松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 240名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年11月29日

会員からの報告:「赤報隊・渋谷総司」と粟野の森へ徒歩見学会 11/29快晴  №365.

 11/29(金)、午前9時半、東武野田線「六実(むつみ)駅」に集合。7日間の雨のあとの、やや冷えこむ日差しのなか、『自主サークルご近所探訪』の面々、33人が集まりました。うち友の会メンバーも10人ほどが参加しました。松戸市の東端にある六実は、鎌ヶ谷市と接する地域。江戸時代には、銚子沖でとれた魚介類を利根川の木下(きおろし)・布佐あたりから、一気に松戸まで陸送し江戸まで運ぶという途中の集散地でした。鉄道の野田線は醤油業とも絡んだことから、近郊農業とともに、賑わいのあった歴史もあります。"生(なま・鮮魚)街道"の道筋を、村上雄一郎さんら(ご近所探訪・地域を学ぶ)がご案内という一日へ。幕末の非業の運命となった渋谷総司(しぶや・そうじ、本名・渋谷謹三郎)は、ここ佐津間(さつま)村の名主の次男。幼少時には小金まで塾通いへ往復したそうです。この日のポイントは、11歳で江戸に上り、22歳で長野県下諏訪で処刑された、幕末の志士/渋谷総司の存在を知ること。佐津間自治会館資料室では、立野晃さんからの講演や、現在も続く渋谷家や佐津間城へのご案内を受ける。{渋谷総司は、幕府打倒の策として西郷や岩倉から、江戸市内の騒乱の密命を受けた相楽総三らと行動を共にする。その後、京都から新政府・東征軍が江戸へ進軍する際、先鋒隊「赤報隊(せきほうたい)」の幹部・使い番として、中仙道から江戸へ向かうことになる。勅許を得た「年貢半減」の旗印のもと進むが、その年貢半減は10日ばかりで取り消されてしまう。陰謀説、命令違反説などあるなか、結果として、斬首されてしまう。なぜ、斬首されたのか!}。午後からは、大津川に沿って、新鎌ヶ谷駅方向へ、森と川辺を南下。「粟野(あわの)の森」へウオーキング。インストラクターの鈴木晴美講師により、草木・樹木へのエピソードあふれる解説がいっぱい。{ヤツデは雌雄の変化や蜜がでていること、アオキの赤い実をめぐるシーボルトらのヨーロッパへの移植の顛末、ハンノキと湿地帯と蝶の関連、ツタの成長と樹木との共生関係、ヒサカキは関東では榊の代用になっている}ことなどetc。植物図鑑にはでてこない{ツウ・通の多種彩々なお話}。葉っぱを触った感触や匂いなど生きたご案内には大好評でした。毎月、5,6カ所の近郊への徒歩見学会は、ウオーキングと知識活動へ、好奇心と満足を受け合うサークル活動です。お問い合わせは村上さんへ(当会会員、080-1152-1427、lcbon-6hi@docomo.ne)。