳で以前のような裕福な家に再興しました。小田原藩服部家の財政の建て直しを成功させ、小田原藩の分家にあたる桜町領(栃木県二宮町)の再興を頼まれます。武士の位を授けられ、二宮尊徳となる。生涯に、615の村々を建て直し大変といわれます。資料館から十数分歩いたところに「報徳二宮神社」があり、尊徳の墓もあります(写真3)。この神社近くには歌謡曲『別れの一本杉』を作曲した「船村徹記念館」もありました。(文・写真 平野正敏会員)*6/17(月)~6/24(月)まで松戸市立博物館は臨時休館です、6/25火曜から再開します(燻蒸のためです)。