松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書部会・みなづき古文書会・松史会・中世東国の講読会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12p)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
但し、21年度は、継続会員の一般会員は1500円、家族会員は2000円とします。
◎会員数(1/1現在) 227名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194


2021年04月26日

新会員№1000誕生、5月の利根運河へは30人の応募、総会は書面決議予定―4月運営委員会から

  4月の友の会運営委員会は4/16(木)午前、実習室で開かれました(写真1)。新年度の会員登録は、200人、更新率86%と高率で、なお30人が未返事です。3月時点では、200人の大台はとても無理だろうという見込みでした。新規登録会員(延べ)は、№1000のWさん(河原塚在住)が加入されました。来年創立20周年を迎える当会ですが、変種コロナの拡大のなか、出来る範囲での、地域文化の市民活動団体として継続しています。5月の総会は、昨年に引き続き書面決議とし、5月中旬に資料一式を送付する準備中です。
 見学会行事では、2月の龍角寺古墳群めぐり、3月の久留里を巡る、4月の手賀沼周辺散歩についで、5/20予定の「利根川と江戸川を結ぶ利根運河を歩く」には、30人をこす申し込みがきています。6月には、古い街並みの佐原を予定しています。企画部会のメンバーが、事前の下見にでかけています。とくに、スマホからの『トモテック』という映像媒体を視聴できるようにして、事前・事後の臨場感を味わえるようになりました。
  新型コロナ汚染のため、バス見学会や講演会の中止、親子向けボランティア活動の中止などで、前年度は事業の大半ができずに終わり、年間150万円の予算(80万円は見学会の会費見込み)は50万円の支出実績(会報・事務費等)でした。約30万円の繰越で新年度を迎えますが、継続会員会費を半額(3000円→1500円)にしたことで、来年3月末には同額が赤字となりそうです。別途、特別積立金110万円(パソコン買い換え用、20周年用)には増減なし。来年は当会20周年記念になりますが、記念事業・記念誌・講演会などの検討を始めます。 (写真2は開催中の企画展入口。写真3は21世紀の森と広場。)
  自主活動は会員人数にも左右されますが、文化活動の満足感をどうたかめていくかも、智慧のだしどころ。50代・60代の"少しづつ人生円熟期の仕込み"へのお誘いや、"博物館自身の変身へのタイアップ"も課題。総会資料には、返信アンケートを入れ、会員諸氏のニーズと情報をいただく予定です。学習部会は、実習室の使用人数制限もあって、継続・中止・別施設と別れてます。
*3/25の「久留里見学会」は、動画配信でご覧できます―4/1付けです。
https://sites.google.com/view/tomotec2023