松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 240名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年07月27日

ことしの夏は、まつど市博へおすすめ、涼しく、楽しめるムカシ体験!i

 7/20から始まった松戸市立博物館の『こどもミュージアム』は、好評です。おとなにとっても松戸の歴史をミニ体験できます。すでに、子どもモニターの20人や近隣のボーイスカウトが21世紀公園とともに訪れたり、高齢者施設の入所者の団体などの方々が訪れています。館内は冷房です!自販機あり。(月曜は休館、8/12開館、13休み)
   なんといっても、、縄文時代の土器の実物を触れ!つくられた上着や帽子・ポシェット姿を身につけ記念写真も撮れます。市内全41校の小学校の位置図もあり、古墳の位置もわかりやすい。上野国立博物館で展示した松戸市の誇る{三大遺跡}もコンパクトに紹介。80年前の桶かつぎとか、はかり計を使ってみることることもできます。風呂敷による一升瓶のつつみ方まで教えてもらえます。
  古い写真での町の変化とか、折り紙でイノシシ・シカを作ってみる。徳川吉宗が松戸にも来たという錦絵も立派なもんです、お鹿(しし)狩りなんて知ってましたか?。毎週土曜日午後に、当会ボランティアのメンバー20人も応援に入ってます。9/16(月・祝)まで、無料。
   講堂では映画『昭和こどもキネマ―ポンせんべい』(7月中・昭和25)・『ヒロシマの記憶―幻の原爆フイルムで歩く広島』(8月中)、アニメ『貧乏神』・『小僧とネコの絵』などもあります。
   写真➀は、屋外でのポンプ(井戸)と桶かつぎの体験、➁は風呂敷でのボール・一升瓶などの包み方、③は縄文時代の上着や帽子で記念写真コーナー。