松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 249名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2020年05月03日

会員から近況:コロナの影響でこんな日々です

友の会会員の三人からの近況です:
◎非常事態宣言が発せられたコロナ騒動の毎日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。「うつされていないだろうか、うつしていないだろうか」と、びくびくしながらの毎日かもしれません。友の会も作業を中止してから,かなりの日数が経過いたしました。なにやら頭がぼやけてきたような気もするこの頃です。経済への影響もかなり大きくなりそうですし、学校の始業も未だ明確になっておりません。私の孫も今月から高校生になりましたが、未だ自宅待機中で高校生活が始まっていません。博物館はもとより我が友の会の事業、作業もいつから再開できるのか予想がつかない状況になってきました。見学会や学習会、体験教室などを楽しみにしておいでになる会員の皆様には申し訳ない気がいたします。これも未だかつて,日本国民が経験したことのない事態が発生しておりますので,ご容赦いただくしかありません。皆さまもくれぐれもお気をつけて,お過ごしいただきますようお願いいたします。―友の会会長・岡田。


◎家の中で話すしか相手がなく、友の会の人は、どうしているのかな、せっかく時間が出来たのだから、普段できないことをユックリやればいいハズ!と,思いながら、無為に過ごす自分にあきれています。やはり、友の会の仲間との付き合いが、自分の生活の中で非常に大きい大切なものだと実感させられています。延期になってしまった見学会、特に、自分も担当の一員である鎌倉や湘南については、来年実施になる予定ですが、果たして、その時、体力的に大丈夫か!と心配になります。それではならじと,週何回か21世紀公園の広場を5キロ・一周して、脚力の維持に努めています。それでもやはりみなさんと話しがしたいです。そんな日が早く来てほしいと願うばかりです。―マスダ会員(八ヶ崎)。


◎三月の『漢字と情報⊷AIによる漢文の文法解析』・6月の『日本書紀―完成1300年記念文字から見た飛鳥・藤原』の各講演会は中止になりました。コロナウイルスの影響です。友人から、写真ハガキが届きました{うぐいすの声 草花の芽吹き 人間社会の春は遠い。各国の応援メッセージ&医療従事者への感謝メッセージがアルプスマッターホルン山頂に投影されています。マスク作りで忙しいです。}スイス・ツエルマットから、プロジェクション・マッピングの投影写真です。お伝えできることがなくて申し訳ありませんが、再開の節はよろしくお願いします。―Ⓣ子会員(常盤平)。

  なお、現在、「21世紀森と広場」の入退場は中央口のみでしかできません(森のホール側)。博物館も閉鎖ですから「縄文の森」への通り抜けできません。