松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 240名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年08月02日

暑中お見舞い、市博イベントも近隣館からも:和綴じ8/20二回目へ・鎌ケ谷30年・ミュシャ展千葉市博

 2019年令和元年の盛夏です。お見舞い申し上げます、松戸市立博物館では「こどもミュージアム―おとなも楽しい歴史体験―」が、大人にも好評です、コンパクトな松戸の歴史案内にもなっています。参照—当ネット7/24付。友の会では、7/30に{和綴じ講習会}を開きました(写真1)。江戸時代の文書の紐綴じです。鳥飼講師のもと2時間ほどで、{四ツ目綴じ}を体験できました。参照―当ネット7/1付。8/20(火)午前にも講習会を開きます、ご希望の方は若干あきがあります(会員対象)。冬場には、"表装をやってみよう!"と張り切っています。暑い中ですが、《21世紀の森と広場》の西口にある『自然観察舎』(月曜休室)では、冷房十分ななか、アオサギ、カワセミ、サシバ、キジバトがみられました(7/31、8/2—写真2)。愛鳥ファンの方が"あすこ!あすこ!"と声をかけてくれます。おすすめです。近隣館情報―写真3●{グッド・バイ平成、鎌ヶ谷30年の思い出}鎌ケ谷市郷土資料館☎047-445-1030、月曜休、無料、10/6まで。●{ミュシャと日本・日本とオルリク}チェコのふたりによるジャポニズムの影響をみる。千葉市美術館☎043-221-2311、月曜に休館日のときあり、一般1200円、10/20まで。●{魚がつくる模様と形}千葉県立海の博物館☎0470-76-1133、月曜休、一般200円、9/16まで。●{高畑勲展—日本のアニメーションに遺したもの}アルプスの少女ハイジ・赤毛のアンなどの監督。東京国立近代美術館☎03-5777-8600、月曜休みのときあり、一般1500円、10/6まで。●{お札の文字のひみつ}すかし入りのはがきが作れます(8/25まで)お札と切手の博物館☎03-5390-5194、月曜休、無料、9/1まで。●{南洋からの引揚げ展}玉砕の島で生き抜いた移民たちの記録、平和祈念展示資料館☎03-5323-8709、休館8/25、9/2・9・17・24、無料、9/29まで。●{もののけの夏—江戸文化の中の幽霊・妖怪}国立歴史民俗博物館展示B室☎03-5777-8600、月曜休み、一般600円、9/8まで。●{5億年後の生命体・河口洋一郎のアート世界}岡本太郎記念館☎03-3406-0801、火曜休み、一般620円、10/27まで。