松戸市立博物館友の会


 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果・各種情報を紹介。
(1)学習部会(古文書部会・みなづき古文書会・松史会・中世東国の講読会・はたくさの会・まつどを知る会)を主宰、参加し楽しく学びます
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)を主催、参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月A4・12p)発行、近隣館情報(会報付録)発行、会の活動「ネット」(週1回)発信。会員は情報、学習成果の発表、こだわり趣味などを披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 216名

12月9日講演会の申し込みは   https://sites.google.com/view/tomonokai2026

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194


2022年11月20日

講演会報告:{幸運を呼ぶ縁起物}堀充宏学芸員、”縁起物は永続する訳” 11/20(日)

 年の瀬に近づき、三の酉まである時期、{家内安全 商売繁盛 幸運を呼ぶ縁起物}と題して、葛飾区郷土と天文の博物館の堀 充宏・学芸員による講演会が開かれました。11/20(日)午後、博物館講堂でした。民俗・風習に興味のある市民・会員20人余が参加しました。酉の市、歳の市、縁起物とは?、縁起物には赤い色は何故?、といった説明や歴史。しめくくりは、{科学が発達した世の中でも「縁起を担ぐ」という人々の行為は、すたれることがありません。}と。{縁起物に期待する人々の思い}も語られました。伝統的なイベント、祭りなどを当たり前に見てたこと、眺めていたことが、そこには言われや、時の経過、事件、そして係る人たちのコミュニテイ・収入・商売がらみまでや、地域でのちがいのある由縁とか、奥の深さに気づかされていった探訪となりました。
 
 以下、お話の一部からです―
〇…葛飾区の博物館に勤めて30年以上になります。生活していく中で、"伝承文化を知る"勉強をしてきました。民俗学という分野になりますが、具体的な事例で紹介していきます(画像を交えてお話しへ)。11/28は浅草・大鷲(おおとり)神社の三の酉です。酉の市は足立区花畑のお寺で鶏を放し飼いにしていたのが、"発祥"と言われてます。"地元では、鶏肉は食べない!"と、言う人もいるとか。辻賭博が盛んでもあったことです。
〇浅草の大鷲(おおとり)神社は、長谷寺(ちょうこくじ)と一対の「酉の市」で賑わいます。明治時代の神仏分離で別々の入口になっています。飾り熊手(かざり・くまで)が、手拍子のもと派手に売られてます。"ヒトの頭(かしら)になれる!ように"、という飾りものです。"値切るのが習わしであり、値切った分は御祝儀にして渡す!"というのが風習!。新宿の花園神社、横浜、巣鴨など酉の市は、客層や飾り物の大小にちがいもみられる。北関東では「恵比寿講(えびすこう)」として、養蚕の盛んだった足利・桐生・佐野などでにぎやかです。
〇「歳(とし)の市」では、歳末、「枝成金(えだなりきん)」という縁起物を笹竹につるして売られてます。…川魚を売る店が多いとか、柴又帝釈天にもあります。…大宮氷川神社の"十日市"の例、かつては、いわき市の琴平宮(ことひらぐう)は沿岸の漁港の街々からの信仰が多く、駅から巡回バスも出たにぎやかさ。関西では「十日戎(とうかえびす)」が有名―"商売繁盛、ササもってこい!"と―"エビスさんは耳が悪いから、お寺の裏側へ回って参拝するのだ!"とも。
〇縁起物に、飾り海老を真ん中にした「しめ飾り」がある。浅草、神田明神、芝、回向院などでは、いまもみられること。江戸時代から戦後まで、東京近郊の農村地帯での副業として作られていた。葛飾・江戸川・足立の農家では、現金収入としてはおおきかった。玉飾りのちがいとか、自動車用とか部分だけ作るとか、地区によって競合が避けられ、技術の向上もあった。「しめ縄飾り」の材料の稲は、普通の稲作の藁ではなく、専用の品種の稲なのです。丈の長い、みどり濃いあざやかな葉で、実になる前に刈り取られるのです。
〇本物の伊勢海老を飾りにするには、腐らないように加工する特別な技術がいります。正月になると、国技館、高島屋、三越本店などには、"本物の伊勢海老のしめ飾り"が見られます。葛飾区青砥の若松店が親子二代で技術を継承してきましたが、いまは鴨川の魚店に継承されました。―詳細な、お話しが続くなかで、この日、一番の熱心なお話しでした!。伊勢海老そのものの収穫のこと、加工の仕方、ヒゲや足が折れないように、折れてしまったら どうする!、「どろ海老』という模型ものへ。漁獲時期や大小の法律規制に対しての、伝統の継続とのかかわり、取材したときの思い出いっぱいの報告。
                     △                      △                     △
 以上は、休憩前までのお話し。後半は、"際物(きわもの)"と呼ばれる商売ものに係る品物、地域、人々への深堀りへ―江戸近郊農家による縁日・吉日の、その一日が過ぎれば価値の無くなってしまう蓮や菖蒲の花・つくりものの例。だるま市の話―だるまの目のある/なし、ダルマは何故赤い、各地のだるまの例。縁起物にはなぜ赤が多い、コレラ-・疱瘡への縁起もの、農村の雨ごいへと。etc.。略。
 *"民俗学"という言葉は、冒頭の一言のみ。全て、実材料、多彩な記録と比較、人々の営みに迫るお話しでした。 (聞き手・松尾)